タグ:イスラボニータ

(C)Ko-Mei

2歳から期待されていた素質馬が、ついに悲願のGI制覇を成し遂げた。

6月4日に東京競馬場で行われた春のマイル王決定戦・安田記念(GI/芝1600m)で、7番人気のディープインパクト産駒サトノアラジン(牡6)が、8番人気のロゴタイプを押さえて勝利した。1番人気のイスラボニータは8着だった。

勝ち馬の勝因、敗れた馬たちの敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。

結果・着順

2017年 6月 4日(日) 3回東京2日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第67回安田記念
3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) 芝 1600m 18頭立

馬名S 性齢
14 サトノアラジン 牡6 7
16 ロゴタイプ 牡7 8
6 レッドファルクス 牡6 3
7 グレーターロンドン 牡5 6
8 エアスピネル 牡4 2
12 ビューティーオンリー セ6 9
18 ステファノス 牡6 4
15 イスラボニータ 牡6 1
10 クラレント 牡8 14
10 5 コンテントメント セ7 12
11 9 ロンギングダンサー 牡8 18
12 3 サンライズメジャー 牡8 17
13 2 ディサイファ 牡8 15
14 13 ロジチャリス 牡5 13
15 4 アンビシャス 牡5 5
16 17 ヤングマンパワー 牡5 11
17 1 トーキングドラム 牡7 16
18 11 ブラックスピネル 牡4 10

LAP 12.2-10.6-11.1-11.6-11.6-11.0-11.3-12.1
通過 33.9-45.5-57.1-68.1  上り 68.7-57.6-46.0-34.4  平均 1F:11.44 / 3F:34.31

払い戻し

単勝  14 \1240
複勝  14 \380 / 16 \440 / 6 \340
枠連  7-8 \590 (2)
馬連  14-16 \10480 (40)
ワイド 14-16 \2870 (33)/ 06-14 \2730 (30)/ 06-16 \2720 (29)
馬単  14-16 \20410 (75)
3連複 06-14-16 \43500 (128/816)
3連単 14-16-06 \283000 (797/4896)

レース分析

まずはレースラップを見てみよう。

12.2-10.6-11.1-11.6-11.6-11.0-11.3-12.1

昨年は12頭立てと少頭数だったため、スローペースになった。

しかし、今年は安田記念らしいラップが刻まれた。最初の一ハロンを除き、すべて11秒6以下という厳しい展開となったのだ。最後の一ハロンで1秒近く減速した点が、我慢比べのレースになったことを示している。

かなり厳しいレースとなったため、マイペースで逃げられたロゴタイプを除き、先行勢は総崩れとなった。厳しい展開を差してこられる力のある馬が上位に来るようなレースだったと言っていいだろう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 サトノアラジン

悲願のGI初制覇をようやく成し遂げられた。

道中は後方待機となったが、結果としてペースが流れたことが幸いする形となった。直線では大外に出したが、追える川田将雅騎手に導かれて直線で弾けた。

もともとディープインパクト産駒ながら1400mが得意な馬で、ペースが流れた中で驚異的な末脚を使って追い上げる……という競馬を得意としている。今回の安田記念はペースが全く緩まず、かつ差し馬が台頭できる流れになった。(ペースが“適度に”流れるだけでは、前に行ったスタミナのある馬に粘り込まれてしまう。)スローペースを圧倒的な末脚で差し切るタイプではないことは、前走の京王杯スプリングカップや昨年の安田記念を見ても明らか。展開が味方したことは大きかった。

もっとも、流れが向いただけではない。この馬には2歳から期待されるだけのポテンシャルがあった。

ディープインパクト×ストームキャットの組み合わせは、GI馬を何頭も輩出している“黄金配合”だ。しかも全姉のラキシスはエリザベス女王杯の覇者。姉が遅咲きだったように、サトノアラジンもようやく本格化し、順番が回ってきたということだ。

