ジャパンダートダービー(2015年)出走予定馬と枠順が確定!ノンコノユメは6枠9番

(C)arima0208
(C)arima0208

7月8日に大井競馬場で行われる第17回ジャパンダートダービー(GI/ダート2000m)の枠順が確定した。

ユニコーンステークスを勝ったノンコノユメ(牡3)は6枠9番、兵庫チャンピオンシップを圧勝したクロスクリーガー(牡3)は5枠6番、東京ダービーを制したラッキープリンス(牡3)は8枠12番からのスタートとなった。

なお、全馬の枠順は以下のとおり。

スポンサーリンク

1―1 コスモエポール(牡3│畑中信司│佐賀│中川竜馬)
2―2 マイネルサクセサー(牡3│柴田大知│美浦│畠山吉宏)
3―3 フジノサムライ(牡3│石川倭│北海道│米川昇)
4―4 ポムフィリア(牝3│戸崎圭太│美浦│高橋裕)
4―5 マイネルジャスト(牡3│真島正徳│佐賀│真島元徳)
5―6 クロスクリーガー(牡3│岩田康誠│栗東│庄野靖志)
5―7 ストゥディウム(牡3│石崎駿│船橋│矢野義幸)
6―8 インディウム(牡3│木村健│兵庫│田中範雄)
6―9 ノンコノユメ(牡3│C.ルメール│美浦│加藤征弘)
7―10 ライドオンウインド(牡3│古川吉洋│栗東│木原一良)
7―11 パーティメーカー(牡3│的場文男│浦和│小久保智)
8―12 ラッキープリンス(牡3│今野忠成│浦和│小久保智)
8―13 ディアドムス(牡3│三浦皇成│美浦│高橋裕)

【関連記事】
ノンコノユメの血統や将来性は?ユニコーンステークス1着馬を徹底分析
岩手ダービー馬ロールボヌールが屈腱炎を発症!来年の復帰を目指す
兵庫の宝オオエライジンが去って一年…帝王賞の全馬完走と“想いの継承”を願う
【イラスト】無念の想いを乗り越え…オオエライジン一周忌を終える
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る