ホッコータルマエの血統や今後は?帝王賞馬が示した圧倒的な力を紐解く


(C)musou

6月24日に大井競馬場で行われた帝王賞(GI/ダート2000m)で1番人気のホッコータルマエ(牡6)が勝利を収めた。ホッコータルマエによって9つ目のGIタイトルとなり、ヴァーミリアンやエスポワールシチーといった歴代の名馬たちに肩を並べた。

ホッコータルマエの血統はどのようなものだろうか?徹底分析を行っていこう。


血統評価は?

ホッコータルマエは父キングカメハメハ、母マダムチェロキー、その父Cherokee Runという血統。

キングカメハメハは現役時代にNHKマイルカップと日本ダービーを制した芝馬だが、もともとダートに強いミスタープロスペクターの系統のため、砂適正が高い。実際、ダートで活躍する産駒は多く、今年のリーディングサイアー争いでぶっちぎりの1位を走っているのはダートの勝ち鞍が多いのがひとつの要因といえる。

母父のCherokee Runと母母父のアンブライドルドはいずれもブリーダーズカップの勝ち馬。特にアンブライドルドは種牡馬として大成功していて、現在米国のトップ種牡馬であるタピットも母父にアンブライドルドを持っている。

ただでさえダート適性の高いキングカメハメハに、ダートの本場アメリカの名血が入ったことでホッコータルマエのような大物が生まれたわけだ。

レースの評価は?

ドバイ帰りということで必ずしも万全の状態ではなかったと推測される。そんな中、圧倒的1番人気の支持を集めて周囲が“タルマエ包囲網”を敷く中で勝ち切ったのだから恐れ入る。

事実、クリソライトと武豊騎手はホッコータルマエを潰しに来ていた。レースのラップを振り返ってみると……

12.3- 11.4- 11.5- 12.6- 12.1- 12.0- 12.1- 12.8- 12.5- 13.4


前半からペースが流れたため、完全な消耗戦となった。最後の1ハロンは13.4秒もかかっている。ホッコータルマエが負けるとしたら消耗戦が濃厚だと考えられた。だからこそ、武豊騎手はハイペースを演出したのだろう。

しかし、自身に向かない展開の中でも押し切ってみせた。ホッコータルマエの力が1枚も2枚も上だったということだ。まさに“ダート王”の冠がふさわしい。

今年で6歳になり衰えも出始める頃だが、この日のパフォーマンスを見る限り、まだしばらくダート界はホッコータルマエを中心に回っていきそうだ。

【関連記事】
ティーハーフの血統や将来性は?函館スプリントS1着馬を徹底分析
マッサビエルが菊花賞へ名乗り!母母メジロドーベルの血統馬の評価は?
大健闘ではなく残念な5着!白毛馬ブチコに期待したからこそ残念がるワケ
マイネルバサラがブロードアピール級に見えたカラクリを解き明かす
メドウラークがタニノギムレットの代表産駒へ?成長力秘めた血統に集まる期待


この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る