クインズミラーグロの血統や将来性は?紫苑ステークス1着馬を徹底検証

9月12日に中山競馬場で紫苑ステークス(OP/芝2000m)が開催され、8番人気のマツリダゴッホ産駒クインズミラーグロが差しきり勝ちを収めた。

道中、中団に待機すると、最後の直線で末脚を伸ばして1着でゴール板を駆け抜けた。

クインズミラーグロの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

クインズミラーグロは父マンハッタンカフェ、母ジャストトゥートゥー、その父In Excessという血統。

現3歳世代はマンハッタンカフェ産駒が“当たり年”。ルージュバックがオークスで2着になった他、アースライズ、クイーンズリング、シングウィズジョイなど、活躍馬が数多く出ている。

※参照→マンハッタンカフェ産駒はオークスで勝てるのか?GI馬の共通点を紐解く

クインズミラーグロはルージュバックらに続き、クラシック制覇へ名乗りを上げたことになる。

母のジャストトゥートゥーは米国産馬。繁殖牝馬としてはJRAで4勝を挙げたケイアイヘルメスを輩出している。ただし、近親に重賞戦線で活躍している馬が少なく、スケール感としては微妙といえる。

次は当然、秋華賞へ歩みを進めるはずだが、果たして好走の可能性はあるのだろうか? 次のページで探っていくことにしよう。

【次のページヘ】秋華賞での激走の可能性は?

ページ:

1

2


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る