秋華賞2017の予想データ分析…アエロリットは勝てない?1番人気濃厚馬が抱える呪縛


(C)Ko-Mei

「勝率0%」

1番人気濃厚の馬が、このデータを持っていたとしたら、あなたはこの馬を自信を持って買えるだろうか?

今週は京都競馬場で牝馬クラシック最終戦の秋華賞(GI/芝内回り2000m)が行われる。人気を集めそうなのが、NHKマイルカップを制したアエロリットだ。悲願のクラシック制覇を成し遂げられるのか、注目されている。

もっとも、アエロリットに関して調べていくと“致命的な事実”に行き当たる。今回は、実力馬が抱える不安にスポットを当てていこう。


クロフネ産駒が抱える血統的な呪縛

シンプルな話で、クロフネ産駒はいまだかつて一度も2000m以上のGIで勝ったことがない。

距離別集計

距離着別度数
1200m3- 2- 0- 6/11
1300m0- 0- 0- 0/ 0
1400m0- 0- 0- 0/ 0
1500m0- 0- 0- 0/ 0
1600m4- 7- 2-39/52
1700m0- 0- 0- 0/ 0
1800m0- 0- 0- 0/ 0
1900m0- 0- 0- 0/ 0
2000m0- 0- 1-12/13
2100m0- 0- 0- 0/ 0
2200m0- 0- 0- 8/ 8
2300m0- 0- 0- 0/ 0
2400m0- 0- 2- 8/10
2500m0- 0- 0- 0/ 0
2600m0- 0- 0- 0/ 0
2800m0- 0- 0- 0/ 0
3000m0- 0- 0- 2/ 2
3200m0- 0- 0- 1/ 1

距離勝率複勝率単回値複回値
1200m27.3%45.5%15989
1300m
1400m
1500m
1600m7.7%25.0%43133
1700m
1800m
1900m
2000m0.0%7.7%08
2100m
2200m0.0%0.0%00
2300m
2400m0.0%20.0%049
2500m
2600m
2800m
3000m0.0%0.0%00
3200m0.0%0.0%00

集計期間:2005.12. 4 ~ 2017. 5. 7

GI勝利はすべてマイル以下。カレンチャンやスリープレスナイトといった名スプリンターを出している種牡馬だけに、スピードが問われる条件のほうが本質的に向いていると判断できる。

もともとクロフネはダートとマイルGIの勝ち馬だ。2400mのダービーにも挑戦したが、見せ場なく馬群に沈んだ。マイル以下やダートで驚異的なパフォーマンスを発揮していた事実を考慮すると、能力云々ではなく、単純に距離の問題で惨敗したと判断していいだろう。

サッカーボーイのように、本質的にスタミナはあるにもかかわらず、気性の問題でマイル以下でしか走れなかったような馬もいる。実際、そういったタイプの馬は種牡馬になってから長距離GIウィナーを輩出することが多い。

しかし、クロフネは気性面の問題を抱えていたわけではない。単純に、本質的なスタミナ量があまり多くないのだ。

GIIIまで対象を拡げたとしても…

なお、対象をGIから重賞に拡げてみても結果は同じだ。

距離別集計

距離着別度数
1000m1- 0- 2- 3/ 6
1150m0- 0- 0- 0/ 0
1200m10- 7- 6- 57/ 80
1300m0- 0- 0- 0/ 0
1400m5- 4- 4- 38/ 51
1500m0- 0- 0- 0/ 0
1600m9- 12- 8-107/136
1700m0- 0- 0- 0/ 0
1800m5- 3- 2- 50/ 60
1900m0- 0- 0- 0/ 0
2000m0- 6- 5- 62/ 73
2100m0- 0- 0- 0/ 0
2200m0- 0- 0- 15/ 15
2300m0- 0- 0- 0/ 0
2400m0- 1- 2- 14/ 17
2500m0- 0- 0- 3/ 3
2600m0- 0- 0- 0/ 0
2800m0- 0- 0- 0/ 0
3000m0- 0- 0- 3/ 3
3200m0- 0- 0- 1/ 1
3400m0- 0- 0- 1/ 1
3600m0- 0- 0- 2/ 2

距離勝率複勝率単回値複回値
1000m16.7%50.0%5893
1150m
1200m12.5%28.8%75136
1300m
1400m9.8%25.5%68119
1500m
1600m6.6%21.3%4791
1700m
1800m8.3%16.7%4833
1900m
2000m0.0%15.1%0106
2100m
2200m0.0%0.0%00
2300m
2400m0.0%17.6%037
2500m0.0%0.0%00
2600m
2800m
3000m0.0%0.0%00
3200m0.0%0.0%00
3400m0.0%0.0%00
3600m0.0%0.0%00

集計期間:2005.10. 1 ~ 2017. 8.13

クロフネ産駒は2000m以上の重賞を勝ったことがない。

つまり、アエロリットはクロフネ産駒が長年抱えてきた“呪縛”に勝つことが求められるわけだ。

果たして、アエロリットは金字塔を打ち立てることができるのか?

一つ確かなのは、「勝率0%」のデータを持つ一番人気馬の単勝を買うことは、この上なくリスキーということだ。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る