サトノアラジンの血統や将来性は?エプソムカップでエイシンヒカリと対戦へ


(C) Yusuke Tsutaya

5月23日に東京競馬場で行われたオープン特別・モンゴル大統領賞(OP/芝1800m)は、サトノアラジン(牡4)が1番人気に応える豪快な差し切り勝ちを収めた。2歳時から多大な期待を背負ってきた馬が、ついに本格化の時を迎えたか。

サトノアラジンの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。


血統評価は?

サトノアラジンは父ディープインパクト、母マジックストーム、その父ストームキャットという血統。昨年のエリザベス女王杯を制し、今年の大阪杯でキズナに土をつけたラキシスの全弟に当たる。

父ディープインパクト、母父ストームキャットは13年の桜花賞馬アユサン、同年のダービー馬キズナ、今年の皐月賞で2着となったリアルスティールなどと同配合で、強力なニックスといっていい。

全姉のラキシスが、フローラステークスで11着に終わり、秋華賞に間に合わなかったように、どちらかといえば遅咲きの血統だ。サトノアラジンも東京スポーツ杯2歳ステークスで1番人気になるなど、早くから期待されていたものの、春のクラシックには出走が叶わなかった。

しかし、菊花賞では直線で前をカットされる不利を受けながらも6着と、徐々に実力を発揮し始めていた。その後はかかる気性も考慮され、距離を短縮して準オープン、オープン特別と連勝。今後もマイルから2000mでの活躍が期待できそうだ。ただし、難しい気性のため、ハイペースのマイル戦のあとの距離延長となった場合などは注意したい。

次走が試金石に

次走に予定されているエプソムカップでは、同じ父ディープインパクト×母父ストームキャットのエイシンヒカリとの対決が注目される。

エイシンヒカリの緩めない逃げならば、この馬にとっては追走しやすくなる可能性が高く、長い直線で末脚をフルに発揮できそうだ。全姉ラキシスのように、4歳を大きな飛躍の1年と出来るか。まずはここが試金石となる。

【関連記事】
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力
ミッキークイーンの血統や将来性は?オークスの覇者を徹底分析
インカンテーションの血統や今後の展望は?平安ステークスの覇者を徹底分析
ルージュバックの血統や将来性は?オークス2着馬を徹底分析
レッツゴードンキがオークスで惨敗したワケ〜血と展開と桜花賞のしわ寄せ〜


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る