GI級のポテンシャルを秘めた馬に、流れが向いた。それが勝因だったと考えられる。

2着 ロゴタイプ

あと一歩のところで連覇の夢が消えた。しかし、この展開で粘るのだから改めて力があることを証明したと言っていい。

ロゴタイプ以外の先行勢は全滅だった。かつ、昨年はスローペースの中で、今年はペースが流れた中で上位に来てみせた。

これからも、まだまだ活躍してくれそうだ。

3着 レッドファルクス

実力に加え、差し馬が台頭できる1400m的な流れになったことが大きかった。

それだけに、直線で前が壁になり、追い出しが遅れたことが痛かった。もし仮にスムーズな競馬ができていたとしたら、上位2頭との差はもっと詰まったかもしれない。

なお、スウェプトオーヴァーボード産駒がマイル以上のGIで馬券に絡んだのは初めてのこととなった。

距離 着別度数
1200m 1- 1- 1- 4/ 7
1600m 0- 0- 0-12/12
2000m 0- 0- 0- 1/ 1
2400m 0- 0- 0- 1/ 1

4着 グレーターロンドン

やや前が壁になっていたが、400mを過ぎたあたりで前が開けた。追い出すと、一時は先頭に立つかという勢いだったが、最後の一ハロンで伸び切らず、サトノアラジンらの後塵を拝す格好になった。

厳しい流れの中、重賞の経験がない中では立派な結果だったといえる。ただし、最後の一ハロンで踏ん張りきれなかったあたりを見ると、休み明けや臨戦過程に順調さを欠いた影響があったのかもしれない。

もっとも、GIでもやれる力があると証明しただけに、今後が期待されるところだ。5歳馬だが、まだキャリアわずか7戦。まだまだ成長の余地はあるだろう。

5着 エアスピネル

非常にもったいない競馬となってしまった。

厳しい流れを後方から追走するという完璧なレース運びだったが、最後の直線で前が開かなかった。内に進路を取ったものの、前が塞がり、追い出せたのは残り200mを過ぎてから。そこからは全頭の中でも一番の伸びをみせ、猛烈に追い込んできただけに、悔やまれる敗戦となった。

デビュー以来、コンビを組んでいる武豊騎手にとって、悔やんでも悔やみきれないレースとなったのではないか。

6着 ビューティーオンリー

位置取り、直線での追い出しのタイミングも含めてスムーズな競馬だった。力は出し切った上での6着だったと考えられる。

7着 ステファノス

一時は突き抜けるかという手応えで上がっていたが、最後の200mで我慢しきれなかった。

大外枠から終始外外を回る展開、久々のマイル戦が究極のスピード勝負になった点に対応しきれなかったのかもしれない。

8着 イスラボニータ

直線で前を塞がれて完全に行き場を失ってしまった。

残り300mを切ってから追い出されたときには末脚の鋭さもなく、沈むことに。今回は不利があったことに尽きる。

9着 クラレント

位置取りはやや前だったが、不利もなく、力を出し切った。

10着 コンテントメント

厳しいペースを先行して潰れる形に。展開的に厳しかった。

11着 ロンギングダンサー

展開は向いただけに、力負け。

12着 サンライズメジャー

厳しいペースを先行して潰れる形に。展開的に厳しかった。

13着 ディサイファ

厳しいペースを先行して潰れる形に。展開的に厳しかった。

14着 ロジチャリス

力負け。

15着 アンビシャス

この馬も直線で前がふさがり、行き場を失って外へ外へ流れる形になってしまった。

こういう展開になると横山典弘騎手は馬の消耗を考えて本気で追うことはない。

全く競馬をしないまま、この順位に収まったというわけだ。次走を見据える意味で、今回はノーカウントでOKだろう。

16着 ヤングマンパワー

厳しいペースを先行して潰れる形に。展開的に厳しかった。

17着 トーキングドラム

力負け。

18着 ブラックスピネル

厳しいペースを先行して潰れる形に。展開的に厳しかった。


安田記念2017の予想データ分析…人気馬イスラボニータの優勝が困難な3つの理由

(C)はねひろ

今週は東京競馬場で春のマイル王決定戦の安田記念(GI/芝1600m)が行われる。

上位人気に支持されることが確実なのが、前哨戦のマイラーズカップを制した皐月賞馬イスラボニータ(牡6)だ。トライアルレースを圧勝したことで、本番での飛躍も期待されている。

しかし、イスラボニータが安田記念を制するためには、いくつかの障害をクリアしなければならない。しかも、そのハードルは決して低くない。

今回はイスラボニータが安田記念を制する上でパスしなければならない理由に迫っていこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

