宝塚記念(2015年)ラブリーデイ良血度診断!重賞3勝も近親に活躍馬は…

(C)arima0208
(C)arima0208

春競馬の“総決算”グランプリ宝塚記念(GI/芝内回り2200m)が6月28日に阪神競馬場で行われる。『競馬TIMES』では予想に欠かすことのできない血統にフォーカス。出走各馬の“良血度”を解説していく。

※良血度…血統レベルを総合的に判断したもの。特定のレースで合う・合わないというものではなく、その馬本来の血統レベルを示す。良血度が高いほど、大レースで活躍する期待値が高い

スポンサーリンク

ラブリーデイ

父キングカメハメハ
キャリア:8戦7勝
主な勝ち鞍:日本ダービー、NHKマイルカップ
代表産駒 :ロードカナロア、アパパネ、ローズキングダムなど

“変則2冠”を達成した大王。非サンデー系の中では最強の瞬発力を誇る。サンデーサイレンスの血を持たないため、サンデー系牝馬とつけられるのが強み。毎年、ディープインパクトとリーディングサイアー争いを繰り広げている。

産駒は距離、芝・ダート、良・不良といった馬場状態を関係なく活躍。ダービー馬ドゥラメンテ、ダート王ホッコータルマエ、短距離王ロードカナロアと、バラエティに富んでいる。

宝塚記念には8頭が出走しているが、好走したのはルーラーシップ(2着)のみと苦戦している。

母ポップコーンジャズ

現役時代は1勝を挙げただけ。ただし、オークスで6着になった実績を持っている。繁殖牝馬としてはラブリーデイ以外に目立った仔は出していない。さらに近親を見ても、重賞レベルで活躍している馬はいない。

良血度:C

ラブリーデイ自身は重賞で3勝を挙げている。しかし、血統的なポテンシャルはそれほど高くない。GIには5回出走しているものの、最高順位は7着。GIになると壁にぶち当たるのは、血統レベルの低さが関係していると考えられる。

【関連記事】
宝塚記念(2015)出走馬良血度診断一覧!ゴールドシップらの評価は?
宝塚記念は内回り適性の高い馬を狙え!血統が歴代好走馬に似ている馬とは?
ラキシスら実力派レディたちが宝塚記念で激走!?侮れない女たちの“現在地”
トーホウジャッカルが宝塚記念で激走したら歴史的名馬になる可能性大?
ゴールドシップは宝塚記念で鉄板なのか?天皇賞馬にチラつく3つの不安要素

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る