タグ:デンコウアンジュ

(C) MAZIMICKEY

6月11日に東京競馬場で行われたエプソムカップ(GIII/芝1800m)で、5番人気のKitten’s Joy産駒ダッシングブレイズ(牡5)が、1番人気のアストラエンブレムを押さえて勝利した。2番人気のタイセイサミットは6着だった。

勝ち馬の勝因、敗れた馬たちの敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。


結果・着順

2017年 6月11日(日) 3回東京4日 天候 : 曇  馬場状態 : 良
【11R】 第34回エプソムカップ
3歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(特指) 芝 1800m 18頭立

馬名S性齢
12ダッシングブレイズ牡55
10アストラエンブレム牡41
7マイネルハニー牡46
13クラリティシチー牡612
3バーディーイーグル牡717
14タイセイサミット牡42
1マイネルミラノ牡78
6デンコウアンジュ牝43
2フルーキー牡79
1018ナスノセイカン牡511
1111ベルーフ牡510
124ヒストリカル牡87
135カムフィー牡818
1416メドウラーク牡615
159クラリティスカイ牡54
1617レッドレイヴン牡713
178トーセンレーヴ牡916
1815パドルウィール牡614

LAP 12.8-11.4-11.9-12.1-11.5-11.7-10.8-11.6-12.1
通過 36.1-48.2-59.7-71.4  上り 69.8-57.7-46.2-34.5  平均 1F:11.77 / 3F:35.30

払い戻し

単勝  12 \1140
複勝  12 \300 / 10 \130 / 7 \320
枠連  5-6 \1070 (3)
馬連  10-12 \1640 (5)
ワイド 10-12 \710 (6)/ 07-12 \2420 (30)/ 07-10 \630 (4)
馬単  12-10 \4450 (12)
3連複 07-10-12 \6890 (17/816)
3連単 12-10-07 \47120 (121/4896)

レース分析

まずはレースラップを見てみよう。

12.8-11.4-11.9-12.1-11.5-11.7-10.8-11.6-12.1

ハナを切ったのはマイネルハニーだったが、ペースはそこまで上がらず、800mの通過は48秒2に。残り800mが46秒2と、約2秒の後傾ラップとなった。

上位5頭のコーナーにおける位置取りを見てみると……


馬名通過順位
ダッシングブレイズ  05-02-03
アストラエンブレム  02-02-03
マイネルハニー  01-01-01
クラリティシチー 02-05-05
バーディーイーグル 14-12-12

上位4頭までが4角5番手以内という結果となった。実力のある馬たちが前につけていた、という解釈もできるが、展開的にも恵まれた部分があったと判断していいだろう。

もっとも、単なる前残りの競馬だったわけでもない。というのも、ロングスパート合戦になり、最後はタフさが求められる結果になったからだ。1ハロンごとの最速タイムは残り3ハロン目、最後の1ハロン大きく失速している。

ロングスパート合戦になった分、各馬のバテる地点が早くなり、最後は我慢比べになったというわけだ。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 ダッシングブレイズ

好スタートから好位置をキープ。展開のあやも後押しし、最後はアストラエンブレムを押さえて重賞初制覇を果たした。

もともと父ノーザンダンサー系は東京の重賞で期待値が高い。

今年の春のGIだけ見ても、安田記念ではロゴタイプが、オークスではモズカッチャンが、そしてヴィクトリアマイルではデンコウアンジュが激走した。いずれも6番人気より下の穴馬、デンコウアンジュに至っては11番人気だった。

実力があったこと、展開がハマったこと(浜中俊騎手の好騎乗)、そして血統があっていたことが好走を後押ししたと考えられる。

2着 アストラエンブレム

こちらはダッシングブレイズと違い、血統面に恵まれなかった。

ダイワメジャー産駒の東京芝重賞における距離別の成績を見てみると……

距離着別度数
1400m2- 2- 2-10/16
1500m0- 0- 0- 0/ 0
1600m4- 2- 6-36/48
1700m0- 0- 0- 0/ 0
1800m1- 0- 0- 8/ 9
1900m0- 0- 0- 0/ 0
2000m0- 0- 1- 4/ 5
2100m0- 0- 0- 0/ 0
2200m0- 0- 0- 0/ 0
2300m0- 0- 0- 0/ 0
2400m0- 0- 0-12/12
2500m0- 1- 0- 3/ 4
2600m0- 0- 0- 0/ 0
2800m0- 0- 0- 0/ 0
3000m0- 0- 0- 0/ 0
3200m0- 0- 0- 0/ 0
3400m0- 0- 1- 2/ 3

