タグ:セイウンコウセイ

ジューヌエコールの勝因、シュウジの敗因は?函館スプリントS2017結果

(C)@nachi0048

6月18日に函館競馬場で行われた函館スプリントステークス(GIII/芝1200m)で、3番人気のクロフネ産駒ジューヌエコール(牝3)が、4番人気のキングハートを押さえて勝利した。1番人気のセイウンコウセイは4着だった。

勝ち馬の勝因、敗れた馬たちの敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。

結果・着順

2017年 6月18日(日) 1回函館2日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第24回函館スプリントS
3歳以上・オープン・G3(別定) (国際)(特指) 芝 1200m 13頭立

馬名S 性齢
8 ジューヌエコール 牝3 3
3 キングハート 牡4 4
4 エポワス セ9 7
12 セイウンコウセイ 牡4 1
5 イッテツ 牡5 11
7 エイシンブルズアイ 牡6 8
2 ノボバカラ 牡5 10
9 レヴァンテライオン 牡3 9
13 ブランボヌール 牝4 5
10 10 シュウジ 牡4 2
11 11 ホッコーサラスター 牝6 12
12 1 ラインハート 牝6 13
13 6 クリスマス 牝6 6

LAP 11.7-10.1-10.4-11.0-11.4-12.2
通過 32.2-43.2-54.6-66.8  上り 66.8-55.1-45.0-34.6  平均 1F:11.13 / 3F:33.40

払い戻し

単勝  8 \720
複勝  8 \270 / 3 \320 / 4 \490
枠連  3-6 \2800 (11)
馬連  03-08 \3090 (11)
ワイド 03-08 \1060 (11)/ 04-08 \1760 (21)/ 03-04 \1580 (19)
馬単  08-03 \6000 (21)
3連複 03-04-08 \13120 (43/286)
3連単 08-03-04 \55520 (177/1716)

レース分析

まずはレースラップを見てみよう。

11.7-10.1-10.4-11.0-11.4-12.2

前後半600mのタイムを比較してみると、レースの本質が見えてくる。

32.2−34.6

テンの3ハロンは32.2秒。スプリント戦よりさらに短い直千競馬のようなタイムだ。この時計はやや重開催だった今年の高松宮記念はもちろん、良馬場開催だった昨年の高松宮記念やスプリンターズステークスを上回る。

要するに、極端なハイペースとなり、前が潰れて差し馬が台頭した、ということだ。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 ジューヌエコール

さすが短距離種牡馬クロフネの産駒といったところ。初のスプリント戦でしっかりと真価を発揮してみせた。

今回は血統に加え、前述の展開や50キロの斤量、そして距離短縮のローテーションなど、様々な要素が“ハマった”。

よって、次回は条件が悪化する可能性が高い。もし今回より条件が良くないレースに使われた場合、馬券的な観点からすると、気をつけたほうがいいだろう。

2着 キングハート

内枠からロスのない競馬をして2着に台頭してきた。この馬も距離ロスの少ない内枠や、展開がハマった。条件は悪くなかったが、1着馬がハマりにハマったこと、さらに1着馬より決めて勝負に向いていなかったことで2着となった。

3着 エポワス

9歳ながら驚異的な追い込みで3着を確保。もともと洋芝が得意なスプリンターだったことに加え、展開がハマった。引き続き洋芝などの重たい馬場では注意が必要だろう。反対に軽い馬場になると力を発揮できない傾向にあるため、注意したい。

4着 セイウンコウセイ

唯一のGI馬は4着まで。もっとも、鬼のようなハイペースを2番手で追走していたのだから無理もない。むしろ先行勢が全滅する中、よく4着に粘った、と評価した方がいいだろう。

今回はその他にも向かない条件が多数あった。叩かれて向上してくるはずのため、評価を落とす必要はないだろう。

5着 イッテツ

追い込んだが馬券には絡めず。展開が向いた中でこの順位では力負けと判断されても仕方ない。

6着 エイシンブルズアイ

追い込んだが馬券には絡めず。展開が向いた中でこの順位では力負けと判断されても仕方ない。

7着 ノボバカラ

初芝に挑戦したが、流れが向いた中で7着。上がり最速を使っているように全くダメなわけではないが、ダートのほうが合っている。

8着 レヴァンテライオン

展開△。見直し可。

9着 ブランボヌール

展開×。見直し可。

10着 シュウジ

自分が作ってしまったペースではあるが、それにしても速すぎた。近走あまり結果が出ていない中で2番人気は支持を集めすぎた印象も。次走、人気落ちした中でどれだけ立ち直れるか。

11着 ホッコーサラスター

力負け。

12着 ラインハート

力負け。

13着 クリスマス

展開×。見直し可。


なぜセイウンコウセイは惨敗したのか?函館スプリントSの3つ敗因

(C) Meteorshoweryn

GI馬がまさかの敗戦を喫した。

6月18日に函館競馬場で行われた函館スプリントステークス(GIII/芝1200m)で1番人気のセイウンコウセイ(牡4)が4着に敗れた。勝ったのは3番人気のジューヌエコールだった。

