タグ:アンビシャス

なぜアンビシャスはGIで勝てないのか?安田記念凡走の裏にある根深き問題

(C)はねひろ

またしてもGIの壁を越えることはできなかった。

6月4日に東京競馬場で行われた春のマイル王決定戦・安田記念(GI/芝1600m)で、7番人気のディープインパクト産駒サトノアラジンが優勝し、GI初制覇を果たした。5番人気に支持されたアンビシャス(牡5)は15着と惨敗した。

なぜアンビシャスは敗れてしまったのか? 徹底的に検証していこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

ディープインパクト
カーニバルソング
母の父 エルコンドルパサー
母の母 カルニオラ
性別
馬齢 5歳
生年月日 2012年2月17日
毛色 黒鹿毛
馬主 近藤英子
調教師 音無秀孝(栗東)
生産牧場 辻牧場
産地 浦河町
馬名意味 大望のある

レースに参加せずに終わった安田記念

まずは安田記念を振り返ってみよう。

アンビシャスは内枠からスタートし、最後方付近から競馬を進めた。ペースは流れ、後方の馬にとって最高の展開となった。実際、2着のロゴタイプを除き、差し馬が上位を独占する結果となった。

だが、アンビシャスは直線で進路を失い、外へ外へと流れていった。結局、前に壁がなくなったときには大勢が決してしまい、横山典弘騎手も本気で追うことはなかった。もっとも、それにしてもアンビシャスの伸びは精彩を欠いていた。

繰り返される負のサイクル

今回は前が開かないというアクシデントが最大の敗因だった。それは間違いないだろう。

もっとも、差し馬は常に不利を受けるリスクを背負っている。今回の場合、差し馬に有利な流れになりながら、それでも不利を受けてしまった。例えば先行馬であれば流れが向かないことはあっても、前が詰まったり、他の馬から不利を受けたりするようなことはめったにない。

だが、アンビシャスは差しにこだわり続けている。

理由はいくつかあるだろう。馬の特性、騎手との相性、展開のあや……。もっとも、最大の理由は、“師の意向”と言っていい。

アンビシャスを管理する音無秀孝調教師は“差し馬至上主義”、あるいは“逃げ、先行馬嫌い”として知られている。

かつて音無調教師はミッキーアイルを差し馬にしようと試みた。ときには逃げて勝ったにもかかわらず不満を漏らし、控えて負けたにもかかわらず満足気な発言をしていたほどだ。

要するに、アンビシャスが差し競馬を続ける背景には、師の強い意向があるわけだ。

アンビシャスは「追い込み一辺倒の馬」なのか?

しかし、実際のところ、アンビシャスが差しにこだわる絶対的な理由はないと考えられる。

なぜなら、先行して結果を出してきた実績があるからだ。

レース名 着順 通過順
安田記念G1 15    17-16
大阪杯G1  13-14-13
中山記念G2  08-08-07
天皇賞秋G1  14-12-10
毎日王冠G2  09-09-09
宝塚記念G1 16  03-03-03
産経大阪G2  02-02-02
中山記念G2  10-09-09
天皇賞秋G1  08-08-08
毎日王冠G2  13-13-12
ラジオNIHG3  09-10-06
プリンシ  14-12-11
毎日杯G3    07-03
共同通信G3  03-03-03
千両賞500*    07-07
新馬    04-03

集計期間:2014.11.16 ~ 2017. 6. 4

宝塚記念を除けば4角で5番手以内につけたレースは(2−0−3−0)。特に産経大阪杯では現役最強馬のキタサンブラックを下している。

にもかかわらず、音無調教師はアンビシャスが先行することに消極的だ。それどころか、レース前には「他力本願でしまい一辺倒の馬。まずは流れてほしいね」と、先行したことがないかのような発言を残している。

もちろん、今回のように流れが差し馬に向き、直線で不利を受けなければGIを勝つチャンスはあるだろう。もっとも、果たして何度、そのチャンスが訪れるのだろうか?

アンビシャスには先行して勝利してきた実績がある。キタサンブラック、ショウナンパンドラ、そしてラブリーデイを封じるほどの走りができるのだ。今後、再び前での競馬を試みない理由があるだろうか?

