レパードステークス(2015年)予想考察!5つの消しファクターとは?

今週は新潟で3歳のダート重賞レパードステークス(GIII/ダート1800m)が開催される。

JRAの3歳ダート重賞の最終戦として行われるレースだ。復活を目指すゴールデンバローズ、ジャパンダートダービー2着の実績馬クロスクリーガーらが出走を予定している。

ではどんな点がポイントになるのだろうか? 今回は“5つの消しデータ”を用いて解説していこう。なお、データはすべて過去10年のものとする。(※レパードSは創設6年目のため、データは実質過去6年)

消しファクター① 枠順

まず枠順が大きなファクターになる。新潟はコーナーがきついため、基本的に内枠が不利。さらにダートの場合は砂をかぶるため、余計に内枠は好ましくない。

1、2枠(0−0−1−15)

唯一の好走馬は1番人気だったイジゲンのみ。それでも3着と人気を裏切っている。この他にもレッドアルヴィス(2番人気)ら、人気馬もいたが馬券圏内に入るには至っていない。

消しファクター② 前走芝

JRAのダート重賞は数が少ない。だから(一部のGIを除き)実力馬が分散する芝に比べて、実績馬が集結しやすい。だから芝馬がいきなり走れるほど甘くない。

前走芝(0−0−0−11)

開催初年度にオークス5着のディアジーナが挑戦したものの、14着に惨敗している。

【次のページヘ】残り3つの消しファクターとは?

ページ:

1

2


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る