ポルトドートウィユが屈腱炎!鞍上武豊騎手ダービー出走の良血馬が離脱

(C)馬空-競馬写真館-

今年のきさらぎ賞や京都新聞杯で2着となり日本ダービーに出走した良血馬、ポルトドートウィユ(牡3)が左前脚に屈腱炎を発症していることが分かった。同馬を管理するサンデーサラブレッドクラブが公式HPで発表している。

秋へ向けてノーザンファーム早来で乗り込まれていたものの、左前脚に熱感と腫れがあったことからエコー検査を実施した結果、屈腱炎と判明したとのこと。復帰には1年程度がかかる見込み。

ポルトドートウィユは父ディープインパクト、母ポルトフィーノ、その父クロフネという血統。母の母がエアグルーヴ、その母ダイナカールという日本を代表する良血馬として注目を集めた。

重賞勝ち鞍こそないが、きさらぎ賞でルージュバックと接線を演じ、京都新聞杯でも後にダービーで2着となるサトノラーゼンの2着となり、力があることを示した。きさらぎ賞から手綱を取った武豊騎手は父のディープインパクトをはじめとして、母、母父、母母の主戦を務めていたことで注目を集めていた。

なお、ポルトドートウィユの全弟ポルトフォイユは同じく鞍上武豊騎手で新馬戦を圧勝している。

【関連記事】
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力
ポルトフォイユの血統や将来性は?武豊騎手で新馬戦勝ちの素質馬に迫る
タニセンビクトリーが達成した史上初の快挙とは?素質馬の将来性を探る
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク



この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る