“隠れダート馬”ハーツクライ産駒が熱い!芝種牡馬なのに砂が得意!?


ハーツクライといえばディープインパクトを破った芝の名馬だ。種牡馬となってからジャスタウェイやワンアンドオンリー、ヌーヴォレコルトといった芝のGI馬を輩出している。

しかし最近、ダートで激走する産駒が増えている。

今回は“隠れダート種牡馬”ハーツクライに迫っていこう。

スポンサーリンク

ダートランキングにおける異色の存在

まずは2015年の種牡馬別ダート勝ち鞍ランキングを見てみることにしよう。(※5月22日現在)

1位 キングカメハメハ(54勝)
2位 クロフネ(33勝)
3位 ゴールドアリュール(32勝)
4位 ハーツクライ(27勝)
5位 サウスヴィグラス(23勝)

上位の種牡馬を見ると、ハーツクライが異色の存在だということが分かる。

まずキングカメハメハはダービー馬とはいえ、もともとダートが得意なミスプロの系統だ。

クロフネやゴールドアリュールはご存知の通り、現役時代にダートGIを勝った“ダート王”。サウスヴィグラスにしてもダートで活躍し、産駒はほとんどがダートを主戦場としている。

一方、ハーツクライは芝血統のサンデーサイレンス系だ。現役時代は芝のGI有馬記念とドバイシーマクラシックを勝った。種牡馬としてはヌーヴォレコルト(オークス馬)やワンアンドオンリー(ダービー馬)を輩出。なんといっても代表産駒は世界ナンバーワンの芝馬ジャスタウェイだ。

明らかに芝馬の背景を持っている。にもかかわらず、ダートでこれだけの白星を挙げているのだから驚きだ。

ズブ目のサンデー系はダートで走る!?

ハーツクライ産駒はディープインパクト産駒らに比べてややズブい面を持っている。言い換えるとスパッとした切れ味より、長くいい脚を使う能力を持っている。持続力が優れているわけだ。

そういうサンデー系はダートで走る傾向にある。例えば思い浮かぶのがスペシャルウィークだ。

スペシャルウィークは長くいい脚を使うタイプだった。特に産駒はズブい面を持っているため、なかなか重賞を勝ち切ることができない。

芝の大物はブエナビスタやシーザリオのように、瞬発力に秀でた牝馬がほとんど。牡馬で芝のGI馬を勝ったのはトーホウジャッカルのみ。そのトーホウジャッカルにしても勝ったGIは3000mの菊花賞だ。瞬発力よりスタミナや持続力を要求されるレースで勝っていることになる。

一方でダートではこのズブさが生きる。牡馬の芝馬が苦戦する中、ゴルトブリッツが帝王賞を制すと、ローマンレジェンドが東京大賞典を勝ち、GI戦線で活躍し続けている。

スペシャルウィークとの共通点

さらにスペシャルウィークと似ている点がある。両産駒ともに芝で勝ち切れないシーンが目立つこと、そして打開策としてダートに転向する馬が増えていることだ。

芝で稼ぐことができないのであればダートに転向するのは普通のこと。たとえ芝種牡馬のハーツクライであっても例外ではない。

実際、ハーツクライ産駒の2014年開催は134勝のうち、芝で86勝を、ダートで48勝を挙げている。一方、2015年は5月22日現在の段階で53勝のうち、芝で26勝、ダートで27勝と逆転現象が起きている。

そう考えると“ある仮説”を立てたくなる。スペシャルウィークはローマンレジェンドらを輩出した。となるとハーツクライからもダートの大物が出る可能性があるのではないか。

なかなか芝種牡馬からダートの大物は出ないが、「ハーツクライなら」と思わせてくれる戦績を残している。また、生産者や調教師の間でもハーツクライ産駒に対する理解が進んでいる。ダート適性の高いハーツクライ産駒を早い段階で見極めることができれば、近い将来、“大物”が誕生する可能性は十分にありそうだ。

【関連記事】
ハービンジャーは失敗種牡馬なのか?伸び悩む産駒たちと今後への期待
角居勝彦厩舎の苦戦…“世界のSUMII”に何が起こったのか?
ウインバリアシオンが青森で種牡馬入り決定も…待ち受ける厳しい現実
彼女と競馬デートを成功させる秘訣って?必勝法3ステップ
【イラスト】粒揃いの牝馬たちが激突!牝馬クラシック第二戦「オークス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る