ステファノス騎乗の福永騎手「またチャレンジしたい」/QE2世C

(C)Slime

4月26日にシャティン競馬場で行われた香港GIクイーンエリザベス2世カップ(芝2000m)で、日本馬のステファノス(牡4)が2着となった。勝ったのは6歳騙馬のブレイジングスピード 。3着は豪州GIクイーンエリザベスステークスを制したクライテリオン(牡4)だった。

ステファノスに騎乗した福永祐一騎手のコメントをJRAの公式HPが伝えている。

福永騎手は、「今回は初めてでしかも1頭だけの遠征ということで、調整は難しかったと思うが、スタッフの頑張りのおかげで馬のコンディションは良かったです。4コーナーでスペースがあればという思いはあるが、馬は頑張っているし、良い走りを見せてくれたと思います」と話し、パートナーをたたえた。

さらに、「香港の重めの芝は合っていると思うし、またチャレンジしたいと思わせる内容でした」と語り、次なる挑戦へ視線を向けた。

おすすめコラム

「競馬=ギャンブル」と嫌悪感を抱く人へ!「馬券=入場料、観戦料」である
影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない
遂に本格化!良血馬サトノアラジンの未来に期待する4つの理由
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血
乗り遅れると損するよ?柴山雄一という“2015年で一番買える騎手”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る