競走馬が絶頂期でいられる時間は短い。アンビシャスがこのまま差し競馬にこだわり続けるなら、GIのタイトルを取れずに競走馬生活を終えるという未来に、現実味が帯びてくるのではないか。

なお、前述のミッキーアイルはGIを2勝している。

その時の3、4コーナーの通過順は、どちらも「1−1」だった。


(C)Ko-Mei

2歳から期待されていた素質馬が、ついに悲願のGI制覇を成し遂げた。

6月4日に東京競馬場で行われた春のマイル王決定戦・安田記念(GI/芝1600m)で、7番人気のディープインパクト産駒サトノアラジン(牡6)が、8番人気のロゴタイプを押さえて勝利した。1番人気のイスラボニータは8着だった。

勝ち馬の勝因、敗れた馬たちの敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。

結果・着順

2017年 6月 4日(日) 3回東京2日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第67回安田記念
3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) 芝 1600m 18頭立

馬名S 性齢
14 サトノアラジン 牡6 7
16 ロゴタイプ 牡7 8
6 レッドファルクス 牡6 3
7 グレーターロンドン 牡5 6
8 エアスピネル 牡4 2
12 ビューティーオンリー セ6 9
18 ステファノス 牡6 4
15 イスラボニータ 牡6 1
10 クラレント 牡8 14
10 5 コンテントメント セ7 12
11 9 ロンギングダンサー 牡8 18
12 3 サンライズメジャー 牡8 17
13 2 ディサイファ 牡8 15
14 13 ロジチャリス 牡5 13
15 4 アンビシャス 牡5 5
16 17 ヤングマンパワー 牡5 11
17 1 トーキングドラム 牡7 16
18 11 ブラックスピネル 牡4 10

LAP 12.2-10.6-11.1-11.6-11.6-11.0-11.3-12.1
通過 33.9-45.5-57.1-68.1  上り 68.7-57.6-46.0-34.4  平均 1F:11.44 / 3F:34.31

払い戻し

単勝  14 \1240
複勝  14 \380 / 16 \440 / 6 \340
枠連  7-8 \590 (2)
馬連  14-16 \10480 (40)
ワイド 14-16 \2870 (33)/ 06-14 \2730 (30)/ 06-16 \2720 (29)
馬単  14-16 \20410 (75)
3連複 06-14-16 \43500 (128/816)
3連単 14-16-06 \283000 (797/4896)

レース分析

まずはレースラップを見てみよう。

12.2-10.6-11.1-11.6-11.6-11.0-11.3-12.1

昨年は12頭立てと少頭数だったため、スローペースになった。

しかし、今年は安田記念らしいラップが刻まれた。最初の一ハロンを除き、すべて11秒6以下という厳しい展開となったのだ。最後の一ハロンで1秒近く減速した点が、我慢比べのレースになったことを示している。

かなり厳しいレースとなったため、マイペースで逃げられたロゴタイプを除き、先行勢は総崩れとなった。厳しい展開を差してこられる力のある馬が上位に来るようなレースだったと言っていいだろう。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 サトノアラジン

悲願のGI初制覇をようやく成し遂げられた。

道中は後方待機となったが、結果としてペースが流れたことが幸いする形となった。直線では大外に出したが、追える川田将雅騎手に導かれて直線で弾けた。

もともとディープインパクト産駒ながら1400mが得意な馬で、ペースが流れた中で驚異的な末脚を使って追い上げる……という競馬を得意としている。今回の安田記念はペースが全く緩まず、かつ差し馬が台頭できる流れになった。(ペースが“適度に”流れるだけでは、前に行ったスタミナのある馬に粘り込まれてしまう。)スローペースを圧倒的な末脚で差し切るタイプではないことは、前走の京王杯スプリングカップや昨年の安田記念を見ても明らか。展開が味方したことは大きかった。

もっとも、流れが向いただけではない。この馬には2歳から期待されるだけのポテンシャルがあった。

ディープインパクト×ストームキャットの組み合わせは、GI馬を何頭も輩出している“黄金配合”だ。しかも全姉のラキシスはエリザベス女王杯の覇者。姉が遅咲きだったように、サトノアラジンもようやく本格化し、順番が回ってきたということだ。