マイル以下で好成績を残しているのに対し、1800m以上ではわずか1勝という成績になっている。勝ったのはカレンブラックヒル(毎日王冠)のみ。古馬になってから勝った馬は1頭もいないことになる。


自力でなんとか2着に来られたものの、最後の最後で勝ちきれなかったのは、ダイワメジャー産駒の性だった、と言えるかもしれない。ロングスパート合戦になり、最後タフさが求められた点も、スタミナ勝負では勝てない血統の馬にとってマイナスに働いた。

3着 マイネルハニー

マイペースの逃げをうち、絶好の展開に持ち込んだように見えたが、最後は捉えられてしまった。

敗因は、セーフティリードを作ることができなかったことが挙げられる。スローペースに落とせば前にいる馬は有利になる。しかし、ペースを落としすぎると「よーい、どん!」の末脚比べになる。

マイネルハニーは4コーナーを先頭でまわり、位置取り的なアドバンテージを持っていた。しかし、末脚に関しては他馬を凌駕するほどのものを持っていなかったわけだ。キャリアで上がり上位を記録したのは3歳の春まで。ここ8走は好走したレースを含めて7走で上がり二桁順位を記録している。

末脚で違いを作れない分、最後にかわされてしまったというわけだ。

4着 クラリティシチー

先行策を取ったことが幸いした。勝負どころで置かれていってしまったが、最後の一ハロンでジリジリ伸びて挽回。もともと力のある馬だけに、ようやく復調してきたか。

5着 バーディーイーグル

数字上の位置取りはかなり後ろだが、ラチ沿いを走ったことで400m地点では外の馬より前に来ていた。そこからはロングスパート合戦の我慢比べになったため、ブライアンズタイムの血が騒いだのだろう。

6着 タイセイサミット

この馬もダイワメジャー産駒。位置取りに加え、血統的な面でも厳しいシチュエーションだった。今回は向かなかったため、次走がより良い条件であれば、巻き返しに期待してもいいのではないか。

7着 マイネルミラノ

位置取りは最高だったが、末脚比べでは分が悪い。キャリアで上がり33秒台を記録したのは一度のみ(しかもその1回でも上がり順位は5位)。よりタフな条件で真価を発揮するタイプだ。


8着 デンコウアンジュ

ヴィクトリアマイルでは2着に激走して周囲を驚かせたが、今回は馬群に沈んだ。

ヴィクトリアマイルとの最大の違いは、展開だろう。ヴィクトリアマイルは上がり3ハロンの切れ味が要求されたのに対し、今回は4ハロン、5ハロンに渡って末脚を持続する能力が求められた。

よって、ヴィクトリアマイルで上がり最速となる33秒2を叩き出しながら、エプソムカップでは34秒3止まりだったわけだ。

9着 フルーキー

ピークを超えてしまったことに加え、背負った斤量は58キロ。条件的に厳しすぎた。

10着 ナスノセイカン

重賞では頭打ち状態が続いている。今回は位置取りも厳しかった。ただし、上がり1位を記録しているようにロングスパート合戦は合う可能性がある。条件が揃うレースで見直し。

11着 ベルーフ

条件は悪くなかったものの、位置取りが悪すぎた。

12着 ヒストリカル

バーディーイーグルと同じような位置取りで競馬をしたが、伸び切らず。バーディーイーグルのほうがタフな血統をしているため、その差が出たか。

13着 カムフィー

重賞では頭打ち。

14着 メドウラーク

重賞では頭打ち。

15着 クラリティスカイ

タフさが求められる中距離重賞では、クロフネ産駒に出番はなし。

16着 レッドレイヴン

力負け。

17着 トーセンレーヴ

力負け。

18着 パドルウィール

タフさが求められる中距離重賞では、クロフネ産駒に出番はなし。


(C)はねひろ

圧倒的一番人気のミッキークイーンは沈み、新たな女王が誕生した。

5月14日に東京競馬場で行われたヴィクトリアマイル(GI/芝1600m)で、6番人気のステイゴールド産駒アドマイヤリード(牝4)が、11番人気のデンコウアンジュ(牝4)を押さえて勝利した。

