ステファノスがG1クイーンエリザベス2世Cへ向け香港に到着「少しナーバスに」

(C)minafl

香港のシャティン競馬場で4月26日に行われるクイーンエリザベス2世カップ(G1/芝2000m)に出走予定のステファノス(牡4)が、現地に到着した。JRAの公式HPが伝えている。

ステファノスは16日19時過ぎの便で日本を経ち、翌17日の日本時間午前2時前にシャティン競馬場に到着した。

藤原英昭厩舎の藤原和男調教助手は、「何もかも初めてだったので少しナーバスな面を見せてはいましたが、これから少しずつ慣れていってくれると思います」と話している。

ステファノスは父ディープインパクト、母ココシュニック、母父クロフネという血統。2歳の12月に3戦目で初勝利を挙げると、2勝目を経て皐月賞へ出走した。15番人気という低評価を覆し、イスラボニータから0.4秒差の5着に入選。力があるところを示した。その後、白百合ステークスを1番人気で快勝し、昨年10月の富士ステークスで重賞初制覇を飾った。今年の始動戦は中山記念で4番人気3着となっている。

関連記事

岩田康誠という天才勝負師…“神騎乗”の数々と驚異のGI回収率
追加登録料1700万円の凱旋門賞を模範に!皐月賞のフルゲート割れ問題を考える
【皐月賞2015】サトノクラウン良血度診断…全姉は英GI馬ライトニングパール
ルージュバックは桜花賞でなぜ負けたのか?“優等生”マンカフェ産駒の呪縛
ダサいなんて言うな!レッツゴードンキの真の強さと岩田康誠騎手の判断力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る