園田競馬場のアイドル誘導馬・マコーリーが長年の誘導馬生活を10月16日に退きます

かつては「アラブのメッカ」と言われ、最近ではオオエライジンやチャンストウライなどの名馬を送り出してきた兵庫競馬。

ここには、「この馬に会いたいから」と訪れる人も多い一頭の馬がいます。それが今年で30歳となり「マコーリー爺」とも呼ばれるマコーリー。人間だと100歳近い年齢。白い馬体で優しげな眼で何とも愛らしい雰囲気、パドックに登場すると必ず近くの警備員さんにおやつを要求する姿などを見ていると人気が出るのも肯けるアイドル的存在の爺さんです。

123

マコーリーは1985年にニュージーランドで生まれ、98年からは京都競馬場で誘導馬としてデビューすると2001年から園田競馬場で誘導馬を行う事となりました。そこからロングマリーンと長年コンビを組み、現在はアイスバーグ、メイショウシャークといった後輩と共に誘導馬の仕事に励んでいました。いつか来るとは思っていましたが、ついに9月30日のそのだ・ひめじ競馬の公式メールマガジンにおいてマコーリーが10月16日の姫山菊花賞を最後に誘導馬の仕事を退くという事が発表されました。

30歳という高齢もあり体力の衰えをも気になっていましたし、馬体も年齢を感じるものとなってきたのは素人目でも解るほどでした。近年夏場は暑さの為に登場する事も少なくなっていました。引退後はイベントなどでマコーリーに会う機会はあるとのことなので誘導馬は引退してしまいますが、これからも園田競馬場のアイドルとして姿を見せてくれる事でしょう。

とにかく、これまであの何とも言えない愛くるしい雰囲気で登場するマコーリーには何度も癒されました。今後はアイスバーグやメイショウシャークという誘導馬の後輩たちの働きぶりを見ながら余生を暮らしてほしいと思います。そして、姫山菊花賞まで時間もありますので、是非マコーリーの雄姿を見に来てほしいものです!!



夢想

夢想

投稿者プロフィール

兵庫県生まれ。スポーツカメラマン。もともとは競馬、馬の魅力に惹かれて撮り始めたことで今のスポーツカメラマンになるきっかけに。競馬撮影は10年以上。最近は地方競馬に惹かれ(中でも地元園田競馬が最も好き)、全国の競馬場を巡り残す地方競馬場は水沢と帯広を残すのみ。ここ2年地方競馬の2歳戦全レース、3歳戦の主要レースはチェックしブログで掲載中。雑誌・「競馬最強の法則」のナムラダイキチの記事にて写真掲載される事もあり

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る