タグ:イモータル

イモータルはなぜサウジアラビアRCで負けたのか?敗因は血統にあり?

(C)Ko−Mei

10月10日に東京競馬場で行われたサウジアラビアロイヤルカップ(芝1600m)でマンハッタンカフェ産駒のイモータル(牡2)はブレイブスマッシュに敗れて重賞制覇を逃した。

なぜ単勝2倍という圧倒的な1番人気に応えられなかったのだろうか?

その背景には“血統的要因”があったと考えられる。

敗因は血統面か

はじめに断っておくと、イモータルは才能を秘めている。

イモータルの重賞制覇は時間の問題?血統と新馬戦で見せた大器の片鱗とは?

この記事に書いてあるように、重賞で勝つのは時間の問題だろう。事実、サウジアラビアRCでも人気を裏切ったとはいえ、僅差の2着だったのだから。

では、そんな才能を秘めたイモータルはなぜ勝てなかったのか? その最大の要因は血統だと考えられる。

イモータルはマンハッタンカフェを父に持っている。このマンハッタンカフェこそ、ある種の“足枷”になっているのだ。

マンハッタンカフェは現役時代、菊花賞、有馬記念、そして天皇賞春を勝っている。ここから考えられる同馬の特徴は……

・晩成型
・中長距離が得意

というものだ。クラシックホースとはいえ、春の皐月賞、ダービーに間に合わないような血統だった。距離適性を見ても2000m以上を得意としている。よって、今回イモータルが挑んだ「2歳マイル重賞」というのは明らかに適正外だったわけだ。

事実、マンハッタンカフェ産駒の成績を振り返ると納得できるのではないだろうか?

【次のページヘ】マンハッタンカフェ産駒の“真実”とは?

ページ:

1

2

イモータルの重賞制覇は時間の問題?血統と新馬戦で見せた大器の片鱗とは?

(C)Ko−Mei

8月9日に新潟競馬場で行われた2歳の新馬戦(芝外回り1800m)でマンハッタンカフェ産駒のイモータル(牡2)が快勝した。

1番人気に支持されると、スタートから先行して絶好位を確保。直線では後続を突き放す一方で、2着のドゥスールに5馬身差をつけてゴール板を駆け抜けた。

イモータルの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

イモータルは父マンハッタンカフェ、母ショアー、その父アカテナンゴという血統。

ショアーは繁殖牝馬としてエックスマーク(父ディープインパクト)を出している。また、ショウナンバーズ(父Tiger Hill)とアドマイヤシーマ(父ディープインパクト)も勝ち上がって複数勝利を挙げている。繁殖牝馬としてとても優秀であることが分かる。

アカテナンゴは3年連続でドイツ年度代表馬に輝いた実績を持つ。今やドイツ血統は世界中から注目される系統だ。日本ではダービー馬エイシンフラッシュの母父Platiniが有名だろうか。

Platiniはドイツの種牡馬リーディングに6度も輝いた名サイアー。その父Surumuはアカテナンゴの父でもある。可能性を秘めた血統と言えそうだ。

エックスマークは父ディープインパクトながらあまり瞬発力のない馬となっている。イモータルは父がマンハッタンカフェに変わっているため、どのような変化があるか注目される。

【次のページヘ】イモータルが重賞級な理由とは?

ページ:

1

2

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る