“武豊血統”ポルトフォイユがデビューへ!全兄ポルトドートウィユの良血馬

(C)阪神サラブレッドクラブ

2015年の日本ダービーで武豊騎手が騎乗したポルトドートウィユの全弟が6月第4週の週末、デビューを迎える。

鞍上に指名されたのは武豊。自身が騎乗した名馬の血が詰まった超良血馬とともに、2016年のダービーへ向けて新たな一歩を踏み出す。

ポルトフォイユと武豊騎手がコンビを組むのは血統的に見れば“必然”といえる。

以下、全兄のポルトドートウィユの記事より抜粋。

ディープインパクト武豊騎手とコンビを組み、無敗の3冠を達成した“英雄”だ。最終的にGI7勝を挙げ、競馬史に燦然と輝く名コンビとなった。

これだけではない。

母のポルトフィーノはデビューから「鞍上武豊」でキャリアを重ね、3勝を挙げた。取り消しになった桜花賞、スタート直後に落馬となったエリザベス女王杯なども武豊騎手を鞍上に招いていた。

母の父、クロフネは武豊騎手とともにNHKマイルカップを制覇。ジャパンカップダートや武蔵野ステークスでの圧勝劇は、今なお競馬ファンの脳裏に焼き付いて離れない。

さらに母母のエアグルーヴは武豊騎手が主戦を務め、オークスと天皇賞秋を制した。牝馬として26年ぶりに年度代表馬(1997年)に輝いた背景には、常に武豊騎手がいたのだ。

父、母、母父、母母と、すべて馬たちに武豊騎手との“キズナ”があった。

抜粋、以上。

加えて兄のポルトドートウィユは武豊騎手とともにダービーへ出走している。ポルトフォイユと武豊騎手のコンビが「必然」と書いた理由が分かっていただけるのではないだろうか。

ポルトドートウィユはデビューから数戦、別の騎手とコンビを組んでいた。しかしポルトフォイユは新馬戦から武豊騎手が手綱を握ることに。となると、余計に夢は大きく広がってくる。

ポルトドートウィユはダービーこそ惨敗に終わったが、きさらぎ賞2着、京都新聞杯2着と、重賞戦線で活躍した。何より血統レベルを見れば、上のクラスで活躍できる可能性が高いことは一目瞭然だろう。ポルトフォイユも同じように可能性を秘めている。

良血とは才能だ。

しかも彼はそんじょそこらの良血ではない。日本を代表する一族、名家の生まれだ。

武豊騎手はポルトドートウィユについて「ダービーに出なければいけない馬」と話していた。デビュー前にダービーどうこうというのは時期尚早であるが、ポルトフォイユに関しても同じことが言えるはずだ。

目指すは世代の頂点。ポルトフォイユと武豊騎手のコンビがお披露目となる。

【関連記事】
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力
スマートノエル&武豊騎手が2.6秒差で圧勝!生粋のダート血統も過信は禁物?
マッサビエルが菊花賞へ名乗り!母母メジロドーベルの血統馬の評価は?
大健闘ではなく残念な5着!白毛馬ブチコに期待したからこそ残念がるワケ
メドウラークがタニノギムレットの代表産駒へ?成長力秘めた血統に集まる期待



JIN

JIN競馬TIMES編集長

投稿者プロフィール

東京都生まれ。スポーツ系出版社に入社してWEBや雑誌制作に携わった後、フリーランスに。2010年に開設した公式サイト『JIN競馬』でコラムや予想を執筆。2013年に『当たり馬券がザクザク!! サンデー系馬キャラ分析のツボ』を上梓。公式メールマガジンや株式会社マイナビの『競馬予想グランプリ』でプロ予想家として予想を提供中。公式サイト: http://jinkeiba.com/

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る