レッドデイヴィスが引退!アグネスタキオン産駒の個性派がターフに別れ

(C)arima0208

2011年の鳴尾記念などに勝ったレッドデイヴィス(騙7歳)が引退した。7月15日付でJRAの競走馬登録を抹消。今後は北海道苫小牧市のノーザンホースパークで乗馬となる予定となっている。

レッドデイヴィスは父アグネスタキオン、母ディクシージャズ、その父トニービンという血統。3歳時にシンザン記念と毎日杯を制覇した実績を持ち、グランデッツァが登場するまでは「アグネスタキオン産駒最後の大物」と評されたことも。

騙馬のためクラシックへの出走権がなかったが、シンザン記念で後の3冠馬オルフェーヴルと桜花賞馬マルセリーナを負かしたことで“隠れた世代最強馬”と言われた時期もあった。GI好走歴はないが、重賞で3勝をあげ、7歳まで息の長い活躍を見せた。

音無調教師は「普通の馬なら休ませてまた使うところですが、傷めている種子骨靭帯は、レース中に脱臼して予後不良になるケースもあるので、会員の皆さんには申し訳ない気持ちもありますが、無事なうちに引退させることになりました。重度の故障から立ち直って、よくここまで頑張ってくれたと思います。これまで厩舎の支えとなってくれた功労馬。この馬には本当に感謝していますし、ここからはゆっくり余生を過ごして欲しいです」とコメントしている。

【関連記事】
ミスユニバースが日本で人気が出ない理由とディープ産駒が夏に走らないワケ
反撃の狼煙!ハービンジャー産駒が3歳夏に躍進する3つの理由とは?
函館記念(2015年)の人気馬は?勢力図と予想オッズを展望
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
拝啓「競馬はギャンブルだから嫌い」と言って宝くじを買う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る