マーメイドステークス2017の予想データ分析…5つの消しで好走率4割、回収率400超

(C)Ko-Mei

今週は阪神競馬場でマーメイドステークス(GIII/芝内回り2000m)が行われる。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップして紹介する。

人気、血統、枠順、ローテーションなど、予想のポイントになりそうなデータとは?

ポイント1 4歳以下は消し!

マーメイドSは梅雨の時期に行われる牝馬限定の中距離ハンデ重賞だ。非常に特殊なシチュエーションのため、“普通の条件”で強い馬があっさりコケることがある。

ではマーメイドSがどんな条件で行われるかというと……

・開催場所は中央4場の中で最もタフな阪神競馬場
・梅雨の時期で雨が多く、馬場が痛みやすい
・2000mと、牝馬限定戦にしては比較的長い

というように、特殊な適性が求められる。よって、この条件に合う人気薄が激走することが多々ある。

ではどうして年齢で区切るかといえば、4歳以下の場合、勢いに乗って参戦してくる上がり馬が多い。しかし、そういう馬のほとんどは“普通の条件”で好走してきたわけで、マーメイドSに適性があるとは限らない。

結果として、多くの3、4歳馬が人気を裏切ってきた。

年齢 着別度数
3歳 0- 0- 0- 4/ 4
4歳 2- 1- 5- 30/ 38
5歳 6- 6- 3- 55/ 70
6歳 2- 3- 1- 17/ 23
7歳 0- 0- 1- 4/ 5
8歳 0- 0- 0- 1/ 1
年齢 勝率 複勝率 単回値 複回値
3歳 0.0% 0.0% 0 0
4歳 5.3% 21.1% 14 47
5歳 8.6% 21.4% 238 120
6歳 8.7% 26.1% 115 220
7歳 0.0% 20.0% 0 86
8歳 0.0% 0.0% 0 0

5歳以上の人気薄で、マーメイドSの条件に適正のある馬を選ぶのがいいだろう。よって、4歳以下は消してしまうことにする。

ポイント2 斤量が重い馬は消し!

マーメイドSといえばハンデ重賞。ハンデ重賞といえば、低斤量馬の激走が見込める。

特にマーメイドSは牝馬限定の中距離重賞のため、斤量のハンデがモロに結果に影響してくるケースが多い。

斤量 着別度数
~49kg 1- 0- 0- 9/ 10
49.5~51kg 0- 3- 1- 25/ 29
51.5~53kg 7- 4- 5- 35/ 51
53.5~55kg 1- 2- 2- 27/ 32
55.5~57kg 1- 1- 2- 15/ 19
57.5~59kg 0- 0- 0- 0/ 0
59.5~ 0- 0- 0- 0/ 0
斤量 勝率 複勝率 単回値 複回値
~49kg 10.0% 10.0% 1163 286
49.5~51kg 0.0% 13.8% 0 85
51.5~53kg 13.7% 31.4% 127 147
53.5~55kg 3.1% 15.6% 17 49
55.5~57kg 5.3% 21.1% 65 65

53.5キロ以上になると、それより下に比べて成績がかなり低くなっている。素直に低斤量の馬を選んでいくべきだろう。

ポイント3 馬体重が重たい馬は消し!

基本的に競馬では馬体重が重たい馬のほうが恩恵を受けやすい。同じ斤量を背負うなら馬格があったほうが負担は軽減されるし、競走中に馬体がぶつかっても影響を受けることが少ない。

しかし、マーメイドSでは馬体重が軽い馬のほうがいい成績を残している、というデータが出ている。

馬体重 勝率 複勝率 単回値 複回値
~399kg
400~419kg 0.0% 0.0% 0 0
420~439kg 5.6% 33.3% 122 165
440~459kg 17.6% 29.4% 116 108
460~479kg 4.7% 25.6% 306 171
480~499kg 3.1% 9.4% 17 53
500~519kg 0.0% 0.0% 0 0
520~539kg 0.0% 0.0% 0 0
540~ 0.0% 0.0% 0 0

なぜこういった現象が起こるのか? それはハンデ重賞という特殊なシチュエーションが影響していると考えられる。

普段、斤量の影響を受けて馬体重の重たい馬にやられている馬体重の軽い馬が、低斤量を背負うことによって、斤量のハンデがなくなり、激走している……といった構図だと考えられるのだ。

よって、480キロ未満の馬を狙っていくことにしよう。

ポイント4 上がり1位の馬は消し!

マーメイドSは特殊な条件で行われるため、普段のレースで上がり上位の脚を使う馬は来ない。

前走脚質 着別度数
3F 1位 1- 2- 1-13/17
3F 2位 2- 1- 1-11/15
3F 3位 2- 1- 0- 9/12
3F ~5位 2- 0- 3-15/20
3F 6位~ 3- 6- 5-63/77
前走脚質 勝率 複勝率 単回値 複回値
3F 1位 5.9% 23.5% 72 63
3F 2位 13.3% 26.7% 37 72
3F 3位 16.7% 25.0% 83 140
3F ~5位 10.0% 25.0% 613 205
3F 6位~ 3.9% 18.2% 62 100

ご覧の通り、上がり1、2位の馬が非常に低調であることが分かる。

今回は幅を取り、上がり1位の馬のみ、消していくこととしよう。

ポイント5 前走マイル以下は消し!

マーメイドSは非常にタフな条件で行われるため、前走で軽い条件を経験している馬は対応できない可能性が高い。

例えば距離だ。マイル戦のような軽い条件から、一気にタフな中距離に挑んだ馬はほとんどの場合、凡走している。

前走距離 着別度数
1000m 0- 0- 0- 1/ 1
1150m 0- 0- 0- 0/ 0
1200m 0- 0- 0- 0/ 0
1300m 0- 0- 0- 0/ 0
1400m 0- 0- 0- 8/ 8
1500m 0- 0- 0- 0/ 0
1600m 0- 2- 5- 30/ 37
1700m 0- 0- 0- 1/ 1
1800m 6- 4- 3- 43/ 56
1900m 0- 0- 0- 0/ 0
2000m 4- 3- 0- 21/ 28
2100m 0- 0- 0- 0/ 0
2200m 0- 0- 0- 1/ 1
2300m 0- 0- 0- 0/ 0
2400m 0- 1- 1- 5/ 7
2500m 0- 0- 1- 1/ 2
前走距離 勝率 複勝率 単回値 複回値
1000m 0.0% 0.0% 0 0
1150m
1200m
1300m
1400m 0.0% 0.0% 0 0
1500m
1600m 0.0% 18.9% 0 51
1700m 0.0% 0.0% 0 0
1800m 10.7% 23.2% 94 110
1900m
2000m 14.3% 25.0% 522 191
2100m
2200m 0.0% 0.0% 0 0
2300m
2400m 0.0% 28.6% 0 70
2500m 0.0% 50.0% 0 900

マイル以下の成績は散々なものとなっている。1600m以下の馬は、消していくことにしよう。

まとめ 消しデータを取り除くと?

では、ここまで挙げてきた消しデータを取り除くと、どのような成績になるのだろうか?

着別度数
6- 4- 4-21/35
勝率 複勝率 単回値 複回値
17.1% 40.0% 501 303

なんと、好走率は40%超、回収率も400%オーバーという極めて優秀な成績となっている。

今年はこのデータに該当する馬を軸に添えてみても、いいかもしれない。



この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る