桜花賞・オークス・秋華賞(2016年)JRAクラシック番付牝馬編/7月第1週

(C)T.T
(C)T.T

ページ:

1

2 3

2016年のクラシックを目指す馬たちの戦いが始まった。日本ダービーが終わり、6月から2歳戦がスタート。すでに牝馬のクラシックで活躍できそうな良血馬がデビューしている。

『競馬TIMES』では“クラシック番付”という形で若駒たちの動向を追跡し、どの馬が台頭してくるのか予想していく。

なお、桜花賞、オークス、秋華賞では求められる要素が違うため、それぞれで必要になる能力に応じたランキングを作成した。今後、定期的にランキングを発表していくのでお楽しみに。

スポンサーリンク

桜花賞編

桜花賞は阪神芝外回り1600mで行われる。とにかく当コースは総合力が求められ、特にスピードと底力がないと乗り切ることができない。

ディープインパクト産駒の“庭”であり、キングカメハメハ産駒などのクラシック血統が力を発揮する。とにかくベタな血統で、瞬発力と底力を持つ馬を上位評価していく。

横綱 エスティタート
大関 メジャーエンブレム
関脇 リリカルホワイト
大関 シャクンタラー
関脇 デアリングエッジ
小結 ―
前頭筆 ―

まだ有力なディープインパクトやキングカメハメハ産駒がデビューしていないため、かなり暫定的なランキングとなる。

一番の素質馬はエスティタートか。兄弟にフラガラッハやイリュミナンスを持つ良血馬はデビュー戦を快勝。パフォーマンスはまずまず高かった。父ドリームジャーニーがどこまでやるかは未知数であるものの、期待を持てる1頭だ。

●詳細→エスティタートの血統や将来性は?武豊騎手でデビュー勝ちの素質馬を徹底分析

メジャーエンブレムは新馬戦で牡馬を一蹴。スローペースを前々で押し切った内容はあまり評価できないが、伸びしろはありそう。

リリカルホワイトはオークス3着のアイスフォーリスの妹。父がステイゴールドからダイワメジャーに変わったことで短距離寄りにシフトしていると考えられる。狙うならオークスより桜花賞か。

デビュー戦の内容はイマイチだったが、血統的には一番桜花賞に向いているデアリングエッジも一応ランキングに入れておく。

【次のページヘ】オークス編!桜花賞との違いは?

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る