ペルソナリテの血統や将来性は?ダリア賞1着馬を徹底検証

(C)kenji

8月8日に新潟競馬場で行われた2歳OPのダリア賞(芝内回り1400m)でステイゴールド産駒のペルソナリテ(牝2)が1着となった。

新馬戦を勝って2番人気に支持された2歳牝馬は道中で中団につけると、直線に入ってから加速を開始。上がり2位の末脚を使ってライバルたちを抜き去った。

ペルソナリテの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

ペルソナリテは父ステイゴールド、母マイネアルデュール、その父アドマイヤコジーンという血統。

母のマイネアルデュールは短距離で3勝、母母のコスモハーティネスはダート短距離で1勝と、強調できる実績がない。近親を見ても活躍馬がいないため、母系のスケール感という意味では疑問符がつく。

ただし、ステイゴールドの大物たちと共通する点がある。

母母のコスモハーティネスはタイトスポットを父に持っている。タイトスポットとステイゴールドといえば、思い出されるのはナカヤマフェスタだ。宝塚記念を勝ち、凱旋門賞で2着になったナカヤマフェスタは母父がタイトスポット。

また、天皇賞春連覇を達成したフェノーメノは母父デインヒルで、その母父がタイトスポットと同じリボー系のHis Majestyという血統をしている。(※His Majestyはタイトスポットの父でもある)

母系にリボーの血が流れるステイゴールド産駒は大物になる可能性を秘めているというわけだ。

そういう意味ではペルソナリテの将来が注目される。

【次のページヘ】ペルソナリテの課題って?

ページ:

1

2


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る