過去の記事一覧

宝塚記念2017予想データ考察…レインボーラインが侮れない4つの理由

(C)Ko-Mei

今週は阪神競馬場で春競馬の総決算・宝塚記念(GI/芝内回り2200m)が行われる。

キタサンブラックが圧倒的な一番人気に支持されることが確実で、“春古馬3冠”を達成できるかどうかに注目が集まっている。

もっとも、競馬に絶対はない。キタサンブラックを打ち破る馬が出てくるかもしれない。果たして、どの馬が現役最強馬を破る大役をやってのけるのか?

今回は伏兵候補の1頭、レインボーラインに焦点を当て、この馬の可能性を探っていこう。というのも、レインボーラインは複数の強調材料を持っているのだ。

ステイゴールド産駒の血

まずはステイゴールド産駒、という点が大きい。「宝塚記念といえばステイゴールド」と言い切れるほど、ステイゴールドと宝塚記念の相性はいい。

ドリームジャーニー
ナカヤマフェスタ
オルフェーヴル
ゴールドシップ×2

過去10年でステイゴールド産駒が宝塚記念を制すこと、実に5回。オルフェーヴルやゴールドシップだけでなく、ナカヤマフェスタやドリームジャーニーも春のグランプリを制している。

レインボーラインは宝塚記念で好走してもおかしくない血統的な“裏付け”があるわけだ。

重馬場、道悪でパフォーマンスが向上?

今年の宝塚記念は雨が降り続き、道悪で開催されることが濃厚となっている。

これがレインボーラインの後押しになる可能性がある。

というのも、ステイゴールド産駒は阪神の道悪でパフォーマンスを上げる傾向にあるからだ。

種牡馬 着別度数
キングカメハメハ 3- 0- 1-20/24
ディープインパクト 2- 3- 3-29/37
ステイゴールド 2- 2- 1-10/15
マンハッタンカフェ 2- 1- 2- 9/14
ハーツクライ 1- 0- 0- 9/10
ブラックタイド 0- 0- 2- 0/ 2
ディープスカイ 0- 0- 0- 1/ 1
種牡馬 単回値 複回値
キングカメハメハ 84 36
ディープインパクト 48 74
ステイゴールド 202 158
マンハッタンカフェ 118 94
ハーツクライ 63 28
ブラックタイド 0 1145
ディープスカイ 0 0

※対象期間は2014年〜
※阪神開催、芝1800m〜
※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※良馬場開催が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

ステイゴールド産駒は単勝回収値202、複勝回収値158という圧倒的な成績を残している。

実際、ステイゴールド産駒は宝塚記念でも道悪で輝きを放ったことがある。2010年、当時現役最強馬だったブエナビスタが圧倒的な一番人気に支持される中、ナカヤマフェスタは8番人気の低評価を覆して優勝を果たしたのだった。

レインボーラインは重馬場以上の道悪を経験したことはない。ただし、やや重開催だった札幌記念で香港GIを勝ったネオリアリズムとモーリスに次ぐ3着に食い込んだことがある。なお、この時の4着はGI馬ヌーヴォレコルト、5着は重賞3勝で後に大阪杯3着になるヤマカツエースだった。

レインボーラインが道悪でパフォーマンスを上げる可能性は、十分にあるわけだ。

岩田騎手への乗り替わりはプラス?

