サトノダイヤモンドの血統や将来性は?新馬戦快勝の良血馬の未来を考察

サトノダイヤモンドの将来性は?

血統は一流、新馬戦のパフォーマンスもとても高かった。少しでも競馬を見たことのある人間なら、あの走りを見れば「重賞でやれる器がある」と感じたのではないだろうか?

実際、重賞レベルでも活躍できる素質を持っていると考えられる。

例えば新馬戦を振り返ってみよう。

サトノダイヤモンドは京都芝内回り2000mの新馬戦で勝った。走破タイムは2分3秒8。4コーナーで3番手と先行しながら上がり最速の末脚で2着に0.4秒差をつけている。

この内容がよかった。過去5年で同じような新馬戦の内容だった馬を抽出してみた。

条件
・京都芝内回り2000m
・4コーナー4番手以内の先行馬(少頭数、マクリは除外)
・上がり2位以内
・2位以内

この条件に合致した馬は2010年以降、16頭。うち、今年の2歳馬を除くと13頭になる。この馬たちを見てみると……

シャイニングレイ(ホープフルS1着)
ラストインパクト(京都大賞典、金鯱賞1着)
テイエムダイパワー(OP馬)
アルキメデス(朝日チャレンジカップ1着)
アドマイヤラクティ(コーフィールドカップ1着)

うち5頭がOP馬、うち4頭が重賞ウィナーという顔ぶれになっている。かなり高い確率で出世しているわけだ。

また、ディープインパクト産駒は馬体重が重たい方が高いパフォーマンスを発揮する傾向にある。今までGIを勝った馬たちの馬体重を見てみると……

キズナ 500キロ前後
スピルバーグ 500キロ前後
ディープブリランテ 460キロ前後
リアルインパクト 520キロ前後
ミッキーアイル 480キロ前後
ダノンシャーク 450キロ前後

ご覧のとおり、ダノンシャークを除くと460キロ以上、過半数の3頭が500キロ以上の巨漢馬だ。ディープインパクト自身は小さな馬だったが、産駒は馬格があったほうがGIレベルで活躍できる可能性が高いのだ。

サトノダイヤモンドは馬体重502キロ。充分な馬格がある。ポテンシャルはあるということだ。

以上のように、過去の出世馬たちと照らしあわせてみても「悪くないスタートを切った」ことは明らかだろう。

今後、どんな走りを見せるのか、どこまで成長してくれるのか。今から楽しみだ。

【関連記事】
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない
「昔の競馬は熱かった。今はクソ」なんていう老害にならないために僕らがすべきこと
3連複の買い方!1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?
初心者が3連複で万馬券を当てるための最良のフォーメーションとは?

ページ:
1

2



この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る