驚異のスタミナ!ステイゴールド産駒のJRA長距離GI勝率が11年以降60%に

(C)sleep

“長距離王決定戦”天皇賞春(GI/芝3200m)が5月3日に京都競馬場で開催され、2番人気のステイゴールド産駒ゴールドシップ(牡6)がGI通算6勝目となる勝利を挙げた。

スタミナ自慢のステイゴールド産駒は昨年、一昨年のフェノーメノに続き、淀の芝3200mで3連勝。また、長距離レースでの強さは天皇賞春に限らない。JRA主催の2500m以上の芝GIでは2011年以降、13レース中8レースでステイゴールド産駒が勝っている。

2011年:菊花賞、有馬記念(いずれもオルフェーヴル)
2012年:菊花賞、有馬記念(いずれもゴールドシップ)
2013年:天皇賞春(フェノーメノ)、有馬記念(オルフェーヴル)
2014年:天皇賞春(フェノーメノ)
2015年:天皇賞春(ゴールドシップ )

勝率は実に60%を超えている。

この他、ステイゴールド産駒はフランスの凱旋門賞(GI/芝2400m)で3度の2着(オルフェーヴル2回、ナカヤマフェスタ1回)を記録。日本の長距離GIと、日本よりスタミナが問われる欧州の大レースで結果を残したことで“JRA屈指のスタミナ種牡馬”の地位を確立している。

おすすめコラム

キズナと武豊が天皇賞春で惨敗した5つの理由と英断への期待
稀代のバイプレーヤー!ウインバリアシオンとステゴ産駒の“闘争”の歴史
華麗なるレーヴドスカー一族!驚異の優秀さと垣間見える“呪い”
「競馬=ギャンブル」と嫌悪感を抱く人へ!「馬券=入場料、観戦料」である
影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない



この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る