爆発力の戸崎圭太と安定感の福永祐一?騎手固め打ちランキング2015上半期を発表

(C)masakin0712

早くも2015年も半分が過ぎて今週から函館開催がスタートする。

いよいよ、本格的な夏競馬が始まる。ローカル開催になると馬のレベルが下がり、騎手の手綱さばき一つで順位が変わってくるケースが多々あるため、騎手に注目したいところだ。

今回はそんな騎手たちの“固め打ち”に注目。よく「一つ勝つと乗ってくる」とか「あの騎手の固め打ちには注意!」という言葉を聞くが、実際にはどうなのだろうか?1月から5月までの集計から、ランキングを作成してみた。

固め打ちの定義

まず固め打ちの定義について。固め打ちとは……

固め打ちとは野球、競馬における用語の一つ。野球におけるものはマルチヒット(※1試合2本以上ヒットを打つこと)。競馬においては短期間に多くの勝利を収めること。(Wikipediaより)

である。ここでは「1日に3勝以上」を固め打ちと定義し、ランク付けしていく。

騎手固め打ちランキングベスト10/2015上半期

1位 戸崎圭太 8回 ※うち5勝3回 4勝2回
1位 福永祐一 8回 ※うち4勝1回
3位 浜中俊 6回 ※うち4勝2回
4位 蛯名正義 5回 ※うち5勝1回 4勝1回
4位 川田将雅 5回 ※うち4勝3回
6位 岩田康誠 4回 ※うち5勝1回
6位 北村宏司 4回
6位 クリストフ・ルメール 4回
6位 クリスチャン・デムーロ 4回

ということで1位には戸崎騎手と福永騎手が輝いた。リーディング上位争いを繰り広げているため、固め打ちが多いのは当然なのだが、特に戸崎騎手は1日5勝を3回、4勝を2回と、固め打ちが目立つ。

注目されるのが北村騎手。騎乗停止によって乗れない日もありリーディングでは20位ながら、4度の固め打ちを記録している。また、川田騎手も5回のうち3回が4勝と、勢いに乗ると手がつけられない傾向が見て取れる。

この2人が午前中に勝った時は、注目してみると面白いかもしれない。

一方、福永騎手は3勝以上が8回あるにもかかわらず、4勝以上挙げたのは1回のみ。

これに関連して、各騎手がどれだけコンスタントに勝ち星を挙げているのか調べてみた。リーディング上位5名が1勝もできなかった日が何日あるか、集計してみると……

戸崎騎手 未勝利17日
福永騎手 未勝利8日
浜中騎手 未勝利17日
岩田騎手 未勝利17日
武豊騎手 未勝利17日

いかがだろうか? 福永騎手が突出して未勝利日が少ないことが分かる。

騎乗馬の質に違いがあるとはいえ、これだけのトップジョッキーになると人気薄ばかりに乗る日というのはそうそうない。となると、福永騎手がいかに高いアベレージで勝っているかが分かる。

爆発的な騎乗をしないながらも、コンスタントに勝ち鞍を重ねていく。そんな福永騎手を象徴するような成績と言えるのではないだろうか。他の騎手は多かれ少なかれ波がある中、安定した騎乗を続けているあたりが、有力馬から声がかかり続ける理由かもしれない。

さて、このランキングが半年後にどのような結果になっているのか。また、集計してみたい。

【関連記事】
池添謙一騎手を追え!オルフェーヴルの相棒は最も買える穴ジョッキー?
丹内祐次騎手が覚醒か?背景にあるマイネル軍団と騎乗技術
横山典弘騎手の“ポツン騎乗”は本当に多いのか?天才の気まぐれの真相
乗り遅れると損するよ?柴山雄一という“2015年で一番買える騎手”
福永祐一騎手はダービージョッキーになれるのか?苦戦の歴史を紐解く



井原俊之

井原俊之

投稿者プロフィール

某競馬ブログの中の人。主に騎手に関する考察を得意としています。好きな騎手は岩田騎手、小牧騎手、柴山騎手などの地方移籍組。ここでは勢いのある騎手や不遇だけど本当はうまいジョッキーを紹介していきます

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る