フジキセキ
イスラコジーン
母の父 Cozzene
母の母 IslaMujeres
性別
馬齢 6 歳
生年月日 2011年5月21日
毛色 黒鹿毛
馬主 (有)社台レースホース
調教師 栗田博憲(美浦)
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム
産地 浦河町
馬名意味 美しい島(西)

競走成績

レース名 距離S 着順 人気
マイラーG2 芝1600 2
阪神カッG2 芝1400 2
マイルチG1 芝1600 2
富士SG3 芝1600 4
安田記念G1 芝1600 4
産経大阪G2 芝2000 7
中山記念G2 芝1800 3
マイルチG1 芝1600 1
天皇賞秋G1 芝2000 6
毎日王冠G2 芝1800 7
中山記念G2 芝1800 1
JCG1 芝2400 5
天皇賞秋G1 芝2000 1
セントラG2 芝2200 1
東京優駿G1 芝2400 1
皐月賞G1 芝2000 2
共同通信G3 芝1800 1
東京スポG3 芝1800 2
いちょう 芝1800 3
新潟2歳G3 芝1600 4
新馬 芝1600 2

困難な理由その1 安田記念の傾向

まずは安田記念が非常に特殊なレースだということが挙げられる。

このサンデーサイレンス系全盛の時代にあって、安田記念は「父非サンデーサイレンス系が走るレース」なのだ。

実際、良馬場で行われた過去4年の勝ち馬はすべて父非サンデーサイレンス系だった。

ロゴタイプ 父ローエングリン
モーリス 父スクリーンヒーロー
ロードカナロア 父キングカメハメハ
ストロングリターン 父シンボリクリスエス

イスラボニータは父フジキセキ。サンデーサイレンス系である。

イスラボニータやサンデーサイレンス系にとって得意ではないであろう条件で勝ち切るのは困難だと考えられるわけだ。

困難な理由その2 血統の壁①

次にフジキセキ産駒に関して探っていくと、いくつか気になるマイナス要素が浮上してくる。

例えば馬齢を見てみよう。イスラボニータは6歳になったが、実はフジキセキ産駒の牡馬は6歳以上になってからGIで好走した実績がない。

年齢 着別度数
2歳 0- 0- 0- 6/ 6
3歳 2- 8- 2-32/44
4歳 1- 0- 2- 9/12
5歳 1- 1- 1-16/19
6歳 0- 0- 0- 8/ 8
7歳 0- 0- 0- 8/ 8
8歳 0- 0- 0- 1/ 1

集計期間:1999.12. 5 ~ 2017. 4.30
限定条件:牡・セン馬のみ
※キンシャサノキセキは外国産で育った環境が普通と異なるため、対象外

ご覧の通り、6歳以上は(0−0−0−17)となっている。

なお、フジキセキ産駒でGIを勝ったのは最年長なのはファイングレイン。しかし、5歳春の高松宮記念で、まだ「高齢」とくくれる馬齢ではなかった。

牝馬ではストレイトガールが7歳でGIを勝っているが、牡馬では例がない。6歳のイスラボニータにとって、大きな“血統の壁”が立ちはだかることになる。

困難な理由その3 血統の壁②

もう一つフジキセキ産駒の難点を挙げるとするなら、

東京のマイル戦を得意としていない

という点だろう。フジキセキ産駒は東京だと1400mにめっぽう強いが、距離が一ハロン伸びると成績も一気に落ちてしまう。

例えば過去10年における東京マイル重賞の戦績を見てみよう。

種牡馬 着別度数
フジキセキ 1- 1- 2-21/25
勝率 複勝率 単回値 複回値
4.0% 16.0% 10 72

集計期間:2007. 2.17 ~ 2016.10.22
限定条件:牡・セン馬のみ

全く芳しくない成績となっている。かろうじてダノンシャンティが勝っているものの、同馬は1番人気だった。回収率を見ても、穴馬がほとんど走っていないことが分かるだろう。