今回、鞍上は岩田康誠騎手となるが、これもプラスに働く可能性がある。

ここ2走はミルコ・デムーロ騎手が手綱を取っていたが、出遅れたり、後方から競馬を進めてコーナーで大外を回すなど、チグハグな競馬が続いていた。要するに、あまり手が合わなかったのだ。

岩田騎手は大舞台に強い。特に伏兵に乗ったときは大胆にインをついたり、差し馬を前へ持っていったりと、積極的な競馬を展開する。鞍上が激走へ導いてくれる可能性があるわけだ。

最強世代のクラシック好走馬

そして。そもそも力がやや過小評価されているかもしれない。ここ2走は結果が出ていないが、前述の通りデムーロ騎手と手が合わなかったこと、距離が向いていなかったことなど、明確な凡走の理由があった。

それ以前を見てみると……

・最強世代のクラシック(菊花賞)で好走
・NHKマイルカップでも3着
・ジャパンカップでは3歳馬ながら2着に0.2秒差の6着と健闘

というように、高い資質があることを示している。成長力のあるステイゴールド産駒だけに、古馬になって尻すぼみになった……というケースは考えづらい。

今回は条件が揃っているだけに、

本来の力を発揮すれば、ジャイアントキリングやそれに近い成果をあげられる可能性も、否定はできないだろう。

まとめ

レインボーラインにとって、今回の条件は「願ってもない好舞台」と言っていい。

7番人気前後に落ち着く見込みだが、決して軽視できる馬ではないわけだ。

もしこれだけの好条件が揃っているならば、気に留めてみても損はないのではないだろうか。


宝塚記念2017の人気・オッズに見える傾向とは?競馬は買い方も含め「予想」か

宝塚記念人気・オッズ(24日21時時点)

今週は阪神競馬場で春競馬の総決算・宝塚記念(GI/芝内回り2200m)が行われる。

前日21時の段階でキタサンブラック(牡5)が単勝1.4倍の圧倒的な一番人気に支持される中、近年の競馬ファンの“馬券レベル”の高さを示す現象を見ることができた。

出走予定馬と人気・オッズ

まずは出走予定馬と、単勝の人気から見ていこう。

単勝人気・オッズ

馬名 単勝
ミッキーロケット 31.2 8
ゴールドアクター 11.0 5
スピリッツミノル 83.4 9
クラリティシチー 137.6 11
シュヴァルグラン 13.8 6
シャケトラ 9.7 4
レインボーライン 24.3 7
ミッキークイーン 9.7 3
ヒットザターゲット 116.2 10
キタサンブラック 1.4 1
サトノクラウン 9.4 2

単勝の人気を見てみると、キタサンブラックに続いてサトノクラウン、そしてミッキークイーンが支持されている。続いて天皇賞春からの巻き返しを目指すシャケトラ、ゴールドアクターが続き、シュヴァルグランは6番人気となっている。

単勝のオッズだけを見ると、「サトノクラウンやミッキークイーンが人気」、「天皇賞春2着にもかかわらず、シュヴァルグランの人気がそれほど高くない」ということが言える。

しかし、複勝の人気を見てみると、様相は違って見えてくる。

複勝人気・オッズ

馬名 複勝人気 複勝
ミッキーロケット 8 3.7~ 9.7
ゴールドアクター 5 1.9~ 4.6
スピリッツミノル 9 7.2~ 19.9
クラリティシチー 11 11.2~ 31.3
シュヴァルグラン 3 1.9~ 4.5
シャケトラ 4 1.9~ 4.6
レインボーライン 7 2.9~ 7.4
ミッキークイーン 2 1.9~ 4.5
ヒットザターゲット 10 11.2~ 31.1
キタサンブラック 1 1.1~ 1.1
サトノクラウン 6 2.2~ 5.5

注目したいのはサトノクラウンとシュヴァルグランの複勝人気だ。

単勝2番人気に支持されているサトノクラウンだが、複勝ではなんと6番人気。一方、単勝6番人気のシュヴァルグランは、複勝だと3番人気に支持されている。

つまり、競馬ファンは「一発があるならサトノクラウン」、「シュヴァルグランが勝つ可能性は低いが、3着以内は堅実」と考えているわけだ。その考えが買い目に反映され、“歪んだオッズ”が作り上げられているのである。

実際、サトノクラウンのキャリアを振り返ると(6−0−1−5)。着外の5回は掲示板にすら載っていない。つまり、文字通り「好走するなら勝ち切る」「負けるなら惨敗(複勝圏には来ない」という傾向が見えてくるわけだ。

