2015年最初の2歳重賞・栄冠賞はタイニーダンサーが勝利

814_門別10R スタンド前 (13)

中央競馬も宝塚記念が終わり夏競馬へ。そして、夏の北海道シリーズも始まり2歳馬もデビューし始めました。既に来年のクラシックへ向けての戦いは始まっています。

地方競馬では4月末から既に2歳戦がスタートしており全国の大半の競馬場でも新馬戦が行われています。そして、6月30日には全国で最も早くホッカイドウ競馬で2歳の重賞・栄冠賞(外1200m)が行われました。このレースは7月26日に函館で行われる函館2歳Sの出走権を獲得できるレースでもあります。

12頭立てで行われたレースは前走のアタックチャレンジを圧勝していたスティールキングが2.0倍の単勝1番人気。2番人気にはデビュー戦であるフレッシュチャレンジで素晴らしいスピードを見せていたモダンウーマンの3.1倍でした。

レースはスタート直後からモダンウーマンがハナに立つもそれほど後続を離さず半馬身ほど前に出る形の逃げで馬群はほぼ一団。4コーナーから徐々にリードを広げたモダンウーマンが直線でもリードを保ち逃げ込みを図るところにスタートの出が悪く序盤は馬群後方を追走し4コーナー付近から内を突いて進出した5番人気・タイニーダンサーが直線半ばで外から逃げるモダンウーマンを捕えると最後は3馬身差をつけて勝利しました。

タイムは1.12.7と栄冠賞が門別1200m戦で行われるようになってから最も早いものとなりました。1番人気・スティールキングは4着でした。

勝ったタイニーダンサーは道営・角川厩舎所属で通算3戦2勝となり重賞は初制覇。父・サウスヴィグラス、母・キハク、母の父・アサティスという血統で本馬の半姉には13年に浦和桜花賞を制したイチリュウがいます。角川厩舎はワンツーという結果となりました。

栄冠賞はこの条件になり7回目となりましたが今年も牝馬が勝利した為、7回中6回牝馬が勝つ事となりました。この傾向は来年以降も続きそうなので来年も注意したい項目。そして、勝ち馬は昨年のティーズアライズが今年の東京プリンセス賞を勝ち、他にもノットオーソリティやクラーべセクレタが南関東の3歳戦線で活躍しているように栄冠賞は出世レースの一つでもあります。そういう意味でも今後のタイニーダンサーの走りにも注目したいものです。

タイニーダンサーが栄冠賞を勝利し函館2歳Sへの出走権を獲得しましたが、ホッカイドウ競馬では後2つ、当レースへの出走権を獲得できるレースがあり、その権利があるウィナーズチャレンジ①、ウィナーズチャレンジ②も既に行われリンダリンダ<牝・角川厩舎(父・フレンチデピュティ)>、ラプレシオーサ<牝・田中淳厩舎(父・ダノンシャンティ)>の2頭が権利を獲得しました。

この3頭が函館2歳Sに出走するかどうかは未定ですが、芝でどのような走りを見せてくれるかというのも楽しみにしたいものです。そして、この世代から只今南関東で奮闘中のハッピースプリントのような中央馬相手に互角の勝負を挑めるような馬の出現にも期待したいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


夢想

夢想

投稿者プロフィール

兵庫県生まれ。スポーツカメラマン。もともとは競馬、馬の魅力に惹かれて撮り始めたことで今のスポーツカメラマンになるきっかけに。競馬撮影は10年以上。最近は地方競馬に惹かれ(中でも地元園田競馬が最も好き)、全国の競馬場を巡り残す地方競馬場は水沢と帯広を残すのみ。ここ2年地方競馬の2歳戦全レース、3歳戦の主要レースはチェックしブログで掲載中。雑誌・「競馬最強の法則」のナムラダイキチの記事にて写真掲載される事もあり

この著者の最新の記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る