カジノドライヴ産駒コウエイテンマの勝因って?ダート血統馬はなぜ芝で勝てたのか

(C)T.T
(C)T.T

2015年期待の新種牡馬の産駒が、デビュー戦で早くも勝利を挙げました。6月7日に阪神競馬場で開催された新馬戦(芝1400m)で、カジノドライヴ産駒のコウエイテンマが初出走初勝利を挙げたのです。

父カジノドライヴは、ピーターパンステークス(米GⅡ)を勝ち、フェブラリーステークス(GⅠ)でも2着になったダート馬。その仔が芝で勝ち上がるのは不思議な気がします。実際、ファンの心情は29.5倍の8番人気(10頭立て)というオッズに現れていました。

なぜコウエイテンマは勝てたのか。その理由を探っていきましょう。

スポンサーリンク

ツボにハマった馬場状態

コウエイテンマが勝てた最大の要因は馬場状態にありました。

この日の阪神の芝コースは良馬場発表ながら上がりがかかるレースが目立っていたのです。

■6月7日の芝レースの上がり最速タイム

・7R 3歳未勝利(芝1800m)34秒9
・8R 3歳500万下(芝2000m)36秒3
・9R 鶴橋特別(500万下・芝1600m)33秒9
・11R 垂水ステークス(1600万下・芝1800m)34秒3

鶴橋特別こそ33秒台でしたが、下級戦は良くても34秒台ギリギリ。

コウエイテンマも上がり最速の末脚だったとはいえ36秒1でした。芝馬向きのツルツルの良馬場ではなく、ダート的なパワーが求められる馬場状態だったわけです。

コウエイテンマにとって、走りやすい馬場状態だったことが見て取れます。

両親のパワーを確実に受け継ぐ

カジノドライヴだけでなく、母からもパワーを受け継いでいたことがわかります。

母プリモピアットは芝で4勝していますが、上がり最速タイムは34秒0。好走したレースを見てみると、ラップタイムと上がりタイムがほぼ変わりませんでした。瞬発力を求められるレースではなく、地力が求められるレースで走っていたわけです。

ダートで活躍した父のパワーと、地力で勝ち上がった母のパワー。コウエイテンマは、両親の良いところしっかりと受け継いでいたわけですね。

このまま芝路線で行くのか、ダートに切り替えるのか、今後に注目したいです。

【関連記事】
ラブリーデイやマジェスティハーツの血統?鳴尾記念上位馬を徹底分析
モーリスが絶対王者になる理由とは?四重苦を跳ね除けた安田記念馬
モーリスの血統や将来性は?安田記念の覇者を徹底分析
ヴァンセンヌの血統や将来性は?安田記念2着馬を徹底分析
堀厩舎旋風!ドゥラメンテやモーリスを管理する敏腕調教師の“狙い目”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


森田真悟

森田真悟

投稿者プロフィール

埼玉県生まれ。娯楽系出版社、編集プロダクションを経てフリーライターに。96年の阪神大賞典を見たことで競馬に開眼。好きな馬はナリタブライアン。馬券は血統を重視しつつ、時に出目やオカルトでも楽しむ

この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る