フジキセキ産駒の牡馬は東京のマイル戦、とりわけ重賞レベルではなかなかいい成績が残せていないのだ。

まとめ

いかがだっただろうか? イスラボニータが有力馬の1頭であることは間違いないが、勝ち切るためにクリアしなければならないハードルは決して低くないのだ。

果たしてイスラボニータは今までの傾向を打ち破れるのか? そういった観点から安田記念の出走のときを待つのも面白いだろう。


イスラボニータの血統や次走、将来性は?マイラーズC制覇と安田記念

(C)はねひろ

4月23日に京都競馬場で行われたマイラーズカップ(GII/芝外回り1600m)は、2番人気のフジキセキ産駒イスラボニータ(牡6)が直線で抜け出して1番人気のエアスピネル(牡4)らをおさえて勝利を収めた。

イスラボニータの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

フジキセキ
イスラコジーン
母の父 Cozzene
母の母 IslaMujeres
性別
馬齢 6 歳
生年月日 2011年5月21日
毛色 黒鹿毛
馬主 (有)社台レースホース
調教師 栗田博憲(美浦)
生産牧場 (有)社台コーポレーション白老ファーム
産地 浦河町
馬名意味 美しい島(西)

血統評価は?

フジキセキ産駒は京都の重賞でいい成績を残している。

イスラボニータ自身、マイルチャンピオンシップで2、3着の実績がある。同じ舞台でサダムパテックがマイルチャンピオンシップをGIを勝っているし、イスラボニータにとって、まずまず合った舞台だったと言える。

フジキセキ産駒の京都重賞における成績を見てみると……

種牡馬 勝率 複勝率 単回値 複回値
フジキセキ 11.8% 32.4% 87 103

集計期間:2010. 1. 5 ~ 2016.11.20

こういった具合に。

もっとも、今回は血統に加えてクリストフ・ルメール騎手のアシストが大きかった。

マイラーズC2017結果・動画│イスラボニータが優勝!勝因、敗因は?

ここで触れたように、今回のマイラーズカップはかなりのスローペースだった。開幕週だったこともあり、馬場は内が有利。加えてスローペースとなると、内、先行馬が圧倒的に有利なレースだったといえる。

イスラボニータは大外11番枠だった。普通なら外外を回してしまい、直線で内の馬に足元をすくわれているところだった。

しかし、ルメール騎手は向こう正面でうまいポジション取りをすると、コーナーではラチ沿いから1、2頭目の位置を確保した。全くロスすることなく、競馬を進めることができたわけだ。

なかなか勝ちきれない馬だったが、血統があったことに加えて騎手のアシストもあったことで、久々の勝利を勝ち取ることができたのだ。

次走は?

次の目標は、当然のことながら安田記念になるだろう。

絶対王者のモーリスが引退した今、十分にチャンスがあると考えられる。

ただし、安田記念はもともとサンデーサイレンス系の馬が苦手としているレースだ。例えば過去の実績を見てみると……

馬名 性齢 着順 人気
イスラボニータ 牡5 4
ロサギガンティア 牡5 5
サダムパテック 牡6 17
サダムパテック 牡5 13 8
サダムパテック 牡4 1
クレバートウショウ 牡5 8
フジサイレンス 牡6 16 16
フジサイレンス 牡5 16 18
オースミコスモ 牝4 15 17
ダイタクリーヴァ 牡5 17 8

集計期間:2002. 6. 2 ~ 2016. 6. 5

ご覧の通り、勝ち星どころか、3着以内に入ることすらできていない。そもそもフジキセキ産駒の出走が10頭しかない、というのも驚くべきことだろう。あまりこの舞台に向いていない、というのが容易に想像できる。

果たしてイスラボニータは安田記念を勝ち取ることができるのか? 現時点では簡単な戦いにはならなさそうだ。


(C)はねひろ

4月23日に京都競馬場で行われたマイラーズカップ(GII/芝外回り1600m)は、2番人気のフジキセキ産駒イスラボニータ(牡6)が直線で抜け出して1番人気のエアスピネル(牡4)らをおさえて勝利を収めた。

勝ち馬の勝因、敗れた馬たちの敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。

レース映像・動画

マイラーズカップ映像はこちらから(※JRA公式サイト→レース結果→重賞レース結果のページでご覧いただけます)

結果・着順

成績・2017年3京2/11R 読売マイラーズカップ
2017年 4月23日(日) 3回京都2日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第48回読売マイラーズカップ
4歳以上・オープン・G2(別定) (国際)(指定) 芝・外 1600m 11頭立