勝ち馬の勝因、敗れた馬たちの敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。


レース映像・動画

映像はこちらから(※JRA公式サイト→レース結果のページでご覧いただけます)

結果・着順

2017年 5月14日(日) 2回東京8日 天候 : 曇  馬場状態 : 稍重
【11R】 第12回ヴィクトリアマイル
4歳以上・オープン・G1(定量) (牝)(国際)(指定) 芝 1600m 17頭立

馬名S性齢
5アドマイヤリード牝46
10デンコウアンジュ牝411
3ジュールポレール牝47
2スマートレイアー牝74
4ソルヴェイグ牝49
8クイーンズリング牝55
11ミッキークイーン牝51
15フロンテアクイーン牝412
12ウキヨノカゼ牝78
107ルージュバック牝52
1114レッツゴードンキ牝53
121アットザシーサイド牝413
136アスカビレン牝510
1413ヒルノマテーラ牝617
1516クリノラホール牝416
1617リーサルウェポン牝615
179オートクレール牝614

LAP 12.6-11.2-11.8-12.3-12.2-11.1-10.8-11.9
通過 35.6-47.9-60.1-71.2
上り 70.1-58.3-46.0-33.8
平均 1F:11.74 / 3F:35.21

レース分析

まずはレースラップを見てみよう。

12.6-11.2-11.8-12.3-12.2-11.1-10.8-11.9

逃げ馬不在でスロー濃厚と見られたレースでハナを切ったのはソルヴェイグだった。スマートレイアーらがそれに続き、ミッキークイーンは中団から、ルージュバックはほとんど最後方からレースを進めた。


結果、前半の1000mは60.1。直線の入り口では横に広がり、まさしく「ヨーイドン!」という展開となった。上がり3ハロンは33.8だから、完全な位置取り勝負+その中で上がりの切れ味に優れた馬たちが上位に来た、と言える。

なお、やや重という馬場状態だったことも多少は影響があったと考えられる。良馬場におけるスローの上がり勝負ならディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒といった瞬発力血統が上位に来るはず。

しかし、今回上がり1位を使ったのは、なんとメイショウサムソンのデンコウアンジュとフロンテアクイーンだった。決して瞬発力があるわけではないメイショウサムソン産駒が2頭とも上がり1位の脚を使ったというのだから、偶然とはいえないだろう。

・残り3ハロンまでの位置取り
・やや重の中で上がりを使える能力

このあたりが求められるレースだったと考えられる。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 アドマイヤリード

・残り3ハロンまでの位置取り
・やや重の中で上がりを使える能力

まさにこの2つを兼ね揃えたのがアドマイヤリードだった。堀川特別で調子を取り戻していこう、すべてのレースで上がり1位の脚を使っている。しかも直近の2走は重馬場の中で上がり1位を使っていた。今回のコンディション、そして展開がモロにハマったと判断できる。

もともとステイゴールド産駒はタフな競馬が得意だし、内枠から狭いところを抜け出して……という競馬が十八番だ。そういう意味で、クリストフ・ルメール騎手の手綱さばきも光った。

2着 デンコウアンジュ

コーナーで外を回すロスがあったが、ミッキークイーンの外からかぶせるようにして鋭い末脚を使った。ある意味、この馬が上がり33秒2を使って2着に来たことが、このレースの本質を示しているように感じられる。

