ヒプノティストの血統や将来性は?新馬戦勝ちのクロフネ産駒を徹底分析

6月27日に東京競馬場で行われた芝1800mの新馬戦で1番人気のヒプノティスト(牡2)がデビュー勝ちを収めた。

道中、中団につけたヒプノティストは徐々に進出を開始すると、上がり33.7秒という秀逸な末脚を披露。前を行った馬たちを抜き去って1着でゴール板を駆け抜けた。

ヒプノティストの血統はどのようなものだろうか?徹底分析を行っていこう。

レースの評価は?

強い勝ち方に見えたが、レースレベルとしてはあまり評価することができない。

レースラップ
12.9-12.3-12.6-13.0-13.0-13.1-11.6-11.2-11.7

前半から流れが落ち着き、中盤の3ハロンはいずれも13秒台と思いっきり緩んでいる。単純な決めて勝負となったわけだ。

前残りの展開の中、4角9番手から差し切ったところを見ると弱い馬ではない。もっとも、上のクラスに上がって厳しいペースに対応できるかどうかは不透明だ。今の時点で過剰に評価するのは適切ではない。

血統評価は?

ヒプノティストは父クロフネ、母ハッピーディレンマ、その父アグネスタキオンという血統をしている。

血統表で一際目を引くのが母母母のマンフィスだ。キングカメハメハの母として知られる良血馬で、米GI馬ザデピュティも輩出している。

ただし、母や母母ハンターズマークに特筆すべき実績はない。日本にいる近親の活躍馬はターゲットマシンくらいで、スケール感としては微妙なところ。

デビュー戦は1800mだったが、父がクロフネということでマイル以下でパフォーマンスを上げる可能性はある。少なくとも成長するにつれて適正距離は短くなっていくはずだ。クラシック路線どうこうというより、マイルで見てみたい馬といえるだろう。

【関連記事】
ノンコノユメの血統や将来性は?ユニコーンステークス1着馬を徹底分析
クリソライトと武豊騎手が帝王賞で見せた果敢さに拍手!見せ場十分の競馬
ホッコータルマエの血統や今後は?帝王賞馬が示した圧倒的な力を紐解く
ティーハーフの血統や将来性は?函館スプリントS1着馬を徹底分析
マッサビエルが菊花賞へ名乗り!母母メジロドーベルの血統馬の評価は?



この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る