高知のサクラシャイニーが820mの電撃戦・園田FCスプリントを制覇!


スーパースプリントシリーズ2015(SSS)の最終戦となる船橋で行われる習志野きらっとスプリント(7月20日・1000m)の西日本地区トライアルである園田FCスプリント(820m)が6月18日に行われました。

他地区勢は昨年の覇者・エスワンプリンス(佐賀)、一昨年の覇者・エプソムアーロン(高知)、そして高知で重賞連勝中で昨年の兵庫ゴールドTで3着にもなっているサクラシャイニーが参戦と強力なメンバー。対する地元勢は桜花賞馬・レッツゴードンキの半兄であるマルトクスパートが中心となり迎え撃つ形に。人気は単勝2.0倍で高知・サクラシャイニーが1番人気、3.1倍で地元マルトクスパートが追いかける形となりました。

レースはスタートで一昨年の覇者・エプソムアーロンが出遅れ。前はマルトクスパートが出ムチを撃ちながらハナを目指すも佐賀・エスワンプリンも譲らず競り合い、その半馬身程後ろに1番人気のサクラシャイニーが追走する形となり先団はこの三頭が形成。4コーナーから僅かにエスワンプリンスが遅れ始めると直線ではマルトクスパートとサクラシャイニーの叩きあいとなり最後は1番人気・サクラシャイニーがゴール前で半馬身差抜け出して勝利した。3着にはエスワンプリンスが入り、出遅れたエプソムアーロンは追い上げたものの4着という結果に。勝ちタイムは49.0。

勝ったサクラシャイニーは習志野きらっとスプリントへの出走権を獲得しました。-10キロとこれまで高知に移籍してから最も軽い馬体重となりましたがその影響を感じさせない勝ち方。この勝利で高知に移籍後8戦6勝となりました。

2着のマルトクスパートは連勝こそ止まったものの惜しい内容。近走は本当に走りが良くなっており本格化しています。ここから各地での活躍も期待したいところでありますし、地元ファンとしては暮れの兵庫ゴールドTを目指して頑張ってほしいものです。

821_KA3_0725

3着の佐賀・エスワンプリンスも復帰2戦目という事を考えれば健闘し昨年の覇者の走りは示せたと思います。レース前のパドックでも気合を表に現していたようにまだまだ「佐賀のプリンス」は健在です!!

805_KA3_0701

勝ったサクラシャイニーは使うと疲れがたまりやすい馬という事で間隔を詰めて使い続ける事は難しい馬とのことですが西日本地区の代表として各地の代表が集結する習志野きらっとスプリントでも頑張ってほしいものです。そして、その後はやはり中央馬を破るシーンが見れればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


夢想

夢想

投稿者プロフィール

兵庫県生まれ。スポーツカメラマン。もともとは競馬、馬の魅力に惹かれて撮り始めたことで今のスポーツカメラマンになるきっかけに。競馬撮影は10年以上。最近は地方競馬に惹かれ(中でも地元園田競馬が最も好き)、全国の競馬場を巡り残す地方競馬場は水沢と帯広を残すのみ。ここ2年地方競馬の2歳戦全レース、3歳戦の主要レースはチェックしブログで掲載中。雑誌・「競馬最強の法則」のナムラダイキチの記事にて写真掲載される事もあり

この著者の最新の記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る