超良血馬プロディガルサンが新馬戦を快勝!全兄リアルスティールのリベンジへ上々のデビュー

(C)Yusuke Tsutaya

ページ:

1

2

2015年のクラシックで苦汁をなめた兄の無念を果たすために――。

弟が上々のデビューを飾った。6月20日、東京競馬場5Rで新馬戦(2歳・芝1600m・16頭)が行われ、1番人気のディープインパクト産駒プロディガルサン(牡2)が勝利した。直線で外から各馬を差し切り、好位追走から脚を伸ばした9番人気フジマサスペシャル(牡2)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分36秒9だった。

勝ったプロディガルサンは父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー、その父Storm Catという血統。全兄リアルスティールは今年のクラシック戦線を賑わせ、皐月賞で2着、日本ダービーで4着だった。

スポンサーリンク

上々の内容

レースを振り返ると、上々の内容だった。7枠14番からスタートしたプロディガルサンは中団から競馬を進めた。終始外外を回す展開となり、距離をロスしていたが、最後はしっかりと脚を伸ばしてきた。

2、3着に入ったのが前々から内で競馬を進めていた2頭だったことを考慮すると、外を回して差し切った内容は着差以上の強さを感じさせた。レースラップを振り返ってみてもそう。

12.7-11.7-12.2-12.6-12.4-11.8-11.6-11.9

芝の新馬戦にありがちな13秒台連発の超スローペースではなかった。中盤はある程度緩んだものの、それでも12秒台半ばで流れていた。よって「上々のデビュー戦」といっていいのではないだろうか。

【次のページヘ】母系は世界的名牝系!血統評価は…?

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る