恋する乙女必見!競馬ファンの男を8.6秒以内で確実に落とす3つの方法


ページ:

1

2 3

タイトルを読んでコイスルオトメ(父グラスワンダー)を思い浮かべた諸君、ごきげんよう。残念だが、キミに教えることは何もない。今すぐウインドを閉じて寝てくれ。

コウエイオトメを思い出したキミは残念だが救いようがない。今すぐ府中競馬場に行ってゲートに並んだ十数頭の3歳馬に代わりばんこに頭を蹴られてくるといい。少しはマシになるだろう(©古美門研介)

リーガル・ハイでガッキーを思い出した懸命な日本男子たちへ。余談だがYouTubeの十六茶のCM、反則だと思わないか? スキップできないだろ、あれ。ていうか、キュン死するだろ。

 

話が逸れた。冒頭の3パラで「何いってんの?」と思った女子諸君、ようこそ。競馬にあまり縁がない君たちこそ、今回の主役だ。

もう大丈夫。もしキミが想いを寄せている男子が競馬好きだったなら、攻略するのは簡単だ。ブエナビスタの天皇賞秋くらい、楽に勝てる戦いなのだ。この必勝法を使えば、8.6秒バズーカも真っ青なスピードで、キミの恋は成就することだろう。

スポンサーリンク

なぜ競馬が武器になるのか?

競馬ファンの男子を落とすための手段は、当然競馬になる。なぜ競馬を使うかといえば、おそらくキミの好きな人の周りにいるのが8、9割、男だからだ。競馬ファンは基本、女に飢えている。

そして競馬ファンの女性は(残念ながら)あまり多くない。「競馬の話ができる女子」というのは、それだけで希少価値が高いのだ。

だから自信を持っていい。キミのフェイスが多少ファニーだったとしても、手綱を引くことはない。そんなキミさえもあたたかく包んでくれるだろう。競馬ファンは寛容だ。言い換えよう。飢えているのだ。大丈夫、自信を持ってくれ。

絶対にやってはいけないこと

はじめに注意書きからしていこう。

競馬ファンというのは大概、ミーハーを嫌う傾向にある。大体がいきがっている。若い男子ならまだしも、おっさんまでもがいきがっているのだからタチが悪い。「お前もそうだろ」って? ああ、そのとおりだ、文句あっか。

だからミーハーな単語は絶対に出しちゃだめだ。場合によっては嫌われる。「ああ、キミもディープ房か」と心のなかでささやかれるかもしれない。意味? そんなの知らなくていい。知っても幸せにはなれない。知らないだけで、キミは幸せ者だ。

さて、事前準備は終わった。これから実体験も交え、必勝法を書いていくことにしよう。

【次のページヘ】必勝法① 絶妙なラインの名馬で落とせ!

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る