一安心!ナイター初日で競走中止だったキューティガビーは跛行でした。


先週始まった、その金ナイター。そのメインレースはティアモブリーオが勝利したのですが、その陰でキューティガビーが競走を中止していました。レースの2コーナーを過ぎたあたりで後退すると向正面で騎手が止めていました。

開催が始まった本日、まず園田競馬場で実況をされているアナウンサーの方がTwitterにてキューティガビーに関して『寛跛行による競走中止で骨折等はなかったとのことです。松浦騎手は歩様異常を感じ、ゆっくり止めたようですね(原文より引用)』と書かれていました。そして、夕方には兵庫競馬の公式Twitterにおいても発表があり『しばらくは調教こそできませんが、また戦列に戻る模様です(原文より引用)』とも。寛跛行(かんはこう)とは後肢が原因と思われる異常歩様の事で命に関わるような怪我ではございません(復帰までの期間は解りませんが)。

キューティガビーは09年に中央デビューで13戦0勝(障害2戦0勝)。そして兵庫に移籍も初戦は除外になったものの、次のレースから9連勝。重賞の兵庫クイーンカップで2着に敗れましたが、その後もコンスタントに成績を残すと2013年8月の園田チャレンジカップを勝ち7歳にして重賞初制覇。それからは勝ち星こそないものの馬券圏内に何度か来て存在感を示していました。レースではゴール前で突っ込んで来る末脚、コツコツとこれまで65戦走り続けてきた彼女の姿は魅力的で印象深い一頭。9歳となり、アクシデントもありましたがまずは無事に復帰して欲しいものです。そして、その先無事に母親となり彼女の産駒が走る姿も見てみたいと思っています。

一先ず、命にかかわるような怪我でなく良かったです。そして、開催日になってすぐに情報が発信された事は非常に感謝したいと思います。競走を中止してから心配する人も(自分も含め)いましたから、本当に助かりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


夢想

夢想

投稿者プロフィール

兵庫県生まれ。スポーツカメラマン。もともとは競馬、馬の魅力に惹かれて撮り始めたことで今のスポーツカメラマンになるきっかけに。競馬撮影は10年以上。最近は地方競馬に惹かれ(中でも地元園田競馬が最も好き)、全国の競馬場を巡り残す地方競馬場は水沢と帯広を残すのみ。ここ2年地方競馬の2歳戦全レース、3歳戦の主要レースはチェックしブログで掲載中。雑誌・「競馬最強の法則」のナムラダイキチの記事にて写真掲載される事もあり

この著者の最新の記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る