モーリスの血統や将来性は?マイルチャンピオンシップ1着馬を徹底分析

(C) Y.Noda
(C) Y.Noda

ページ:

1

2

11月22日に京都競馬場で行われたマイルチャンピオンシップ(GI/芝外回り1600m)は、4番人気のモーリスが大外から豪快に差し切り、GI2勝目を挙げた。春の安田記念に続くマイルGI勝ちにより、現役最強マイラーの評価を確固たるものとした。

モーリスの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

スポンサーリンク

血統評価は?

モーリスは父スクリーンヒーロー、母メジロフランシス、その父カーネギーという血統。

スクリーンヒーロー産駒はマイルチャンピオンシップ初制覇となった。

種牡馬としてスクリーンヒーローは地味な存在でしかなかったが、大物モーリスを輩出したことにより評価は揺るぎないものとしつつある。最近はゴールドアクターがアルゼンチン共和国杯を制覇。ミュゼエイリアンやグァンチャーレなど、産駒数が少ない中できっちりと重賞ウィナーを出している。

種牡馬としてのポテンシャルはリーディング上位に引けをとらない。

母メジロフランシスは未勝利に終わったものの、母系を遡ると才能溢れる馬たちに巡りあう。祖母メジロモントレーはアルゼンチン共和国杯やAJCCなど2000m超の重賞4勝。さらに4代母メジロボサツは朝日杯3歳ステークスや、当時2400mで施行されていた函館記念を勝っている。

母系としてのポテンシャルはまずまずといったところ。

モーリスが爆発的な力を発揮する理由として、配合があげられる。

スクリーンヒーローは欧州血統との相性が良い。ミュゼエイリアンは母父エルコンドルパサーで、その母父はサドラーズウェルズ。ゴールドアクターは母母父が仏GⅠ2勝のマナード。そしてモーリスは母父が凱旋門賞馬のカーネギーとなっている。

「ポテンシャルの高い父+ポテンシャルを秘めた母系+相性の良い配合」により、モーリスが誕生したと考えられるのだ。

【次のページヘ】マイルCS回顧〜モーリスを“絶対王者”と呼べる理由とは?

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る