一方のシュヴァルグランは(6−5−5−4)と、勝ちきらない場合でも複勝圏に来る確率は高い。

GIには、普段競馬をやらないビギナーも参戦する。よって、オッズの歪みが起きにくい傾向にある。しかし、それでもこれほど顕著な傾向が見て取れるところに、近年の競馬ファンの馬券の買い方が非常にシビアになっている点が表れている。

単純に予想するだけでなく、どのように買うか、自分の予想をどう馬券に落とし込むかが求められる時代――。

宝塚記念のオッズには「馬券を買う上で何が求められているか」が表されているわけだ。


YouTuberヒカルらが宝塚記念2017の馬券を1440万円購入!禁断ボーイズも予想

画像はヒカルチャンネルの当該動画より

6月25日に行われる春競馬の総決算“グランプリ”宝塚記念で「1000万円を賭ける」と宣言していた人気YouTuber(ユーチューバー)のヒカルさんが、1340万円の馬券を購入したと発表した。なお、同じく人気YouTuberの禁断ボーイズも100万円分の馬券を購入したため、総額1440万円を投資したことになる。

人気YouTuberが宝塚記念に参戦

ヒカルさんは祭りの「景品くじ」に当たりがあるのかどうかを、くじを買い占めて検証する動画などで一躍“時の人”となった人気YouTuber。登録者数は200万人を超え、今もっとも勢いに乗っている若者世代の“カリスマ”だ。

そんなヒカルさんは16日に新たな動画を公開。「宝塚記念で1000万円を賭けます」と宣言していた。その後の動画で禁断ボーイズも企画に参加することが決定。動向が注目されていた。

購入した馬券の買い目は?

24日に公開された動画では、実際に購入した馬券を公開。ヒカルさんはキタサンブラックの単勝1000万円分を含む合計1340万円を、禁断ボーイズはゴールドアクターの単勝100万円分を購入したことが分かった。

なお、ヒカルさんの馬券はすべてキタサンブラックが1着になった場合に当たるものとなっている。単勝に加え、3連単が当たった場合、オッズによっては払い戻しが5000万円を超える可能性もあるという。

ヒカルさんは動画内で「明日やな! ほんまもう寝れへんな! 今日はもう」と興奮気味に語っている。

1440万円の馬券を買う動画

なお、結果の動画は「頑張って編集して当日18時〜20時に公開」(ヒカルさん)予定。どういった結果に終わるのか、注目される。


宝塚記念2017の予想データ分析…オススメの1頭と5つの強調材料とは?

(C)はねひろ

明日はいよいよ、阪神競馬場で春競馬の総決算・宝塚記念(GI/芝内回り2200m)が行われる。

開催に際し、競馬TIMES編集部では“オススメの1頭”をピックアップ。今回は、その馬がなぜ強調できるのか、という点を解説していく。

どのようなレースになるのだろうか? その馬が激走する可能性が高い理由とは? 検証を開始していこう。

オススメの1頭とは?

その馬の名は……

ミッキークイーン

である。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

ディープインパクト
ミュージカルウェイ
母の父 GoldAway
母の母 Mulika
性別
馬齢 5 歳
生年月日 2012年2月8日
毛色 鹿毛
馬主 野田みづき
調教師 池江泰寿(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム
産地 安平町
馬名意味 冠名+女王

では、なぜミッキークイーンが強調できるのか? その理由を挙げていく。

オススメの理由1 フィルターに合致

競馬TIMESでは、宝塚記念の開催に際し、いくつかの検証を行ってきた。その内の一つの考察で、「5つの消し」というものがあった。ミッキークイーンはこの条件に一つも当てはまっていない。

ポイント1 極端な人気薄は消し!
ポイント2 天皇賞春組は消し!
ポイント3 前走惨敗した馬は消し!
ポイント4 前走後方一気は消し!
ポイント5 休み明けの馬は消し!