思えば過去にアルテミスステークスを勝ったときも同じようなシチュエーションだった。


デンコウアンジュの血統や将来性は?アルテミスS1着馬を徹底分析

欧州血統に有利なタフな馬場で、直線で上がり1位を使って1着。今回は2着だったが、こういう状況がこの馬には合っていたのだろう。

3着 ジュールポレール

ディープインパクト産駒の上がり馬らしい飛躍だった。この馬もある程度のポジションで競馬ができ、ある程度の上がりを使える才能があった。

ディープインパクト産駒ではあるが、母父エリシオは欧州血統だ。血の後押しがあったと考えていいだろう。

なお、半兄サダムパテックがマイルチャンピオンシップを制したときも、馬場はやや重だった。渋った馬場のマイルGIで好走できる才能を持った一族なのかもしれない。

4着 スマートレイアー

武豊騎手は最高の競馬をしたが、最後の最後に切れ味の差が出てしまった。1400mや1600mで勝った実績が豊富であるものの、中距離をこなせるスタミナとタフさを持つ馬でもある。今回は瞬発力勝負になった分だけ、分が悪かった。

5着 ソルヴェイグ

距離に不安のある馬だけに、ペースを落として楽な展開を作れたのが幸いした。しかし、上がりを使える馬ではないため、瞬発力勝負になるとどうしても切れ負けしてしまう。

かといってこれ以上ペースを上げてしまうとスタミナが持たないわけで、この条件ではどうやってもこれ以上上の順位に行くことは難しかったのではないか。最高の競馬をして5着だった、と判断していいだろう。

6着 クイーンズリング

ミルコ・デムーロ騎手の好判断でポジションを上げて直線では勝負圏内にいた。しかし、通ったコースがイマイチ伸びない場所だったこともあって、6着まで。

7着 ミッキークイーン

別の記事で詳細を書くが、端的に言えば何もかもはまらなかった、ということ。


8着 フロンテアクイーン

馬場があっていたのは上がり1位の末脚を使ったことでも明白だが、さすがに位置取りが後ろ過ぎた。

9着 ウキヨノカゼ

位置取りが後ろ過ぎた。

10着 ルージュバック

位置取りが後ろ過ぎた。

11着 レッツゴードンキ

外枠が影響してコーナーで距離をロスしすぎた。いくらスローペースだったからとはいえ、距離不安のある馬がコーナーであれだけ外を回れば直線で力尽きるのは仕方がない。

12着 アットザシーサイド

力負け。

13着 アスカビレン

力負け。

14着 ヒルノマテーラ

力負け。

15着 クリノラホール

力負け。

16着 リーサルウェポン

力負け。

17着 オートクレール

力負け。


(C)arima0208

4月22日に福島競馬場で行われた福島牝馬ステークス(GIII/芝1800m)は、3番人気のオンファイア産駒ウキヨノカゼ(牝7)が直線で一気に末脚を伸ばし、追いすがるフロンテアクイーン(牝4)や武豊騎手騎乗の1番人気クインズミラーグロ(牝5)らをおさえて優勝した。

勝ち馬の勝因、敗れた馬たちの敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。


レース映像・動画

福島牝馬ステークス映像はこちらから(JRA公式サイトより)

結果・着順

成績・2017年1福5/11R 福島牝馬S
2017年 4月22日(土) 1回福島5日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
4歳以上・オープン・G3(別定) (牝)(国際)(指定) 芝 1800m 16頭立

馬名S性齢斤量
6ウキヨノカゼ牝7543
8フロンテアクイーン牝4544
9クインズミラーグロ牝5541
3デンコウアンジュ牝4548
15リーサルウェポン牝65416
1ギモーヴ牝45410
13クロコスミア牝4542
7トウカイシェーン牝45413
10エテルナミノル牝4547
1014ロッカフラベイビー牝5546
1111ブリガアルタ牝4549
122ハピネスダンサー牝65412
1316タマノブリュネット牝55414
145ウインファビラス牝4545
1512ペイシャフェリス牝65411
164ウエスタンレベッカ牝75415

LAP 12.4-11.1-11.4-12.0-12.0-11.8-11.8-12.1-12.2
通過 34.9-46.9-58.9-70.7
上り 71.9-59.9-47.9-36.1
平均 1F:11.87 / 3F:35.60

レース分析

結論から言うと、展開がとてもカギを握るレースになった。

12.4 – 11.1 – 11.4 – 12.0 – 12.0 – 11.8 – 11.8 – 12.1 – 12.2
前後半800m=46.9−47.9

ウエスタンレベッカがハナに立ち、レースを引っ張ったことでペースは流れた。前後半800mの比較を見ていただくと、分かりやすい。前後半で1秒以上違い、前半のほうが厳しいペースだったことが分かる。

