女王が完全復活!エーシンサルサが兵庫競馬のグランプリである園田金盃を勝利


12月3日に園田競馬場では兵庫競馬のグランプリともいわれる園田金盃(1870m)が行われました。

ファン投票と記者選抜で出走馬が決定するこのレースですが、残念ながら2位だったタガノジンガロをはじめ投票で上位となった馬がたくさん回避したこともあり10位以内の馬で出走したのは4頭(エーシンクリアー、エーシンサルサ、トーコーニーケ、ダイナミックグロウ)となり最終的にはフルゲートを割る11頭立てとなりました。また、スポット騎乗で参戦した道営・五十嵐騎手(サウスウインドに騎乗)やJRA交流に騎乗した岩田騎手(ユニフィケーションに騎乗)が園田金盃にも参戦した事で賑やかに。人気としてはファン投票第1位だったエーシンクリアーが2.0倍で1番人気となり2番人気は4.2倍でエーシンサルサが追いかける形となりました。

レースでは好スタートから2番人気・エーシンサルサがダイナミックグロウやトーコーニーケという先手を狙う馬たちのハナを奪い主導権を握ると馬群はやや縦長。

807_KA3_1191

スタンド前を通過して1コーナーに入るあたりで馬群がほぼ一団となり向正面で各馬が動き3コーナーからトーコーニーケやユニフィケーションなどがエーシンサルサに迫るものの4コーナーから直線入り口でリードを広げたエーシンサルサが後続を振り切ると最後は2着のサウスウインドに2馬身差をつけて見事に逃げ切りました。2着には五十嵐騎手が騎乗した9番人気・サウスウインド、3着には10番人気・オーケストラピッドが入り3連単は22万円を超える大荒れとなりました。また、1番人気・エーシンクリアーは4着、岩田騎手が騎乗したユニフィケーションは8着という結果となりました。

勝ったエーシンサルサは、今年これで重賞は兵庫サマークイーン賞、兵庫クイーンカップに続いて3勝目となり通算では重賞は6勝目となりました。

805_KA3_1286

昨年、春から覚醒し重賞3勝を含む6連勝を果たしたものの8月の摂津盃以降はアクシデントで棒に振った1年。今年4月に復帰したものの6着、3着と連敗。6月に復帰後初勝利を挙げると7戦4勝、他場への遠征もせずに地元重賞などで牡馬相手に戦う事もありましたが馬券圏外になったのは一度だけという成績。そして、ここにきて重賞連勝。大一番で昨年の強さを取り戻した印象を受けました。

809_KA3_0908

一度調子を崩した牝馬は立て直すのが大変だと良く聞きますが、見事に立て直し本来の走りを取り戻したエーシンサルサ自身の凄さにも驚きますが、厩舎スタッフの手腕も素晴らしかったのではないかと思います。また、この勝利により年代表馬のタイトルも目の前でしょう!まさに「兵庫競馬の女王の意地」をみせられた園田金盃だったように思えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


夢想

夢想

投稿者プロフィール

兵庫県生まれ。スポーツカメラマン。もともとは競馬、馬の魅力に惹かれて撮り始めたことで今のスポーツカメラマンになるきっかけに。競馬撮影は10年以上。最近は地方競馬に惹かれ(中でも地元園田競馬が最も好き)、全国の競馬場を巡り残す地方競馬場は水沢と帯広を残すのみ。ここ2年地方競馬の2歳戦全レース、3歳戦の主要レースはチェックしブログで掲載中。雑誌・「競馬最強の法則」のナムラダイキチの記事にて写真掲載される事もあり

この著者の最新の記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る