園田プリンセスカップは道営馬のランランランがナツとの接戦を制して勝利


9月17日に2015年のGDJ2歳シリーズの第1戦となる園田プリンセスカップ(1400m)が行われました。お昼ごろまで雨が降り続いたもののレースが始まる頃には止みはしたものの馬場は不良に。道営から2頭、笠松から5頭の遠征馬を迎えて行われました。人気は地元兵庫でデビューから3戦3勝でここで重賞初制覇を狙う杉浦騎手が騎乗するスマイルプロバイドが2.2倍で1番人気。続いて道営・ランランランが3.6倍の2番人気、兵庫・ナツが4.6倍の3番人気で追いかける形となりました。

レースはスタートから出ムチを使ってスマイルプロバイドが果敢にハナに立つもののエムティーシャトルとランランランの道営勢2頭がピッタリとマークする形に。

825_KA3_0756

3コーナー手前で早くも1番人気・スマイルプロバイドの手応えが怪しくなると代わってランランランが先頭に立ち後続を離しにかかるも4コーナー手前で一気にナツが進出し抜け出しを図る。しかし、直線で再びランランランがナツに並びかけるとゴール前まで2頭の叩きあいとなると最後は2番人気・ランランランがナツをクビ差振り切って勝利しました。2着にはナツ、離れた3着には笠松から遠征したシャイニーネームが入り、1番人気・スマイルプロバイドは8着という結果となりました。このレースの勝ちタイムは1.29.0。これは園田プリンセスカップの歴代2位の早いタイムとなりました。

勝ったランランランはこれが2勝目となり重賞は初勝利。鞍上の川原騎手は園田チャレンジカップに続いて地元の重賞を連勝となりました。

827_KA3_0926

ランランランの父・エクラヴァンクールは聞き慣れない名前ですが父がフォーティナイナー、母の父・サンデーサイレンスという血統。現役時は名古屋でデビューし3勝(中央にも移籍したが3戦0勝)という成績を残しました。2015年に産駒がデビューの新種牡馬ですが産駒はランランランのみ。異色の種牡馬として今後は注目を浴びるかもしれません。

そして、勝ったランランランは、その後兵庫・盛本厩舎への移籍が発表されました。

826_KA3_0868

新たな地での活躍をまた期待したいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


夢想

夢想

投稿者プロフィール

兵庫県生まれ。スポーツカメラマン。もともとは競馬、馬の魅力に惹かれて撮り始めたことで今のスポーツカメラマンになるきっかけに。競馬撮影は10年以上。最近は地方競馬に惹かれ(中でも地元園田競馬が最も好き)、全国の競馬場を巡り残す地方競馬場は水沢と帯広を残すのみ。ここ2年地方競馬の2歳戦全レース、3歳戦の主要レースはチェックしブログで掲載中。雑誌・「競馬最強の法則」のナムラダイキチの記事にて写真掲載される事もあり

この著者の最新の記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る