マッサビエルが菊花賞へ名乗り!母母メジロドーベルの血統馬の評価は?

(C) Yusuke Tsutaya
(C) Yusuke Tsutaya

魅力的な血統背景を持つ素質馬がまた1頭、クラシック戦線に名乗りを挙げた。

6月21日に東京競馬場で行われた芦ノ湖特別(1000万下/芝2400m)にハービンジャー産駒のマッサビエル(牡3)が出走し、圧倒的な1番人気に応えて快勝した。

マッサビエルの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

スポンサーリンク

血統評価は?

マッサビエルは父ハービンジャー、母メジロルルド、その父サンデーサイレンスという血統。

ハービンジャーは春のクラシックに活躍馬を送り込めなかったが、ここに来てスワーヴジョージが3勝目を、ポトマックリバーが2勝目を挙げている。もともと晩成血統で古馬になってからが勝負と思われていた種牡馬だ。この時期からの産駒の成長力は、他の主要種牡馬に勝るとも劣らないものがあるかもしれない。

母メジロルルドは目立った仔を出せていないが、その母はメジロドーベルという血統背景を持つ。ただし、メジロドーベルも繁殖牝馬としては重賞レベルで活躍する馬を出せていない。そういう意味では上のレベルに上がった時、どの程度活躍できるか、不安が出てくる。

レース評価は?

レースラップ
13.5-12.5-12.9-13.3-12.9-12.9-12.6-11.8-11.6-11.3-11.4-12.0

レースの評価はあまり高くない。前半から12秒台後半から13秒台前半で推移するスローな展開だった。事実上、ラスト5ハロンの競馬だったため、過剰な評価は禁物といえる。

ただし、レースの映像を見ると数字以上の強さが際立ってくる。スローペースで推移していたため逃げたアドマイヤカーリンが2着に粘るなど、各馬の順位が残り3、400m地点から変わらないようなレースだった。

そんな中、マッサビエルはしっかりと抜け出して後続をちぎってゴール板を駆け抜けている。少なくともこのメンバーの中では力が抜けていたわけだ。

まとめ

キャリアを振り返ってみると、ほとんどが「少頭数+スロー+瞬発力勝負」といったレースだったことが分かる。今回も同じような内容だったため、こういうレースなら上のレベルでもやれるかもしれない。

ただし、多頭数の競馬や前半が流れそうなレース質になるときに走れるかどうかは、まだ未知数。評価は据え置きといったところだ。

【関連記事】
大健闘ではなく残念な5着!白毛馬ブチコに期待したからこそ残念がるワケ
マイネルバサラがブロードアピール級に見えたカラクリを解き明かす
メドウラークがタニノギムレットの代表産駒へ?成長力秘めた血統に集まる期待
スマートノエル&武豊騎手が2.6秒差で圧勝!生粋のダート血統も過信は禁物?
超良血馬プロディガルサンが新馬戦を快勝!全兄リアルスティール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る