ヌーヴォレコルトがヴィクトリアマイルで危険視される理由とは?

(C)minafl

抜群の安定感、断然の実績、4歳の成長力――。

何をとってもヌーヴォレコルトに死角はないように見える。5月17日に行われるヴィクトリアマイル(GI/芝1600m)の話だ。当サイト独自の人気予想でも断然の1番人気となっている。

しかし、何も不安がないわけではない。例えばヌーヴォレコルトの場合、他ならぬ父がタイトル獲得の妨げになる可能性がある。


父のキャラクター

ハーツクライは実に興味深い競走馬だった。最大のハイライトはなんといっても4歳時にディープインパクトを破った有馬記念だろう。

当時、ディープインパクトはシンボリルドルフ以来、史上2頭目の3冠馬として断然の人気を集めていた。単勝は1.3倍。誰もが“天才”の勝利を疑わなかった。その前に立ちはだかった馬こそ、ハーツクライだった。直線で早めに抜け出すと、ディープインパクトの追撃をおさえてGI初制覇を達成したのだ。

ハーツクライはキャリアを通じて“伏兵”という立場だった。1番人気になったのはデビュー戦と菊花賞のみ。デビュー戦は才能だけで突破できたが、菊花賞は7着に敗れている。

人気に支持された時より伏兵として強敵に臨む時のほうが力を発揮する――。

現役時代から、ハーツクライはそういう競走馬だった。

ハーツクライ産駒の特徴

種牡馬となってからもこの傾向は続いていく。産駒は断然の人気を裏切り、思わぬところで激走する。

ヌーヴォレコルトはまさに絵に描いたようなハーツクライ産駒だ。ハーツクライ産駒の特徴が詰まっている。それは戦績を見れば明らかだ。

桜花賞 5番人気3着
オークス 2番人気1着
ローズステークス 2番人気1着
秋華賞 1番人気2着
エリザベス女王杯 1番人気2着
中山記念 3番人気1着

ご覧のとおり、人気に支持された秋華賞とエリザベス女王杯で取りこぼし、伏兵だったレースはすべて人気以上に走っている。特にオークスでは断然の1番人気ハープスターを破って初の栄冠を勝ち取っている。ハープスターの父はディープインパクト。そう、“父の再現”をしてみせたわけだ。

【次のページ】ヴィクトリアマイルにおけるヌーヴォレコルトの不安要素とは?

ページ:

1

2


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る