【凱旋門賞2015】フリーイーグルやイーグルトップら歴戦の古馬たち

(C) monkeywing
(C) monkeywing

今年も凱旋門賞の季節がやってきた。日本馬の参戦はないが、欧州各国のトップホースがロンシャン競馬場に一堂に会するビッグレースはやはり特別だ。特に今年は有力馬が揃って前哨戦を快勝し、「役者が揃った」感がある。ここでは有力馬を「3連覇を狙う馬」、「各国ダービー馬」、「歴戦の古馬」の3つに分けて紹介していきたいと思う。

第3回の今回は「歴戦の古馬」だ。

スポンサーリンク

フリーイーグル(Free Eagle) ~ 遅れてきた大物

まずは「遅れてきた大物」の言葉が似合う4歳馬フリーイーグルを紹介したい。デビュー戦を圧勝し、「ダービー馬候補」との呼び声があったが続くGIIIブリーダーズカップジュヴェナイルターフトライアルでは後にイギリス2冠馬となるオーストラリアの2着に敗れる。故障で1年の休養を余儀なくされ、復帰戦となった昨年9月のGIIIエンタープライズSを7馬身差の圧勝で飾り、GI初挑戦となったGIチャンピオンSではノーブルミッションとアルカジームの壮絶な一騎打ちの1馬身1/4差の3着に敗れたが、4着以下は3馬身離しており来シーズンの飛躍を期待させる内容で3歳シーズンを終えた。

今シーズンはぶっつけで、日本のスピルバーグも出走した6月のロイヤルアスコット開催、GIプリンスオブウェールズSで復帰。約8か月ぶりのレースだったが、2番手から抜け出すと昨年のフランスダービー馬、ザグレイギャッツビー以下を完封。8か月振りでこのパフォーマンスはなかなか出来るものではない。


プリンスオブウェールズS

その後、前哨戦はイギリスダービー馬、ゴールデンホーンと同じGI愛チャンピオンSを選択。抜群の手応えから抜け出しにかかったところで、ゴールデンホーンが大きく右に斜行し、その影響をまともに受け3着。その不利が無ければ2着は間違いなかっただろう。凱旋門賞では初のフランス競馬がどう出るかだが、今年はまだ2戦、通算でも6戦しかしておらず、上昇度と言う点では3歳馬に劣らない。

イーグルトップ(Eagle Top) ~ 今年のキングジョージ好走馬

次に紹介するのはアイルランド、イギリスの上半期総決算(日本でいう宝塚記念に該当)であるキングジョージ6世&クイーンエリザベスSの好走馬だ。ハナ差の大接戦の末、ポストポーンドが勝ち、イーグルトップが2着となったのだがまずはレース映像を見てもらいたい。


キングジョージ6世&クイーンエリザベスS

2着だったイーグルトップは、先述したフリーイーグルと同じ4歳馬。3歳春にGIIキングエドワード7世Sを制して、キングジョージに挑戦(4着)。その後10か月の休養を経て今年の5月に戦列に復帰。重賞を2つ叩いてキングジージに再度出走した。ご覧いただいたように大外から1頭目立つ末脚を駆使しあわやの2着。勝ちに等しい競馬といって良いだろう。その後、9月19日のGIIIアークトライアルに出走したが、出遅れが響き3着に敗れてしまった。

ドルニヤ(Dolniya) ~ 名手とその切れ味で

この馬名に聞き覚えのあるファンは多いかもしれない。日本でもお馴染のクリストフ・スミヨン騎手を背に今春のドバイシーマクラシックで日本のワンアンドオンリーらを破った4歳牝馬、フランスのドルニヤだ。ドルニヤは3歳春にGIIマルレ賞で重賞初制覇を飾ると、凱旋門賞の前哨戦のヴェルメイユ賞ではトレヴに先着となる3着に好走。更に注目すべきは5着に敗れた昨年の凱旋門賞だ。昨年の凱旋門賞はスローペースで先行勢が有利な展開だった。その中で後方からレースを進めた組では最先着となる5着まで追い上げたのだ。牡馬相手の第一線で戦える力を示した1戦だった。その追い込み脚質だった本馬が先行し、各国の牡馬を切り捨てたのがドバイシーマクラシックである。


ドバイシーマクラシック

その後、GIコロネーションカップでは早めに抜け出し、後続の目標となる形で2着、GIサンクルー大賞ではトレヴや、後述するフリントシャーに先着を許す3着で春シーズンを終えた。9月13日に行われた前哨戦のGIIフォワ賞では外から自慢の末脚が影を潜めて4着に敗れたが、これは不良馬場の影響だろうから心配することは無い。昨年の走りからしても良馬場であれば好勝負可能だし、なによりスミヨン騎手が不気味だ。

フリントシャー(Flintshire) ~ さらに力を付けた昨年の2着馬

地元フランスの5歳牡馬で、昨年の凱旋門賞2着馬だ。打倒トレヴ筆頭と言われている今年のフランスダービー馬、ニューベイと同じアンドレ・ファーブル厩舎に所属する。3歳時にGIパリ大賞典を制し、その年の凱旋門賞候補とも言われたほどの本馬。その後は度々GIでワンパンチ足りない競馬が続いていた。そんな中人気を落としていた昨年の凱旋門賞で2着に好走し、続くGIブリーダーズカップターフでも2着、そして昨年末のGI香港ヴァーズではパリ大賞典以来のGI勝利を挙げた。


香港ヴァーズ

今年は一般戦2着、ドバイシーマクラシック2着、コロネーションカップ3着と全てドルニヤに惜しくも先着を許しているが、サンクルー大賞ではドルニヤに先着となる2着。アメリカのGIソードダンサー招待Sを圧勝しての3年連続の凱旋門賞参戦となる。勝ち身に遅いタイプだが、逆に言えばこの安定感は強みになる。

もっとも、今回挙げた馬たちはトレヴや3歳ダービー馬に比べると一枚落ちるという評価で落ち着いている。果たして彼らが低評価を覆せるのか? 注目されるところだ。

【関連記事】
リアファルの血統や菊花賞での可能性は?神戸新聞杯1着馬を徹底検証!
ディープインパクト産駒完全攻略!スター種牡馬の仔が走る5つの法則とは?
反撃の狼煙!ハービンジャー産駒が3歳夏に躍進する3つの理由とは?
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


金沢ユウダイ

金沢ユウダイ

投稿者プロフィール

新潟県生まれ。中学2年で競馬に出会い、高校時代から競馬場へ通い始める。大学で競馬サークルを立ち上げ、大学の垣根を超えた競馬団体『うまカレ』にも所属。主に若い世代へ向けて「ギャンブルだけでない競馬の面白さ」を伝える活動を行っている。

この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る