全日本2歳優駿はサウンドスカイが路線変更後4連勝で世代のダート王に!

802_MP1_1450

12月16日、川崎競馬場で2歳のダートの頂上を決める全日本2歳優駿(1600m)が行われました。この世代のダート路線の中心となる馬を決めるレースではありますがホッカイドウで中央馬を撃破し交流重賞を2勝したタイニーダンサー(中央移籍)、GDJ2歳シリーズでトップに立っているモダンウーマンも不在に加え6戦6勝で挑むはずだった川崎・ポッドガイが出走取り消しというアクシデントも。ただ核となる存在はないものの決して劣るとは言えない地方馬のメンバーとなりました。また中央からは兵庫ジュニアグランプリを快勝したサウンドスカイをはじめ2勝以上している馬が5頭揃い高いレベルでの混戦模様となりました。

人気の方は重賞連勝を狙うサウンドスカイが3.1倍で1番人気、レガーロが3.2倍と競る形となり後は5.4倍でオーマイガイとエネスクが並び上位人気は中央馬が占めて地方馬ではアンサンブルライフが10.2倍で追いかける形となりました。

レースではスタート直後から兵庫・マイタイザンが果敢にハナを狙うもアンサンブルライフが外から奪う形になりレースを引っ張ると馬群はやや縦長。

843_MP1_1413

3コーナーからアンサンブルライフとオーマイガイが抜け出し直線でもオーマイガイを振り切ったアンサンブルライフが粘るところに道中は中団を追走していた1番人気・サウンドスカイが直線半ばで捕えると最後は外から追い込んできたレガーロに1馬身半差をつけて勝利しました。地方馬最先着は逃げたアンサンブルライフが粘り込み3着となりました。タイムは1.43.1で昨年馬場改修され数字的には強調できないものの昨年の勝ちタイムより2秒近く早い事を考えれば優秀だと思います。

勝ったサウンドスカイはこれでダートに路線変更してから4連勝。そして重賞は連勝となり一気に世代のダート界中心の一頭となりました。この後は芝路線も視野に入れるようですがダート路線を進んだ方が良いという印象も受けました。

803_MP1_1097

ただ、現在3歳春のダート路線を考えると斤量を背負わされる形になると共にサウンドスカイが得意としそうな1400m~マイルのレースがないというのが悩みの種となりそうです。せっかくの素質を潰すことだけはしてほしくないものです。
地方馬では健闘した3着のアンサンブルライフ、4着のトロヴァオは来年に向けて非常に良い走りを見せたと思います。どちらも来春の南関東のクラシック戦線では中心的存在となるでしょう(※写真は3着のアンサンブルライフ)。

809_MP1_1327

ここで結果が出なかった馬もまだ2歳。ここから成長する可能性も秘めている馬も多いと思うので今後、この経験を活かし活躍してもらいたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


夢想

夢想

投稿者プロフィール

兵庫県生まれ。スポーツカメラマン。もともとは競馬、馬の魅力に惹かれて撮り始めたことで今のスポーツカメラマンになるきっかけに。競馬撮影は10年以上。最近は地方競馬に惹かれ(中でも地元園田競馬が最も好き)、全国の競馬場を巡り残す地方競馬場は水沢と帯広を残すのみ。ここ2年地方競馬の2歳戦全レース、3歳戦の主要レースはチェックしブログで掲載中。雑誌・「競馬最強の法則」のナムラダイキチの記事にて写真掲載される事もあり

この著者の最新の記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る