ミッキークイーンの血統や将来性は?オークスの覇者を徹底分析


(C) Yusuke Tsutaya

東京競馬場で5月24日に行われた優駿牝馬オークス(GI/芝2400m)は、3番人気のミッキークイーンがルージュバック、クルミナルとの追い比べを制して優勝した。

浜中騎手の手綱に導かれ、桜花賞への出走が叶わなかった無念を晴らし、馬名の如く女王の座に輝いた。

ミッキークイーンの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。


血統評価は?

ミッキークイーンは父ディープインパクト、母ミュージカルウェイ、その父ゴールドアウェイという血統。ディープインパクト産駒によるオークス制覇は、12年のジェンティルドンナ以来2頭目だ。

母ミュージカルウェイは仏国重賞を3勝し、香港カップで3着した実力馬だが、その父ゴールドアウェイはマイル前後の仏国重賞を4勝したものの、GⅠでは2着4回とここ一番で勝ちきれなかった。ゴールドアウェイは祖父がヌレイエフで、母系にヌレイエフの血を持つ馬はオークスに相性がいい。

14年1着ヌーヴォレコルト(母父スピニングワールド)
13年3着デニムアンドルビー(母母父ヌレイエフ)
12年2着ヴィルシーナ(母母父ヌレイエフ)
11年2着ピュアブリーゼ(母父パントレセレブル)

今回のミッキークイーン1着で、5年続けて母系にヌレイエフの血を持つ馬がオークスで馬券になったということになる。

母系にヌレイエフを持つ主なディープインパクト産駒は、先に挙げたデニムアンドルビーやヴィルシーナの他に、昨年の3歳マイル王者ミッキーアイル、2歳女王ショウナンアデラ、GIII2勝のマーティンボロなど活躍馬が多数いる。

樫の女王の課題

秋はもちろん、古馬になってからの活躍も期待したいところだが、今後は馬体の成長を望みたいところだ。ディープインパクト産駒は小柄な産駒の多い。しかし、GⅠ戦線で活躍したジェンティルドンナやヴィルシーナ、ハープスターは450~480キロと、立派な馬体を誇っていた。一方、ミッキークイーンは430キロと小柄なのだ。

GⅠの舞台で堂々と牡馬と渡り合う牝馬が増えた現代競馬は、それだけ消耗も大きい。銘品の仲間入りをするためには、馬体面の成長が求められる。

もっとも、ミッキークイーンは未勝利を勝った時、444キロだった。クイーンカップで輸送に失敗してマイナス20キロとなったが、本来はもう少し馬格のある馬なのだ。444キロだったのが2歳の12月。そこから成長していることを考えると、馬体が増えていく可能性は十分にあるはずだ。

今後、夏場は休養に当てて王道の秋華賞路線を歩むことになる。しっかりと休養して馬体重を増やし、450キロ前後で秋を迎えられたなら、“名牝への道”は確実に開けてくる。

【関連記事】
ミッキークイーンが樫の女王に輝けた4つの要因とは?
ルージュバックの血統や将来性は?オークス2着馬を徹底分析
レッツゴードンキがオークスで惨敗したワケ〜血と展開と桜花賞のしわ寄せ〜
日本ダービーとオークスの黄金配合と“血統連動説”って?
ハービンジャーは失敗種牡馬なのか?伸び悩む産駒たちと今後への期待


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る