スマートオーディンと武豊騎手が躍動!東京スポーツ杯2歳S1着馬の血統や将来性は?

(C)masakin0712

ページ:
1

2

東スポ杯2歳Sで達成した史上2頭目の快挙

東スポ杯2歳Sは出世レースとして知られている。ここを勝ったということは、将来への展望が大きく広がったということだ。

もっとも、今年のレースレベルはあまり高くない。道中、13秒台のラップが2度も刻まれる超スローペースだったことで完全に上がり勝負となったためだ。ペースが流れる傾向にあるクラシックへ対応できるかどうかの“裏付け”としては少々弱い。

しかし、それでもスマートオーディンのパフォーマンスは秀逸だった。

なんといっても上がり3ハロンの数字が32秒台だったのだから。距離・クラスを問わず、東京の2歳戦で上がり32秒台が記録されたのは史上2度目。それほど秀逸な末脚だったのだ。

ちなみに1度目に快挙を達成したサトノグロリアスは故障が判明して長期休養を余儀なくされている。ポテンシャルを秘めながら才能を開花できなかったわけだ。

日本の競馬において上がりで速い脚を叩き出せるというのは列記とした才能だ。スマートオーディンも順調に行けば、より大きなところで活躍できる可能性は十分にある。

気をつけたいのは……

今のところ、唯一にして最大の不安要素は故障ではないだろうか。

一般的に走破時計が早かったり、上がりの数字が速かったりする場合、競走馬の脚に負担がかかっている可能性がある。事実、前述のサトノグロリアスもレース後に故障が判明して長期休養を余儀なくされた。

また、お父さんのダノンシャンティはNHKマイルカップを驚異のレコードタイムで勝った後、ダービー直前に故障によって戦線を離脱している。

出世レースで秀逸な末脚を披露し、才能の片鱗を示しただけに、今後のキャリアを順調に送っていってほしいところだ。

【関連記事】
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない
「昔の競馬は熱かった。今はクソ」なんて老害にならないためにすべきこと
3連複の買い方!1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?
初心者が3連複で万馬券を当てるための最良のフォーメーションとは?

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る