馬名S 性齢
11 イスラボニータ 牡6 2
4 エアスピネル 牡4 1
6 ヤングマンパワー 牡5 7
8 ブラックスピネル 牡4 3
1 サンライズメジャー 牡8 9
3 フィエロ 牡8 5
7 プロディガルサン 牡4 4
5 ダッシングブレイズ 牡5 6
2 アクションスター 牡7 10
10 9 クルーガー 牡5 8
11 10 シェルビー 牡8 11

LAP 12.4-11.2-11.7-12.1-11.4-11.3-10.8-11.3
通過 35.3-47.4-58.8-70.1
上り 68.6-56.9-44.8-33.4
平均 1F:11.53 / 3F:34.58

レース分析

前後半800mのペースを見てみると……

47.4−44.8

ペースの違いは明らかだ。上がり1位は32.8秒。もうこれ以上の上がりは使えないだけに、ほとんど位置取りの勝負になった+その中で強かったり、経済コースを通って器用に立ち回った馬が上位に来た、という解釈でいい。

例えばイスラボニータのルメール騎手は最高にうまかった。大外の11番枠に入りながら、コーナーではラチ沿いを走って直線でも内々をつけた。

ポジションや位置取りの勝負になった競馬において、このレース運びは理想的意外の何ものでもない。ルメール騎手の腕が光ったレースだったと言える。

開幕週の京都はこういうレースになりがちではあるものの、それをわかった上でそういう騎乗をしたルメール騎手はさすがだった。例えば別に田辺裕信騎手を落とすわけではないが、フローラステークスにおけるホウオウパフュームの乗り方をしていたら、少なくとも1着にはなれなかっただろう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 イスラボニータ

前述の通り、ルメール騎手の騎乗は素晴らしかった。大外枠ながら経済コースを通って、馬に負担のないレース運びをした。もともとマイルチャンピオンシップで2、3着の実績がある舞台で、条件としては悪くなかったし、力はある馬だけにうまいレース運びができればこういう結果になる。

次走は安田記念になるはず。ただ、安田記念につながるレースになったかどうかはかなり微妙。詳細は、個別回顧で。

2着 エアスピネル

ラチ沿いから3頭目を走るという、このレースにおいてある意味最も厳しい競馬をした。武豊騎手は自身を持ったからこそ、そういう騎乗をしたのだろうが、ルメール騎手に完璧に乗られてしまったため、通ったコースがそのまま着順に表れた。

それでも勝ちきれなかったのは、今後の課題になりそう。

もともと善戦しながらも勝ちきれない馬で、3歳以降に勝ったのは1回のみ。それにしても着差なし。

血統的にもそう。近親のエアシェイディは1着が7回に対し、2着が10回もあった。エアシャカールも(4−6−1−9)と2着が多かった。(エアソミュールこそ勝ちきっていたが)

ちなみに母のエアメサイアもオークス、ヴィクトリアマイルでともに2着。京都以外ではなかなか勝ちきれない馬だった。安田記念に向けて、課題となるところと言っていい。

3着 ヤングマンパワー

ペースメーカーを前において2番手につける最高の競馬となった。結果として切れ負けしてしまったのは、逆にペースがおそすぎて末脚比べになったから。この馬にとってはもう少し流れてもらって、タフな展開になったほうがよかった。

もっとも、こういうレースになっても器用に立ち回って上位に来られるのが強みでもある。

安田記念はサンデーサイレンス系が苦手なレース。この馬にとっても、ペースが厳しくなるであろうことは、いいはず。期待を持てる3着なったのではないか。

4着 ブラックスピネル

上がり32秒8で届かないのだから、今回は展開が悪かったと言わざるを得なかった。

もっとも、タニノギムレット産駒はもともと重賞における期待値が低く、人気より1つ低い順位でフィニッシュしたというのはある意味で血統に従順だった、という見方もできる。

前述の通り、安田記念はもう少し非サンデー系の馬たちに向く展開になるため、バカにされたような人気になるようであれば、見直しの必要がありそう。

5着 サンライズメジャー

もともと得意な舞台、そして絶好の展開だったのだから、もう少し上位に来たかった。もう8歳馬で、これ以上を望むのは酷か。

6着 フィエロ

悪くないレース運びだったが、直線に向いたところでイスラボニータが外に出てきた煽りをうけて進路が塞がってしまった。完全に加速のタイミングを逸したため、あとはズルズル後退というか、惰性で走ってしまった感じ。

