(C)arima0208

距離以上にスタミナが問われる目黒記念(GII/2500m)が5月31日に行われる。

今年は例年にも増して混戦模様で、ハンディキャップ競争ということも相まって荒れたレースとなるかもしれない。しかしながら、中心はムスカテール、ファタモルガーナ、ステラウインドなどの東京巧者だろう。

予想される人気と、出走を予定している主な有力馬はを見ていこう。

人気予想

1番人気 ムスカテール
2番人気 ステラウインド
3番人気 ファタモルガーナ
4番人気 ダービーフィズ
5番人気 レコンダイト

中穴人気…ニューダイナスティ、メイショウカドマツ、トウシンモンステラ、ヒットザターゲットなど

※独自のアルゴリズムを用いて集計しています

勢力図を予想

ムスカテール(牡7)
適正:★★★★★
能力:★★★★☆
安定感:★★★☆☆

一昨年の同レースの覇者だ。それ以降の芝のレースでは結果が出ずにいたが、前走のメトロポリタンステークスで久々に勝ち星を挙げ、力のあるところを示した。全盛期ほどの迫力は感じないが、このメンバーなら実力上位であることは間違いない。得意の東京コースで久々の重賞勝利となるか。

ファタモルガーナ(セ7)
適正:★★★★☆
能力:★★★★☆
安定感:★★★★☆

ステイヤーズステークス、ダイヤモンドステークスでいずれも2着と長距離重賞で好走が続いている。好位からしぶとい脚を使う堅実な走りをする馬で、とりわけ長距離での安定感は抜群だ。今度こそ重賞勝利に手が届くか。

ステラウインド(牡6)
適正:★★★☆☆
能力:★★★★☆
安定感:★★★★☆

今年は万葉ステークスを勝利。ここ2走も敗れたとはいえ、相手関係を考えれば悪くない内容だ。東京コースで好成績を残しており、コース適性も十分だ。今回はメンバーが手薄なので一発も期待できそうだ。

メイショウカドマツ(牡6)
適正:★★★☆☆
能力:★★★☆☆
安定感:★★★☆☆

前々走の早春ステークスを逃げ切り勝ち。逃げて自分の形に持ち込んだときのしぶとさは目をみはるものがある。過去の成績からも東京の2500mの今回の舞台はベストな条件と言えそうだ。楽に逃げられれば逃げ切りもあり得る。

その他には、復活を誓う昨年の覇者マイネルメダリスト、近走は結果が出てないものの、過去には重賞3勝で実績上位のヒットザターゲット辺りも圏内か。3歳から活躍しており、再びオープンまで昇級してきたアドマイヤスピカとダービーフィズがどこまでやれるかにも注目が集まる。

【関連記事】
日本ダービーに届かなかった馬たち〜シャイニングレイ、キロハナら〜
日本ダービーとオークスの黄金配合と“血統連動説”って?
日本ダービー(2015年)の人気馬は?勢力図と予想オッズを展望
サトノラーゼンとポルトドートウィユは日本ダービーで通用するのか?
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血



この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る