シャドウアプローチはきっと強いよ?函館2歳Sまさかの除外も今後に注目したい理由

函館2歳ステークスの出走予定馬が確定しました。

3分の2の抽選ではメジェルダとコスモフレンチが突破。出走すれば人気の一角になると見られていたシャドウアプローチ(牡2)はまさかの除外となってしまいました……。

とはいえ、この馬、出走していれば好勝負になっていたかもしれません。今回は函館2歳Sで買えた理由を紐解くとともに、シャドウアプローチの可能性について書いていきましょう。

秀逸だったパフォーマンス

まず注目したいのは新馬戦のパフォーマンスです。

敗れはしたものの、レースの内容は濃かった。(開幕週なので当然といえば当然ですが)走破タイムの1分10秒フラットは今年、函館で行われた2歳新馬、未勝利の最速タイムです。

勝ち馬のオデュッセウスは函館2歳ステークスで人気上位に支持される見込み。その相手に一歩も引かないどころか、内容的には勝るとも劣りませんでした。

オデュッセウスが1枠1番という絶好枠だったのに対し、シャドウアプローチは9番枠。オデュッセウスが好スタートと枠順の利からすんなりハナを切れたのに対し、シャドウアプローチは内の馬たちに阻まれてコーナーで外外を回る展開になってしまいました。

その上で直線でしっかりと伸び、上がり最速タイムを記録しました。オデュッセウスには届かなかったものの、中身のあるレースだったわけです。

続く未勝利戦では力を見せつけるように0.4秒差で圧勝しました。この点だけ見ても、函館2歳Sで勝負になったといえるでしょう。

【次のページヘ】函館2歳Sで勝負になった理由その2とは?

ページ:

1

2


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る