南関東で重賞を制したクレイアートビュンが高知競馬で2年3カ月ぶりの勝利

805_⑥クレイアートビュン スタンド前 (8)

ペルーサの5年3カ月ぶりの勝利に沸いた8月8日ですが、実はその後にも高知競馬で久々の嬉しい勝利を挙げた馬がいました。それが現在は高知・雑賀正厩舎に在籍している今年で11歳となったクレイアートビュン。同期にはフリオーソ、アンパサンド、トップサバトンがいます。

2006年に岩手でデビューすると2歳の年末に大井へ。そこから翌年の3月に浦和・小久保厩舎に移籍すると2008年に埼玉栄冠賞、2010年マイルグランプリと重賞を2勝挙げ他にも重賞は2着が7回あり交流重賞の浦和記念でも3着になった実績を持っています。その後は金沢→南関東(船橋)→兵庫→高知と様々な競馬場に移籍し8月8日で141戦目。そのレースとなった高知9Rでは西川騎手とのコンビで出走し3番人気という支持。スタートしてから果敢にハナに立つと後続を少し離して単騎で逃げる形になると終始そのリードを保ち直線でも脚色衰えぬまま最後も2着に1馬身差をつけて逃げ切りました。

この勝利で通算12勝目となり2013年5月8日に園田競馬で勝利して以来の2年3カ月ぶり、高知に移籍してからは24戦目での勝利となりましたがC1に編入後は勝利こそは初めてでしたが2着4回、3着6回という成績。

クレイアートビュンは兵庫競馬所属時に何度も見た事があるんですが向かって右目が白く濁っているのが確認できます。

admin-ajax

これがどういう事で支障のある状態かは気になりますが、そのような状態であることを感じさせないクレイアートビュンの走りには驚かされます。今後も無事に走り続けてほしいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


夢想

夢想

投稿者プロフィール

兵庫県生まれ。スポーツカメラマン。もともとは競馬、馬の魅力に惹かれて撮り始めたことで今のスポーツカメラマンになるきっかけに。競馬撮影は10年以上。最近は地方競馬に惹かれ(中でも地元園田競馬が最も好き)、全国の競馬場を巡り残す地方競馬場は水沢と帯広を残すのみ。ここ2年地方競馬の2歳戦全レース、3歳戦の主要レースはチェックしブログで掲載中。雑誌・「競馬最強の法則」のナムラダイキチの記事にて写真掲載される事もあり

この著者の最新の記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る