日本ダービー(2015年)サトノラーゼン良血度診断!母は仏1000ギニー2着

(C)夢想

2015年の牡馬クラシック第2戦、東京優駿・日本ダービーが5月31日に東京競馬場で開催される。『競馬TIMES』では予想に欠かすことのできない血統にフォーカス。出走各馬の“良血度”を解説していく。

※良血度…血統レベルを総合的に判断したもの。特定のレースで合う・合わないというものではなく、その馬本来の血統レベルを示す。良血度が高いほど、大レースで活躍する期待値が高い

スポンサーリンク

サトノラーゼン

父ディープインパクト
キャリア:14戦12勝
主な勝ち鞍:クラシック3冠、ジャパンカップなどGI7勝
代表産駒:キズナ、ジェンティルドンナ、ディープブリランテなど

言わずと知れた“史上最強馬”。皐月賞、日本ダービー、菊花賞のクラシック3冠を制し、古馬になってからも圧倒的な強さでジャパンカップや有馬記念を制した。種牡馬としてもサンデーサイレンスの後継種牡馬として地位を確立した。日本ダービーではキズナとディープブリランテで2勝を挙げている。

母トゥーピー

英国産馬で現役時代はフランスで活躍。1100mで争われる2歳GⅢのアランベール賞を勝ち、仏1000ギニー(日本の桜花賞に相当)で2着に入った。その父IntikhabはGIで勝っていないものの、エリザベス女王杯を連覇したスノーフェアリーを輩出している。

良血度:B

母はGI戦線で活躍したため、母系のスケール感は悪くない。ディープインパクトが筋肉質の短距離母系と相性は良いのも好印象だ。ただし、ロベルト系との相性はあまり良くなく、重賞を制したのはサトノラーゼンが初めて。ロベルトとの配合だとディープインパクトのスピードが殺されてしまうため、瞬発力が求められるGIではどうか。府中のGIというよりローカル重賞が合いそうなタイプ。

●おすすめ記事→サトノラーゼンの血統・将来性は?京都新聞杯の覇者を徹底分析

【関連記事】
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力
ミッキークイーンに続け!ダービー別路線組の動向〜青葉賞、京都新聞杯など〜
日本ダービー血統考察!買えるのはドゥラメンテ?リアルスティール?
ダービーでこそ! サトノクラウンが皐月賞惨敗から巻き返す3つの根拠
日本ダービーに関する記事一覧はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る