GI級のポテンシャルを秘めた馬に、流れが向いた。それが勝因だったと考えられる。

2着 ロゴタイプ

あと一歩のところで連覇の夢が消えた。しかし、この展開で粘るのだから改めて力があることを証明したと言っていい。

ロゴタイプ以外の先行勢は全滅だった。かつ、昨年はスローペースの中で、今年はペースが流れた中で上位に来てみせた。

これからも、まだまだ活躍してくれそうだ。

3着 レッドファルクス

実力に加え、差し馬が台頭できる1400m的な流れになったことが大きかった。

それだけに、直線で前が壁になり、追い出しが遅れたことが痛かった。もし仮にスムーズな競馬ができていたとしたら、上位2頭との差はもっと詰まったかもしれない。

なお、スウェプトオーヴァーボード産駒がマイル以上のGIで馬券に絡んだのは初めてのこととなった。

距離 着別度数
1200m 1- 1- 1- 4/ 7
1600m 0- 0- 0-12/12
2000m 0- 0- 0- 1/ 1
2400m 0- 0- 0- 1/ 1

4着 グレーターロンドン

やや前が壁になっていたが、400mを過ぎたあたりで前が開けた。追い出すと、一時は先頭に立つかという勢いだったが、最後の一ハロンで伸び切らず、サトノアラジンらの後塵を拝す格好になった。

厳しい流れの中、重賞の経験がない中では立派な結果だったといえる。ただし、最後の一ハロンで踏ん張りきれなかったあたりを見ると、休み明けや臨戦過程に順調さを欠いた影響があったのかもしれない。

もっとも、GIでもやれる力があると証明しただけに、今後が期待されるところだ。5歳馬だが、まだキャリアわずか7戦。まだまだ成長の余地はあるだろう。

5着 エアスピネル

非常にもったいない競馬となってしまった。

厳しい流れを後方から追走するという完璧なレース運びだったが、最後の直線で前が開かなかった。内に進路を取ったものの、前が塞がり、追い出せたのは残り200mを過ぎてから。そこからは全頭の中でも一番の伸びをみせ、猛烈に追い込んできただけに、悔やまれる敗戦となった。

デビュー以来、コンビを組んでいる武豊騎手にとって、悔やんでも悔やみきれないレースとなったのではないか。

6着 ビューティーオンリー

位置取り、直線での追い出しのタイミングも含めてスムーズな競馬だった。力は出し切った上での6着だったと考えられる。

7着 ステファノス

一時は突き抜けるかという手応えで上がっていたが、最後の200mで我慢しきれなかった。

大外枠から終始外外を回る展開、久々のマイル戦が究極のスピード勝負になった点に対応しきれなかったのかもしれない。

8着 イスラボニータ

直線で前を塞がれて完全に行き場を失ってしまった。

残り300mを切ってから追い出されたときには末脚の鋭さもなく、沈むことに。今回は不利があったことに尽きる。

9着 クラレント

位置取りはやや前だったが、不利もなく、力を出し切った。

10着 コンテントメント

厳しいペースを先行して潰れる形に。展開的に厳しかった。

11着 ロンギングダンサー

展開は向いただけに、力負け。

12着 サンライズメジャー

厳しいペースを先行して潰れる形に。展開的に厳しかった。

13着 ディサイファ

厳しいペースを先行して潰れる形に。展開的に厳しかった。

14着 ロジチャリス

力負け。

15着 アンビシャス

この馬も直線で前がふさがり、行き場を失って外へ外へ流れる形になってしまった。

こういう展開になると横山典弘騎手は馬の消耗を考えて本気で追うことはない。

全く競馬をしないまま、この順位に収まったというわけだ。次走を見据える意味で、今回はノーカウントでOKだろう。

16着 ヤングマンパワー

厳しいペースを先行して潰れる形に。展開的に厳しかった。

17着 トーキングドラム

力負け。

18着 ブラックスピネル

厳しいペースを先行して潰れる形に。展開的に厳しかった。


アンビシャスの血統や将来性は?ラジオNIKKEI賞勝ち馬を徹底分析!