なぜ、高松宮記念の覇者はGIIIで敗れることになったのか? その理由を探っていこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

アドマイヤムーン
オブザーヴァント
母の父 Capote
母の母 PatentlyClear
性別
馬齢 4 歳
生年月日 2013年3月8日
毛色 栗毛
馬主 西山茂行
調教師 上原博之(美浦)
生産牧場 桜井牧場
産地 新ひだか町
馬名意味 冠名+恒星

圧倒的な人気を集めた背景

セイウンコウセイは2.1倍の圧倒的な人気を集めていた。

それもそのはず。彼は春のスプリントGI高松宮記念を制していた。上り調子の上がり馬、しかも4歳馬の賞金が夏に半減したことで、函館スプリントSには斤量56キロで出走がかなった。

GI馬が56キロで出走してくる。しかも2番人気に支持されているのは2戦連続で1秒以上の大敗を喫しているシュウジ、そして同じく3走連続で馬券に絡めていないジューヌエコールだったのだから、セイウンコウセイが人気に支持されたのも当然だろう。

しかし、結果として、セイウンコウセイは馬券に絡むことができなかった。一体なぜ、GI馬は凡走するに至ったのか?

凡走の理由① 血統の壁

もっとも大きな理由の一つが血統だと考えられる。レース前、競馬TIMES編集部では「人気馬セイウンコウセイの優勝が困難な3つの理由」と題し、検証記事を掲載していた。そちらから、引用していこう。

―――

まずはアドマイヤムーン産駒という点が引っかかる。

というのも、アドマイヤムーン産駒は今まで、一度も休み明けで重賞を勝ったことがないのだ。

間隔 着別度数
連闘 0- 0- 0- 1/ 1
2週 3- 1- 0- 14/ 18
3週 1- 3- 3- 24/ 31
4週 1- 0- 2- 22/ 25
5~ 9週 3- 1- 2- 38/ 44
10~25週 0- 6- 4- 20/ 30
半年以上 0- 0- 0- 0/ 0
間隔 勝率 複勝率 単回値 複回値
連闘 0.0% 0.0% 0 0
2週 16.7% 22.2% 133 144
3週 3.2% 22.6% 110 128
4週 4.0% 12.0% 8 20
5~ 9週 6.8% 13.6% 38 38
10~25週 0.0% 33.3% 0 90
半年以上

重賞勝ちは間隔が2〜9週に集中している。2カ月半以上、間隔が空いた中で挑んだ重賞では(0−6−4−20)。複勝率は高いものの、勝ち切るまでには至っていない。

―――

セイウンコウセイは今回、約4カ月の休み明けだった。久々だったことがマイナスに働いた可能性は、十分に考えられる。

凡走の理由② 続・血統の壁

さらに血統的な面を掘り下げるなら、アドマイヤムーン産駒は函館芝1200mで散々な成績しか残せていない。

種牡馬 着別度数
アドマイヤムーン 3- 3- 1-42/49
勝率 複勝率 単回値 複回値
6.1% 14.3% 27 31

こちらは2014年以降に出走したアドマイヤムーン産駒全馬の成績だが、50頭近く走って勝ったのは3頭のみ。回収率を見ると、穴馬は全く走っていないことが分かる。

セイウンコウセイにとって、コースも決して合う条件ではなかったわけだ。

凡走の理由③ 厳しかった展開

そして何といっても展開が厳しすぎた。前後半600mのタイムを比較してみると……

32.2−34.6

なんと最初の3ハロンは32.2秒。いくら函館が高速馬場だったとはいえ、いかにハイペースだったかが分かる。

なお、テンの3ハロンのタイムは、やや重開催だった今年の高松宮記念はもちろん、良馬場開催だった昨年の高松宮記念やスプリンターズステークスを上回るペースだ。

このペースを2番手で追走したら、いくらなんでももたない。逃げたシュウジを筆頭に先行馬が全滅だったことが、展開の厳しさを示している。

むしろこのペースで4着に粘ったセイウンコウセイを称えるべき、とすら言えるレースだったわけだ。

まとめ

以上のように、セイウンコウセイにとって厳しい条件が揃ったレースだった。

しかし、逆に考えれば今後出走するレースは今回より条件が好転するはず。状態も上がっていくことだろう。

この敗戦を糧に、さらなる栄冠を勝ち取れるのか、注目されるところだ。


函館スプリントS2017の予想データ分析…人気馬セイウンコウセイの優勝が困難な3つの理由

(C) Meteorshoweryn

今週は函館競馬場で函館スプリントステークス(函館スプリントS/GIII/芝1200m)が行われる。

上位人気に支持されることが確実なのが、春のスプリント王セイウンコウセイ(牡4)だ。高松宮記念を制した乗りに乗る4歳馬、しかも56キロで出走ということで、圧倒的な人気に支持されることが予想される。