※詳細は記事にて。

明確なマイナス要素がない、という点は一つの強調材料だろう。

オススメの理由2 好走血統に合致!?

宝塚記念の血統検証では以下のような血が好走馬に共通していることが明らかになった。

・ディクタス
・セントサイモン
・ダンジグ
・“ズブい”ディープインパクト産駒

残念ながらミッキークイーンは上3つの血を保持していない。しかし、“ズブいディープインパクト産駒”という項目に合致していると考えることができる。

ミッキークイーンといえば鋭い末脚が持ち味、とイメージする方も多いだろう。だが、実際のところミッキークイーンが圧倒的な瞬発力を武器としていたのは3歳の春まで。3歳秋以降に上がり3位以内の末脚を使ったのは9走してわずかに3回のみだ。

特に古馬になってからは中団以上にポジションを取り、上がり5位前後の脚でまとめて好走するケースが目立つ。決して末脚だけの馬ではないのだ。

実際、戦績を振り返ってもミッキークイーンが瞬発力に特化したディープインパクト産駒でないことは分かる。

・持続力の求められる秋華賞で大幅なロスがありながら勝利
→持続的な末脚(=宝塚記念で求められる要素)が使えなければ難しい芸当

・重馬場開催は2戦2勝
→瞬発力特化型の馬は馬場が渋るとパフォーマンスを落とすが、そうではなかった

“ズブい”は言い過ぎにしても、瞬発力以外の武器を持った馬であり、宝塚記念で好走するために必要な要素を備えている可能性は十分にあるわけだ。

オススメの理由3 斤量56キロ経験

宝塚記念で一つのポイントとなるのが斤量である。

宝塚記念では牡馬なら58キロを、牝馬なら56キロを背負う。特に近年は斤量の改定がされたことで、JRAの競馬で58キロ(牝馬は56キロ)以上の斤量を背負う機会はめったになくなった。

だからこそ、対応できない馬がどうしても出てくる。57キロや55キロではなんともなかった馬が、わずか1キロの違いで驚くほど走らなくなってしまう。

実際、天皇賞春は58キロ実績のあった2頭で決着し、初斤量となったサトノダイヤモンドは3着までに終わっている。それほど重要な要素、というわけだ。

しかし、ミッキークイーンに関しては56キロを2度背負い、2度とも馬券圏内に来ている。56キロを苦にしないタイプということだ。

オススメの理由4 ヴィクトリアマイルの“失敗”がいきる?

そして前走の敗戦がいい影響を与える可能性もある。

宝塚記念は毎年のように先行馬が穴を開けるレースだ。ミッキークイーンは先行馬ではないが、ある程度前目のポジションにつけて競馬をすることはできる。

そして鞍上の浜中俊騎手は、ヴィクトリアマイルでの失敗を繰り返さないよう、積極的な競馬を展開するはずだ。

ヴィクトリアマイルではスローペースの中、位置取りを失敗してしまった。3コーナーでは悪い位置取りではなかったが、4コーナーではズルズル下がってポジションを悪くしてしまったのだ。

同じ失敗を2度繰り返すことはできない。今回はしっかりとポジションを確保してくることだろう。

オススメの理由5 宝塚記念と言えば……

そして何といっても宝塚記念と言えば牝馬の成績が格段にいい。

日付 馬名 着順 人気
2016.6.26 マリアライト 8
2016.6.26 タッチングスピーチ 12 16
2015.6.28 デニムアンドルビー 10
2015.6.28 ショウナンパンドラ 11
2015.6.28 ヌーヴォレコルト 3
2015.6.28 ディアデラマドレ 8
2015.6.28 ラキシス 2
2014.6.29 ヴィルシーナ 8
2014.6.29 デニムアンドルビー 6
2014.6.29 ジェンティルドンナ 3
2014.6.29 メイショウマンボ 11 4
2013.6.23 ジェンティルドンナ 1
2012.6.24 ホエールキャプチャ 14 11
2011.6.26 ブエナビスタ 1
2010.6.27 ブエナビスタ 1
2010.6.27 メイショウベルーガ 13
2007.6.24 カワカミプリンセス 6
2007.6.24 ウオッカ 1

