地方ダービーの未来に暗雲か?転入初戦で東海ダービー制覇のバズーカが兵庫へ出戻り

824_園田4R 2歳三組 ⑤バズーカ (21)

白熱した地方競馬のダービーウィーク。その最終日を飾ったのが東海ダービー馬となったバズーカでした。

3番人気に支持されたバズーカは、直線で一気に前に並びかけると最後は差を詰めて来たツリーハウスに1馬身差をつけて勝利し、ダービー馬の栄誉に輝きました。

ただし、ここに来てちょっとした騒動の主役になってしまいました。というのも、ダービーを勝った後、もともと所属していた兵庫に出戻りしてしまったのです。

スポンサーリンク

当初から「移籍初戦でいきなりダービーに出走できるの?」という疑問がありました。

その競馬場でデビューした馬や移籍してきた馬が激しい戦いを繰り広げ、勝ち抜いてきた馬たちが集まり世代の代表馬を決める舞台がダービーです。ファンも2歳戦から対決を楽しみ、移籍してきた馬が加わって強いだの弱いだの、談義に花を咲かせて楽しみます。

そして、長い戦いを勝ち抜いてダービーを勝った馬にその地の代表としてジャパンダートダービーや黒潮盃に出走する権利が与えられ、ファンは夢を抱くのです。

しかし、今回の東海ダービーの場合は移籍して来た馬がいきなりダービーに出走し、勝ってしまいました。

例えるならば「日本ダービーに移籍してきた海外馬がトライアルを使う事なく出走し勝ってしまう」というのと同じ様なことです。誰しも疑問を抱くことでしょう。

ただし、ここで引っかかったのは出走規則に関してで、バズーカに対してではありませんでした。今後、東海地方でダービー馬として何戦か戦うのであれば、徐々に東海ダービー馬として認知されていくはずだと考えたからです。

ダービー勝利、そして……

しかし、地方競馬の公式データベースによると、東海ダービー馬となったバズーカは再び、兵庫所属となっています。東海ダービー時には愛知・川西厩舎所属となっていましたが、6月13日現在、以前所属していた兵庫・田中範厩舎と記載されています。要するに1戦だけして再び移籍したということです。

移籍初戦でダービーに出走しただけでなく、勝ってすぐに移籍。こうなってしまうと地元の関係者やファンにとって気持ちの良い出来事ではないはずです。

以前、マカニビスティーが矢作厩舎から南関東へ移籍し、東京ダービーを勝ったことが騒動となりました。“マカニビスティー事件”として記憶している方もいるかもしれません。ただ、このマカニビスティーのケースにしても、東京ダービーに出走するまでに南関東で2走しています。

ひとつ断りを入れておくと、今回の件は定められたルールの上で行われました。陣営や馬主、そしてバズーカは何も悪いことをしていません。バズーカの勝利を否定するわけでも、責めているわけでもありません。

問題があるとすれば、こういったルールを定めている主催者側にあるのです。移籍してきた馬に出走制限を設ける(例えば2走以上するかトライアルで出走権を得ないとダービーには出られない)などする必要があるのではないでしょうか?

他の地域からやってきた馬がダービーを勝ち、すぐにいなくなってしまうというのは地方競馬ファンからすると、さみしい以外の何物でもありません。ダービーというのはどこでも特別なレースです。ダービー馬というのは我が地の代表馬ですから、地元の関係者やファンに認められ、受け入れられる存在であってほしいと感じます。

今後、このようなことが各地で起こらないとは限りません。主催者側がしっかりとルールを定めることを切に願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


夢想

夢想

投稿者プロフィール

兵庫県生まれ。スポーツカメラマン。もともとは競馬、馬の魅力に惹かれて撮り始めたことで今のスポーツカメラマンになるきっかけに。競馬撮影は10年以上。最近は地方競馬に惹かれ(中でも地元園田競馬が最も好き)、全国の競馬場を巡り残す地方競馬場は水沢と帯広を残すのみ。ここ2年地方競馬の2歳戦全レース、3歳戦の主要レースはチェックしブログで掲載中。雑誌・「競馬最強の法則」のナムラダイキチの記事にて写真掲載される事もあり

この著者の最新の記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る