(C)minafl

7月5日に福島で行われた3歳馬によるハンデ戦・ラジオNIKKEI賞(GⅢ/芝1800m)は、1番人気のトップハンデ馬アンビシャスが他馬を寄せ付けない完勝を見せ、秋への弾みをつけた。

アンビシャスの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

アンビシャスは父ディープインパクト、母カーニバルソング、その父エルコンドルパサーという血統。ディープインパクト産駒によるラジオNIKKEI賞制覇は、11年フレールジャック(中山開催)、12年ファイナルフォームに続いて3度目。

日本で活躍する近親馬はいないが、近いところでは母母カルニオラの全弟エグザルテイションが愛国2000mのGⅢ勝ち馬。そして3代母カーニバルスピリットの半弟には90年の凱旋門賞馬ソーマレズがいて、近親にはその他ヨークシャーオークスなど英国・愛国でGⅠ3勝のラッシュラッシャーズなど活躍馬が多数出ている良血だ。

父ディープインパクト×母父エルコンドルパサーという配合からは、今年のマーメイドS2着馬マリアライトが出ていて、母母父がナスルーラの血を引くというところも共通している。また、エルコンドルパサー自身の母父がサドラーズウェルズなため、母父エリシオで母母父リヴリアのファタモルガーナ(ステイヤーズS2着2回)や、母父モンジューのエタンダール(12年青葉賞2着)にも似た配合となっている。

共通するイメージとしては、一瞬のキレを使うのではなく、じわじわと加速して長く脚を使うという部分。アンビシャスはこれらの馬以上の瞬発力、スピードも備えている。

ドゥラメンテ、リアルスティールの3着に好走した共同通信杯はもちろん、内有利の馬場で大外枠から終始かかりながら3着に来た毎日杯、東京芝2000mでは圧倒的に不利な8枠16番からかなりの距離ロスをしながら完勝したプリンシパルステークスで見せたスタミナも一級品。

加えて凱旋門賞馬も輩出した母系も鑑みれば、底力が問われる展開でもタフな馬場であっても、これから中距離路線のトップクラスで活躍していくことは間違いないだろう。

【関連記事】
アンビシャスがGI好走馬になる3つの根拠とは?キャリアで示す絶対能力の高さ
エスティタートの血統や将来性は?デビュー勝ちの素質馬を徹底分析
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク


アンビシャスがGI好走馬になる3つの根拠とは?キャリアで示す絶対能力の高さ

(C)minafl

圧巻のパフォーマンスを披露した。

7月5日に福島競馬場で行われたラジオNIKKEI賞(GIII/芝1800m)でディープインパクト産駒のアンビシャスが1番人気に応える差しきり勝ちを収めた。3馬身半差をつける圧勝劇によって自身の能力を示した格好となった。

もっとも、アンビシャスがGI級の力を示したのはこのレースが初めてではない。

今回は彼のキャリアを振り返り、GI戦線で活躍する可能性が高い理由を探っていこう。

GI級の戦い/共同通信杯

アンビシャスが最初に才能を示したのは共同通信杯だった。

なんといっても共同通信杯はメンバーレベルが超ハイレベルだった。

1着 リアルスティール→皐月賞2着、ダービー4着
2着 ドゥラメンテ→2冠馬
4着 ミュゼエイリアン→毎日杯1着
5着 アヴニールマルシェ→NHKマイルカップ4着

上位馬は例外なく重賞で好走している。特にドゥラメンテとリアルスティールの3着だったのだから、勝ちの高さは計り知れない。

しかもアンビシャスは外枠からスタートしてリアルスティールに比べるとロスのある競馬をしていた。それで0.3秒差しかついていないのだから、「負けて強し」と言っていい。

共同通信杯で上位に来た時点で「重賞級」もしくは「GI好走レベル」と言えたわけだ。

明らかな不利を乗り越えて/プリンシパルステークス

さらにプリンシパルステークスの走りも振り返りたい。

プリンシパルSは東京芝2000mで行われる。同コースといえばスタート直後のコーナーを迎えるため、外枠が不利なコースとして有名だ。

事実、過去10年のプリンシパルステークスで8枠に入った馬は(0−0−2−24)と全く振るっていなかった。そんな中、アンビシャスは8枠16番に入った。レース前から明確な不利があったわけだ。実際、アンビシャスはコーナーで終始ラチから4、5頭目を通り、距離を相当ロスしていた。

しかし、抜群の手応えで直線を迎えると、ルメール騎手のゲキに応えて豪快に差しきってみせた。結局、出走権を手にしながらダービーをパスしたものの、出ていれば「もしかすると」と思えるような秀逸な走りだった。

【次のページヘ】ラジオNIKKEI賞でアンビシャスが示した能力とは?

ページ:

1

2

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る