しかし、セイウンコウセイが函館スプリントSを制するためには、いくつかの障害をクリアしなければならない。しかも、そのハードルは決して低くない。

今回はセイウンコウセイが函館SSを制する上でパスしなければならない理由に迫っていこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

アドマイヤムーン
オブザーヴァント
母の父 Capote
母の母 PatentlyClear
性別
馬齢 4 歳
生年月日 2013年3月8日
毛色 栗毛
馬主 西山茂行
調教師 上原博之(美浦)
生産牧場 桜井牧場
産地 新ひだか町
馬名意味 冠名+恒星

競走成績

レース名 距離S 着順 人気
高松宮記G1 芝1200 5
シルクロHG3 芝1200 4
淀短距離 芝1200 5
渡月橋H1600 芝1400 11
白秋S1600 芝1400 13 8
さくらん1000 芝1200 1
500万下* 芝1400 4
500万下* 芝1400 4
未勝利 ダ1200 1
未勝利 ダ1200 2
未勝利 ダ1400 6
未勝利* ダ1400 3
未勝利* 芝1600 9
未勝利* 芝1800 12 4
新馬 芝1800 9

困難な理由その1 血統の壁①

まずはアドマイヤムーン産駒という点が引っかかる。

というのも、アドマイヤムーン産駒は今まで、一度も休み明けで重賞を勝ったことがないのだ。

間隔 着別度数
連闘 0- 0- 0- 1/ 1
2週 3- 1- 0- 14/ 18
3週 1- 3- 3- 24/ 31
4週 1- 0- 2- 22/ 25
5~ 9週 3- 1- 2- 38/ 44
10~25週 0- 6- 4- 20/ 30
半年以上 0- 0- 0- 0/ 0
間隔 勝率 複勝率 単回値 複回値
連闘 0.0% 0.0% 0 0
2週 16.7% 22.2% 133 144
3週 3.2% 22.6% 110 128
4週 4.0% 12.0% 8 20
5~ 9週 6.8% 13.6% 38 38
10~25週 0.0% 33.3% 0 90
半年以上

重賞勝ちは間隔が2〜9週に集中している。2カ月半以上、間隔が空いた中で挑んだ重賞では(0−6−4−20)。複勝率は高いものの、勝ち切るまでには至っていない。

例えばアドマイヤムーンの代表産駒、ハクサンムーンは休み明けの戦績が(0−4−0−4)と未勝利。2着には4回来ているが、うち2回が1番人気、2回が2番人気と、上位人気に支持されながら勝つことができていないのだ。

セイウンコウセイも3回の休み明けで2着が1回、2回は着外となっている。

まずは休み明けという関門をクリアする必要があるわけだ。

困難な理由その2 血統の壁②

もう一つ血統的な懸念点があるとすれば、函館芝1200mでアドマイヤムーン産駒が不振という点だ。

種牡馬 着別度数
アドマイヤムーン 3- 3- 1-42/49
勝率 複勝率 単回値 複回値
6.1% 14.3% 27 31

こちらは2014年以降に出走したアドマイヤムーン産駒全馬の成績だが、50頭近く走って勝ったのは3頭のみ。回収率を見ると、散々な数字になっている。人気馬はかろうじて走っているが、穴馬は全く走っていないことが分かる。

穴馬が走らないということは、コースにハマっていないということ。適性が高いわけではないため、適正の高い馬に足元をすくわれかねないといえる。

困難な理由その3 1番人気の信頼性は…

さらに、函館スプリントS自体の傾向も気になるところだ。

というのも、函館SSでは一番人気に支持された馬があまりいい成績を残せていない。

日付 馬名S 性齢 着順
2016 オメガヴェンデッタ セ5
2015 コパノリチャード 牡5 14
2014 ストレイトガール 牝5 11
2013 ドリームバレンチノ 牡6
2012 ロードカナロア 牡4
2011 カレンチャン 牝4
2010 ビービーガルダン 牡6
2008 キンシャサノキセキ 牡5
2007 アドマイヤホクト 牡3 12

勝ったのはカレンチャン、キンシャサノキセキという歴代屈指のスプリンターのみ。ストレイトガールやコパノリチャードは人気を裏切り、最強のスプリント王ロードカナロアも勝ちきれなかった。

理由はいくつかあるが……

・始動戦として使われることが多いため、本気度が高くない
・小回りコースで内に馬が殺到しやすく、前が詰まりやすい

といった要因がある。セイウンコウセイもこのパターンに該当する可能性は十分にあると考えられるのだ。

まとめ

いかがだっただろうか? セイウンコウセイが有力馬の1頭であることは間違いないが、勝ち切るためにクリアしなければならないハードルは決して低くないのだ。

果たしてセイウンコウセイは今までの傾向を打ち破れるのか? そういった観点から出走のときを待つのも面白いだろう。


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る