兵庫若駒賞をマイタイザンが無敗のまま重賞制覇!鞍上の杉浦健太騎手も嬉しい重賞初制覇。


10月29日に園田競馬場で2歳馬の未来優駿2015シリーズの兵庫若駒賞が行われました。このレースは、これまでオオエライジン、メイレディ、トーコーヴィーナス、トーコーポセイドン、カラテチョップ、エーシンクリアーと数々の重賞馬を送り出している兵庫競馬においての出世レースとも言えます。人気の方はデビューから3戦3勝のマイタイザンが1.5倍で抜けた1番人気、続いてウメマツサクラが4.1倍で追いかける形となりました。

レースはスタートで少しウメマツサクラが躓く形に。エイシンシンタがハナに立ちマイタイザンが2番手で逃げ馬をマークし、ウメマツサクラが4番手を追走。

807_KA3_0396

3コーナーで早くも1番人気のマイタイザンが逃げたエイシンシンタを捕え先頭に立つと4コーナーでリードを広げると直線では迫るウメマツサクラを1馬身差振り切って勝利しマイタイザン、鞍上の杉浦健太騎手、管理する新井調教師と皆が重賞初制覇となりました。

802_KA3_0499

鞍上の杉浦健太騎手は今年でデビュー6年目。昨年は自身最高の62勝を挙げ、今年は通算200勝を達成し兵庫競馬のリーディングで9位につけているレベルの高い兵庫競馬の中で活躍中の若手騎手の一人。9月に行われた園田プリンセスカップでも1番人気のスマイルプロバイドに騎乗したものの8着に敗れチャンスを逃していただけに悲願の重賞制覇。これによってより一層の活躍を期待したいところです。

806_KA3_0660

勝ったマイタイザンはデビューから無敗での重賞制覇。父・ファスリエフ、母・エーピーモモ、母の父・ダンスインザダークという血統で母の母は1999年にフラワーCを制しているサヤカがいます。

808_KA3_0203

タイム的にも過去の勝ち馬と遜色ないものである上に、2歳馬ながら500キロを越える馬体と古馬と勘違いしてしまうほどの風格を見れば、この先にある兵庫ジュニアチャンピオンでも地元馬代表としての活躍も期待したいところですし兵庫若駒賞を勝ったこれまでの先輩のようにこの先も兵庫競馬を引っ張っていくような代表的な馬となってほしいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


夢想

夢想

投稿者プロフィール

兵庫県生まれ。スポーツカメラマン。もともとは競馬、馬の魅力に惹かれて撮り始めたことで今のスポーツカメラマンになるきっかけに。競馬撮影は10年以上。最近は地方競馬に惹かれ(中でも地元園田競馬が最も好き)、全国の競馬場を巡り残す地方競馬場は水沢と帯広を残すのみ。ここ2年地方競馬の2歳戦全レース、3歳戦の主要レースはチェックしブログで掲載中。雑誌・「競馬最強の法則」のナムラダイキチの記事にて写真掲載される事もあり

この著者の最新の記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る