昨年はマリアライトが制し、一昨年は二桁人気のディープ牝馬が2頭も激走した。

ミッキークイーンもこの流れに乗っていきたいところだ。

まとめ

いかがだっただろうか? ミッキークイーンには強調材料がいくつもあることが分かった。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


キタサンブラックと武豊騎手に期待する5つのこととは?宝塚記念2017

(C)Yushi Machida‏

現役最強馬の証明へ――。

ファンの期待に応えるために――。

6月25日、キタサンブラック(牡5)と武豊騎手は春競馬の“総決算”宝塚記念でグランプリ制覇に臨む。圧倒的な一番人気に支持されることが確実な中、彼らはどんなレースを見せるのだろうか? 宝塚記念の“先にあるもの”とは?

今回は「キタサンブラックに期待する5つのこと」を焦点に、話を進めていこう。

史上初の快挙へ

まずは“春古馬GI完全制覇”が期待されるところだ。

今年から大阪杯がGIに昇格し、春の古馬中長距離路線が確立した。その初年度に、完全制覇を成し遂げるというのは驚くべきことであると同時に至難の業と言える。

秋古馬3冠を例に見てみよう。

天皇賞秋、ジャパンカップ、そして有馬記念の完全制覇を達成したのは、歴史上わずか2頭しかいない。テイエムオペラオーとゼンノロブロイ。いずれも歴史的な名馬である。

すでにキタサンブラックは「歴史的名馬」と呼べるクラスの戦績を残しているが、宝塚記念を制するようなことがあれば、さらに箔がつくことになる。

近年の競馬界をけん引してきた馬として、競馬ファンが待ち望む快挙を達成したいところだ。

“証明”の必要性

秋古馬3冠の獲得は同時に現役最強馬の証明を意味する。すでに天皇賞春においてサトノダイヤモンドとの“現役最強馬決定戦”を制しているが、宝塚記念は天皇賞春より門戸が広い。

中距離馬はもちろん、マイル路線を歩んでいた馬や牝馬も参戦してくる。ここで勝つようなら「現役最強馬」という肩書はさらに揺るぎないものとなるわけだ。

波乱が起こるのも競馬の魅力ではあるが、「強い馬が勝つべくして勝つ」というのもファンの心に響く。かつてメジロマックイーンに対し「絶対の強さは、時に人を退屈させる」というキャッチコピーがつけられたが、マックイーンは今なお競馬ファンの心に残り続けている。

現役最強を証明し、いつまでも人々の心にとどまるような馬になるための挑戦でもあるわけだ。

(C)Horse Race Photo Studio

武豊騎手久々の…

鞍上のストーリーも見逃すことはできない。鞍上の武豊騎手にとっても久々のグランプリ制覇がかかっているのだ。

実は武豊騎手、宝塚記念で4勝を、有馬記念で2勝を挙げているが、久しくグランプリ制覇の美酒を味わっていない。

宝塚記念

日付 馬名 着順 人気
2016.6.26 キタサンブラック 2
2015.6.28 トーセンスターダム 12 9
2014.6.29 ヒットザターゲット 12
2013.6.23 トーセンラー 4
2011.6.26 ビートブラック 11 12
2009.6.28 スマートギア 8
2008.6.29 メイショウサムソン 1
2007.6.24 ポップロック 4
2006.6.25 ディープインパクト 1
2005.6.26 アドマイヤグルーヴ 8
2004.6.27 リンカーン 3
2003.6.29 ダイタクバートラム 5
2000.6.25 ラスカルスズカ 3
1999.7.11 スペシャルウィーク 1
1998.7.12 エアグルーヴ 3
1997.7.6 マーベラスサンデー 1
1996.7.7 オースミタイクーン 10 7
1994.6.12 ベガ 13 5
1993.6.13 メジロマックイーン 1
1992.6.14 メイショウビトリア 12 10
1991.6.9 メジロマックイーン 1
1990.6.10 シンウインド 6
1989.6.11 イナリワン 2
1988.6.12 フレッシュボイス 3