特に牝馬限定重賞はスローペースになりがちであるものの、今回は展開が早く、厳しいレースになった。力が問われる展開になったし、先行していた馬たちは厳しかった。上位3頭の通過順を見ていくと……


ウキヨノカゼ 12,12,11,11
フロンテアクイーン 8,8,9,7
クインズミラーグロ 15,14,13,11

というように、前半は後方に待機していた馬ばかりだった。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 ウキヨノカゼ

3、4コーナーでもかなり後ろの位置取り、やや外に出すのももたついたため、どうかと思ったが、最後は鋭い脚を披露して差し切った。この馬にとってはある意味、理想的な展開に。また、血統もよかったと考えられる。(詳細は別途)

2着 フロンテアクイーン

1、3着馬より前々で競馬を進めたが、最後は勝ち馬の末脚に屈した。ウキヨノカゼは最後の直線にかけるタイプのため、差し比べではどうしても分が悪くなってしまった。

3着 クインズミラーグロ

勝ち馬と同じような競馬だったが、叩く合いで敗れる形に。ウキヨノカゼに比べると強烈な末脚を持っているわけではないだけに、悲観するような内容ではなかった。ただ、展開や条件がハマったのも事実。

4着 デンコウアンジュ

早めのまくりが結果として仇になってしまった。いい感じでレースを進めていただけに、仕掛けが早かった感は否めない。また、福島らしく、母系のニジンスキーの血がきいた感も。もう少し展開がハマれば上位を崩してもおかしくなかった。

5着 リーサルウェポン

上位に入った馬の中では一番苦しい競馬をしていた。最低人気ながら奮闘。

6着 ギモーヴ

展開がハマったし、この馬もニジンスキー持ち。やや恵まれた感があるため、次人気なら考えたほうがよさそう。

7着 クロコスミア

終始前々で競馬し、展開が厳しすぎた。ノーカウントと考えて良さそう。

8着 トウカイシェーン

9着 エテルナミノル

10着 ロッカフラベイビー

さすがに外外を周りすぎたか。


11着 ブリガアルタ

12着 ハピネスダンサー

13着 タマノブリュネット

14着 ウインファビラス

直線前詰まる。ノーカウント

15着 ペイシャフェリス
16着 ウエスタンレベッカ

 


デンコウアンジュの血統や将来性は?アルテミスS1着馬を徹底分析

(C)Ko-mei

10月31日に東京競馬場で行われたアルテミスステークス(GIII/芝1600m)でメイショウサムソン産駒のデンコウアンジュ(牝2)が重賞初制覇を果たした。

前走からマイナス18キロという大幅な馬体減が心配されたが、道中後方から競馬を進めると直線で鋭い末脚を伸ばして他馬を一閃。上がり3ハロン33秒3を記録し、ゴール板を1着で駆け抜けた。

デンコウアンジュの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。


血統評価は?

デンコウアンジュは父メイショウサムソン、母デンコウラッキー、その父マリエンバードという血統。

2冠馬メイショウサムソンにとって嬉しい産駒の重賞初制覇となった。

2歳の牝馬重賞ウィナーは極めて珍しい血統をしている。まず、メイショウサムソン自体が父オペラハウス×母父ダンシングブレーヴというノーザンダンサーの血が濃い配合だった。加えてデンコウアンジュの場合、母父がニジンスキー系のマリエンバード。またしてもノーザンダンサーの血が色濃く入っている。

ノーザンダンサーの4+5×5という配合で、3代以内に流れる4つの血筋のうち、3つがノーザンダンサーという血統構成になっている。ちなみにダンシングブレーヴとマリエンバードは凱旋門賞馬、オペラハウスは凱旋門賞2着。

サンデーサイレンス系全盛期の時代に、これだけ凱旋門賞血統で固められている馬も珍しい。日本馬というより欧州にいそうな血統である。

そんな血統の馬がマイルの重賞を勝てた要因は何だったのだろうか?


【次のページヘ】デンコウアンジュが重賞を勝てた理由とは?

ページ:

1

2 3

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る