力は出し切れていないため、ノーカウントと考えてよさそうだ。

7着 プロディガルサン

物足りない競馬だったが、上がり32秒9でこの順位なのであれば、致し方ない。展開の面が大きく、見直し可能。ただし、そこまで成長力があるかというと、やや微妙な面も。

8着 ダッシングブレイズ
9着 アクションスター
10着 クルーガー
11着 シェルビー


(C)taka

先週、高松宮記念で春のGIシリーズが本格的に開幕した。香港馬のエアロヴェロシティ(騙7)が勝利を収め、売り上げ、入場者数ともに前年を大幅に上回るなど、好スタートを切った。

今週はGIのない“谷間の週”だ。しかし、普通の“谷間の週”ではない。GI馬7頭が集結する“超GII”産経大阪杯があるのだ。

ダービー馬キズナ、皐月賞馬イスラボニータとロゴタイプ、天皇賞秋馬スピルバーグなど、超豪華なメンバーが集った。もはや普通のGIよりワクワクするレースといっても過言ではない。

そんな大阪杯を当サイト編集長のJINが展望する。

産経大阪杯出走予定馬

2015年 4月 5日(日) 2回阪神4日目 15頭 [仮想出馬表]
【11R】  第59回産経大阪杯
4歳以上・オープン・G2(別定)(国際)(指定) 芝2000m・内 (B)

馬名 性齢 斤量
イスラボニータ 牡4 58
エアソミュール 牡6 57
カレンブラックヒル 牡6 57
キズナ 牡5 57
キングズオブザサン 牡4 56
ショウナンパンドラ 牝4 55
スピルバーグ 牡6 58
ゼロス 牡6 56
タガノグランパ 牡4 56
ダノンヨーヨー 牡9 56
デウスウルト セ7 56
トラストワン 牡7 56
ムスカテール 牡7 56
ラキシス 牝5 55
ロゴタイプ 牡5 57

中心となるのは間違いなくキズナだろう。ダービー馬であり、昨年の大阪杯を制している。前走は骨折明けの影響もあって3着に敗れたが、状態は上がっているはず。1番人気に支持されることだろう。

ただ、馬券的な妙味からいくと、信頼しすぎるのはよくないという印象を受ける。前走は休み明けだったとはいえ、あの条件で差しきれないというのはいささか不満。「叩き2戦目=前走より走る」というのも安易な発想だ。

ディープインパクト産駒のダービー馬で鞍上武豊騎手、さらに叩き2戦目ということで過剰人気は必至。おそらく単勝は2倍台後半、ついても3倍台前半になる。能力が高いのは間違いないが、果たしてこのメンバーで10回走って3回以上勝てるほど抜けた馬だろうか? 基本的は疑ってかかりたい。

次に人気になるのはスピルバーグだろう。完全に本格化し、昨秋は天皇賞秋でGI初制覇を達成。ジャパンカップでも3着に好走した。今年は英国遠征を見据えているため、ここで無様な走りはできない。

イスラボニータは休み明けの中山記念で圧倒的な1番人気を裏切った。叩き2戦目でどこまで巻き返すか。さらに牝馬ながら有馬記念で6着となったラキシスも有力馬の1頭だ。エリザベス女王杯で牝馬の頂点に立ち、牡馬との対戦においてもオールカマー2着の実績がある。侮ることのできない1頭だ。

1頭注目馬を挙げるとするならデウスウルトか。今回はGI馬が集結することで人気にならないはず。しかも7歳馬ということで嫌われるのは必至だ。

しかし本格化以降の走りは安定して、このメンバーに入っても無様な走りはしないだろう。休み明けのGI馬より実力を発揮する可能性が高い反面、人気にはならないだろうから、期待値が高い馬の1頭として注目しておきたい。

どんな結果に終わるか分からないが、この中から必ず、2015年のGI戦線の主役を担う馬が誕生するはずだ。GI以上に豪華なGIIの激戦に期待したい。

(一部を『JIN競馬』より抜粋)


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る