クイーンステークス(2015年)予想考察!4つの消しデータとは?

(C)minafl

今週は札幌の開幕週にクイーンステークスが行われる。

真夏の札幌で行われる牝馬たちの戦い。レッドリヴェールが復活を目指し、ブランネージュらが秋の飛躍を目指す。

では、どんな点がポイントになるのだろうか? 今回は“4つの消しデータ”を用いて解説していこう。なお、データはすべて過去10年のものとする。

消しファクター① 斤量55.5キロ以上

クイーンSでは実績馬が不振傾向にある。

斤量55.5キロ以上
(0−0−0−5)

今まで5頭出走して5、4、5、4、2人気と、比較的上位人気に支持されたが、すべて馬券圏内に消えている。斤量を背負う実績馬より、勢いのある上がり馬のほうがベターか。

消しファクター② 馬齢

アイビスサマーダッシュもそうだったが、クイーンSでも高齢馬が不振傾向にある。

6歳以上
(1−0−1−15)

好走した2頭は2、5番人気と比較的人気サイドだった。社台グループの牝馬は6歳春で引退となり、GI戦線で戦うレベルの牝馬たちは秋に備えて休養している。高齢馬の層が薄くなる夏は激走に期待ができないわけだ。

【次のページヘ】残り2つの消しファクターとは?

ページ:

1

2


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る