3連複の買い方!あなたは1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?


こんにちは! 先日……

馬券は買い方だ!むやみに3連単を買う人は損をしている可能性大!?

この記事を書かせて頂いたIKUと申します。

予想外に前回の記事を読んで頂いた方が多く、馬券の買い方・考え方って需要あるものだなと改めて感じました。第2回としてこの記事を書かせて頂きます。

もしあなたが第1回目の記事を読んでくださって3連複に興味を持たれたなら、話が早いです。今回は3連複における確率の話をしていくのですから。(3連単でも言えることですが、3連複のほうが活用と購入がしやすいので)


競馬における9割の法則

馬券の話をする前に競馬における“9割の法則”について書いていきますね。

「人は見た目が9割」ではありませんが、競馬でも案外、パッと見の印象が大事なんです。競馬でパッと見、強い馬を見分ける方法はいくつもあると思います。

前走の内容を見る、血統を見る、馬体を見る、などなど。

ただ、もっと簡単に見分ける方法があります。それは……


人気を見ること

です。人気になるということは、それだけの根拠がある。時には力にそぐわない人気になる馬もいますが、大体人気馬は普通に走るものなのです。

例えば2014年は中央競馬の平地競走が3326レース行われました。

このうち、1、2、3番人気馬が少なくとも1頭、3着以内に入ったのは何レースあると思いますか?

実は、3086レースなんです。約93%のレースで人気馬が馬券に絡んでいたことになります。

回収率を度外視して1、2、3番人気の複勝を買えば9割は当たるんですね。

ただ、ここで面白いデータがもう一つあります。

実は人気馬が馬券に絡む確率は約93%なのですが、1、2、3番人気の3頭が1、2、3着を独占するレースは、なんと251レースしかないんです。確率にして、約7%。

分かりやすくまとめると……

①1番人気、2番人気、3番人気の3頭のうち、少なくても1頭は3着以内に入る確率
=約93%


②1番人気、2番人気、3番人気の3頭で決まる確率
=約7%
=3頭で決まらない確率は93%

なんと、一番売れるであろう1、2、3番人気の3連複は確率上10回に1回も当たらないのです!

人気馬は9割馬券になる。

だけど9割は人気馬同士で決着しない。

ここに、3連複を活用する上でのヒントがふんだんに隠されているわけです。

【次のページヘ】3連複を買うときにあなたがすべきこととは?

ページ:

1

2 3

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る