有馬記念

日付 馬名 着順 人気
2016.12.25 キタサンブラック 2
2014.12.28 トーセンラー 8
2013.12.22 ラブイズブーシェ 12
2012.12.23 トレイルブレイザー 13 9
2011.12.25 レッドデイヴィス 6
2010.12.26 ローズキングダム 0
2009.12.27 リーチザクラウン 13 5
2008.12.28 メイショウサムソン 4
2007.12.23 メイショウサムソン 1
2006.12.24 ディープインパクト 1
2005.12.25 ディープインパクト 1
2004.12.26 ダイタクバートラム 5
2003.12.28 リンカーン 4
2002.12.22 ファインモーション 1
2001.12.23 トゥザヴィクトリー 6
2000.12.24 アドマイヤボス 6
1999.12.26 スペシャルウィーク 2
1998.12.27 エアグルーヴ 2
1997.12.21 マーベラスサンデー 1
1996.12.22 マーベラスサンデー 3
1995.12.24 ナリタブライアン 2
1993.12.26 ベガ 6
1992.12.27 ヒシマサル 3
1991.12.22 メジロマックイーン 1
1990.12.23 オグリキャップ 4
1989.12.24 スーパークリーク 2
1988.12.25 スーパークリーク 4

最後に勝ったのは2006年、ディープインパクトとともに臨んだ有馬記念だ。実に10年以上、グランプリで勝てていない。ディープインパクト以前となると、1997年のマーベラスサンデーまでさかのぼることになる。

現役最強馬に跨り、武豊騎手が久々にグランプリを勝つ――。

仮にそうなれば、競馬界全体が盛り上がることになるはずだ。

秋の飛躍と、夢への挑戦へ

キタサンブラックにかかる期待は何も宝塚記念制覇だけにとどまらない。日本競馬を代表する馬として、今の世代をけん引する存在として、次なる挑戦への期待がすでに膨らんでいる。

日本競馬界の悲願である凱旋門賞制覇――。

キタサンブラックは、その夢を叶えてくれる馬ではないかと考える者は決して少なくない。

そういう意味で、宝塚記念は重要なレースになる。仮にここで敗れるようなことがあれば、オーナーである北島三郎さんや陣営が海外挑戦を白紙に戻す可能性は十分に考えられる。

秋競馬を盛り上げるためにも、今後世界で日本馬の強さを証明するためにも、キタサンブラックには宝塚記念で結果を出すことが求められるわけだ。

(C)Ko-Mei

最も大事なことは…

ここまで長々と書いてきたが、もっとも重要なことはどんな結果に終わろうとも無事にレースを終えることだ。

特に天皇賞春はレコードタイムが出るような超高速馬場で行われ、レースは最後まで手を抜けない白熱の展開となった。馬にかかる負担も小さくなかったと考えられるわけだ。陣営はキタサンブラックの回復に尽力し、だからこそ出走にこぎつけたわけであるが、競馬というのは“見えない疲労”が突然表沙汰になることがしばしばある。

キタサンブラックが故障するようなことになれば、日本の競馬界にとって大きな損失になる。だからこそ、まずは無事にレースを終え、今後に期待を持てるような終幕になることが求められるのだ。

果たして、キタサンブラックと武豊騎手は宝塚記念で勝てるのか? それとも不安要素に飲み込まれ、苦汁をなめることになるのか?

結果が出るのは6月25日。その結末を、見逃すな。


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る